サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2006

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2006
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-114907-5
  • 国内送料無料

紙の本

ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2006

著者 日本推理作家協会 (編),平山 夢明 (ほか著)

ミステリーのプロが選んだ2005年最高傑作14篇。日本推理作家協会賞短篇部門本年度受賞作、平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』収録。【「BOOK」データベースの商...

もっと見る

ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2006

3,780(税込)

ポイント :35pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ミステリーのプロが選んだ2005年最高傑作14篇。日本推理作家協会賞短篇部門本年度受賞作、平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

2005年に発表された短篇ミステリーの中から、ベスト14をプロが選んだ「推理年鑑」。日本推理作家協会賞短篇部門候補作および受賞作を含み、巻末には資料も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 著 9-27
影屋の告白 明川哲也 著 29-72
マザー、ロックンロール、ファーザー 古川日出男 著 73-105

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/06/19 16:59

投稿元:ブクログ

(収録作品)独白するユニバーサル横メルカトル(平山夢明)(日本推理作家協会賞(2006/59回))/影屋の告白(明川哲也)/マザー、ロックンロール、ファーザー(古川日出男)/挑発する赤(田中啓文)/死神対老女(伊坂幸太郎)/鬼無里(北森鴻)/流れ星のつくり方(道尾秀介)/バスジャック(三崎亜記)/Rのつく月には気をつけよう(石持浅海)/白雨(連城三紀彦)/シャルロットだけはぼくのもの(米澤穂信)/壊れた少女を拾ったので(遠藤徹)/糸織草子(森谷明子)/克美さんがいる(あせごのまん)

2012/12/12 19:58

投稿元:ブクログ

伊坂幸太郎目当てで借りた本。

 吾輩は地図であるって感じの「独白するユニバーサル横メルカトル(平山夢明)」は文体があわずにスルー。「影屋の告白(明川哲也)」「マザー、ロックンロール、ファーザー(古川日出男)」「挑発する赤(田中啓文)」と三発飛ばして目的の「死神対老女(伊坂幸太郎)」へ到達するも既読。でも再読したけど。

 「鬼無里(北森鴻)」をパスして、「流れ星のつくり方(道尾秀介)」を読了。トリックというか、事件はおもしろさがないが、ラストがわりと良い感じ。

 オチが笑える「バスジャック(三崎亜記)」を少し楽しみ、なかなか強気の牡蠣物語「Rのつく月には気をつけよう(石持浅海)」でたぶん初めての作者さんを発見し、さすがの「白雨(連城三紀彦)」に唸る。想定外のエンディングは、悲しさを伴った美しさを感じる。

 期待の「シャルロットだけはぼくのもの(米沢穂信)」はケーキのお話でサクッとかわされた感じ。

「壊れた少女を拾ったので(遠藤徹)」「糸織草子(森谷明子)」「克美さんがいる(あせごのまん)」はすべてパスして、終了。

 全体像は百花繚乱というか、テーマがないというか。アンソロジーってこうなる運命だよなぁ。少し残念。