サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

輝く日の宮(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/479p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275434-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

輝く日の宮 (講談社文庫)

著者 丸谷 才一 (著)

女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても...

もっと見る

輝く日の宮 (講談社文庫)

792(税込)

輝く日の宮

648 (税込)

輝く日の宮

ポイント :6pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても成長していく。文芸批評や翻訳など丸谷文学のエッセンスが注ぎ込まれ、章ごとに変わる文章のスタイルでも話題を呼んだ、傑作長編小説。朝日賞・泉鏡花賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【朝日賞】【泉鏡花賞】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

失われた源氏物語の真実

2006/09/26 16:54

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2003年泉鏡花賞受賞作。
『源氏物語』には「桐壺」と「帚木」の間に、「輝く日の宮」という巻が失われているという学説があります。『源氏物語』は長編小説として、そのあとの巻との整合性が欠けているのです。この巻には光源氏と紫の上のとの一度目の情事、朝顔の姫の登場、六条御息所との関係のはじまりが書かれているとされています。
そのようなことがどうして起きたのか、ということを女性研究者が解いていく小説。文学的な謎を、史学的にも考察し、さらには平安時代への想像力を働かせます。
この女性研究者は19世紀日本文学が専門なのですが、『古今集』巻19の伊勢の歌の「つくるなり」の文法上の正しさから本意を指摘したり、芭蕉の東北への旅の目的を明らかにしたり、「日本の幽霊」のシンポジウムに出席したり。専門外での活躍とその学術研究結果が優秀という、ユニークさ。
ところが自分の領域を冒された研究者にしてみれば、おもしろくない。公開シンポジウムでほかの研究者とやりあう様は読ませます。人のゴタゴタがおもしろいのと一緒ですね。
また彼女の父親が日本生活史研究者であり、彼からの学会での姿勢や、研究の方法論などの指南があり、研究者としての丸谷才一を感じます。
さらに彼女が中学生の頃に書いた新左翼との恋愛小説や、実際の恋愛を絡めながら、源氏の謎を解いていきます。小説としての楽しさは円熟の筆で読ませるのはあたりまえ。研究の楽しさ、奥深さも堪能できます。すっかり「輝く日の宮」存在説支持派になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

平安時代に生まれた『源氏物語』の謎。

2009/08/11 12:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書を手に取ったのは、泉鏡花を尊敬している恩師に勧められたからだった。装丁から雅な雰囲気を感じたので、読み始めるのを楽しみにしていた。最近『源氏物語』の現代語訳を読もうと不意に思っていたが、本書にそれが登場してくるなんて思わなかったので、中盤辺りから食い入るように読み進めてしまった。高校の頃以来の古典への興味で、教科書に載っていた一部しか私には馴染みがないけれど、平安の宮廷で楽しまれ、続きが待たれていたという長編の謎があるなんて知る由もなかった。

 読み始めに、やや辛めの一冊だという感想を持ったのを覚えている。単に私が浅学なだけだけれど、古風な文体を使っているのに戸惑った。読めない漢字が出てきたり、知らない単語があったり、馴染むまでに多少の時間を要したのは言うまでも無い。古典の授業で登場してきた数々の人名もあり、文学に多少触れたという懐かしい感覚もあった。松尾芭蕉の『奥の細道』を文学者の視点から語ったり、主人公の女性が論文を発表したり、これまで親しんできた小説とは一味も二味も違った表情を持っていて読み応えがあると思った。

 そして何よりも、本書のタイトル『輝く日の宮』が一体何なのか、全然知らずにいたけれども途中で明かされて驚いた。本書を読み終えたら手をつけようと思っていた『源氏物語』の幻の巻だなんて、気持ちが高ぶった。そんな巻が存在していたのかと思うと、伝説的な感じがして深い。そしてそれを、主人公を含めた学者達がそれぞれの観点から学び、刺激し合い、検討していく。平安時代の雅な世界で、紫式部が生み出した長編は今の世でも語り継がれ、褪せる事無く親しまれている。私もいよいよ読んでいくと、繋がらない一部を疑問に思うのだろうか。今から楽しみである。

 俳句で気持ちをやりとりしていた時代、もっと古い時代の一句から引用したり、教養の深さを感じ取れた。あの光源氏のモデルと考えられている有名な歌人に、まだ紙が貴重品だった時代。今まで古い古い作品には目を向けなかったけれど、知り始めると興味が湧いてきた。泉鏡花賞を受賞した作品の奥行き、しっかりと味わう事のできる喜びもあった。これからは、もっと辛口な文学に触れていくのも悪くないなと気持ちを切り替えるきっかけにもなった一冊だ。古い言葉遣いのわりには英単語を使う癖のある女性が登場したり、若干時代的な違和感もあったけれど『源氏物語』に触れる前に本書と出会えて本当に良かったと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/07 00:00

投稿元:ブクログ

源氏物語の失われた章を探し求める女性国文学者の話です。文章というものを知りつくした人が書いたのではないかというくらい圧倒されました。旧仮名遣いや各章ごとに変わる文体が、それ以外の表現方法はないだろうと素人ながらに感じられます。資料を基に立てられる推論、もう用は済んだと思われた人がのちのち絡んでくる人間関係、段々と自分にも馴染みが出てくる時代の流れ、文学に纏わる知識など、どれを取っても興味深く厚みを感じませんでした。小説というものが、本能から惹きつけられるような力強さをもつものだと初めて知りました。

2007/08/11 10:52

投稿元:ブクログ

『源氏物語』の失われた一篇「輝く日の宮」をめぐる物語。主人公が少女時代に書いた小説に始まり、討論会、作者の独白など、自由に描かれる。丸谷節炸裂。

2011/11/05 00:20

投稿元:ブクログ

日本文学(主に19世紀)研究者・杉安佐子は、日本最古の長編小説・源氏物語には「輝く日の宮」という巻が存在していたと考えていた。長良との恋に悩み、研究者との論戦に遭遇しながらも、幻の一巻を求め研究を続ける。やがて紫式部と時の権力者・藤原道長の関係に、安佐子は答えを見つけ出す――

初めての丸谷才一だったのですが、歴史的仮名遣いをふっつーに使っているのであぜん!としました。でも1925年生まれですのでむしろこちらの方が普通なんでしょうね。冒頭が思いっきり文語調で始まるのでもうこの時点で挫折臭がすごくて(笑) ですがちゃんと読まないと!!と投げたくない性分ですので読み進めたら、これが面白い面白い! ただ中盤にならないと輝く日の宮の話にならず、芭蕉の話だったりほかいろんな文学の話だったりするので、これ本当に輝く日の宮の話なん??ってなりますw
もうほんとに面白くて、章ごとに書き方が変わるのも興味深かったです。爆笑してしまった表現とかもありますしw 特にガラッと変わったのはシンポジウムのところですが、台本みたいに書く方がそれっぽく伝わりますね。また表現も素晴らしいのでとにかくメモが止まらなかったし、ネタの構想も膨らみました。あと読んでて、やっぱりもっと日本文学研究したいなあ…と。この本を読んでて大学の授業を受けているみたいだったからだと思う。源氏にa系列とb系列があって、それぞれ出来た時間が違う、なんてのは初めて知りました!
最後は「輝く日の宮」を少し書いて終わっているのですが、安佐子が道長と式部の姿を幻視するところがとてもロマンティックというか幻想的で、なるほどこういうところがあったから鏡花賞を受賞したのかもななんて思ったり。式部が「(来世があるなら)その時こそ「輝く日の宮」をちゃんと書き直したい」と言ってて、そして安佐子がオリジナルで「輝く日の宮」を書くのですが、ああもしかしたら安佐子こそ式部の来世なのかもな…!と感動しました。
ちなみに私は「輝く日の宮」は存在していたと思ってます。今月京都に行って源氏物語ミュージアムにまた行くから源氏熱あげとこーと思ったら、こんな学究心くすぐられる作品に出逢えるなんて。たんなる小説ではなかった。カテゴリも一応小説にしておいたけど、本当なら研究書にしたいところです。あ、ちょっと北村薫の「六の宮の姫君」に近いのかもね。

2008/06/01 14:11

投稿元:ブクログ

解説によると、この小説の構造自体が、「輝く日宮」巻の喪失に関する提言になっているそうです。本自体がミステリー。
「源氏物語」が何事につけてもぼんやりと曖昧模糊に描かれていることを受けて、この小説も何事も「ズバリ」がありません。
「輝く日の宮」喪失の謎が今、明らかに!ということにはなっていないのが、かゆいところに手が届かなくてちょっと欲求不満なんだけど、そのおかげでよりいっそう「源氏」に思いを馳せることになり、ますます源氏の虜に(それが作者のねらい!?)。

400ページの分厚い中には、たくさんの知識が詰まっていて、芭蕉はなぜ東北へ向かったのか―義経五百年忌説など面白かったです。芭蕉は源平時代に思いを馳せ、自分の墓は木曾義仲の隣に建ててほしいと遺言しているくらいですから、義経五百年忌説、ありえるなぁ。
その他にも、たくさんの国文学が出てくるので、泉鏡花、吉川英治「宮本武蔵」など読みたくなりました。

2012/05/05 12:39

投稿元:ブクログ

プロローグで挫折しそうでした。
途中から俄然面白くなって読みすすみました。
主人公と恋人の恋の行方がちょっと気になります。

2011/10/30 15:52

投稿元:ブクログ

薦められて読んだもの。

今までに読んだことのない雰囲気の作品だっただけに、最初は驚いたが…内容の濃さに満足した。旧仮名遣いの読みにくさも、中ほどまで行くと慣れてきた。

前半は奥の細道について、後半は源氏物語の「輝く日の宮」という巻についての考察。

安佐子の立ち位置も好き。
勉強したいな、という意欲が湧く一冊である。

2009/07/27 02:23

投稿元:ブクログ

「源氏物語」には実は隠された篇「輝く日の宮」があったのではないか。
主人公はこの仮説をもとに「源氏物語」の探究を始める。

NHKの番組でこの小説に関しての丸谷氏のインタビューがわずかだが放送されていた。
読んでいた当時、「源氏物語」についてほとんど全く知らないのが残念である。
少しは勉強してからもう一度読み直してみたい。

2012/12/16 10:02

投稿元:ブクログ

来年は腰を据えて、「源氏物語」を読んでみようかな。もちろん現代語訳だけれど。
そうそう、冒頭に鈴本演芸場が。3階のロビー…そうだ、改装前は三階に売店やロビーがあったのでした。
カバー絵は和田誠。かはいい。
丸谷才一氏が亡くなったのは、2012年10月13日。古今亭圓菊さんと同じ日でした。

2013/10/30 00:38

投稿元:ブクログ

丸谷才一の長編を初めて読んだが、めちゃくちゃ面白かった。章ごとにあらゆる形式が試されていて、しかも、500ページ弱の大冊でありながら、構成が巧み。
何より本作を読んでよかったのは、「思考するために小説を書く」ということの意味がようやく身をもって実感できたこと。源氏物語がいかに書かれたかについて考えるために本作は書かれているけれど、考えるために作者がどれほどの関連書を読み、またみずから思考したかが伺われる。
小説を書きながら思考しているのだと言いたがる作家はけっこういるけれども、そういう作家の小説を読んでもいまいち納得がいかなかった。
その理由も、本作を読んでわかった。そういう作家に限って、構成を怠っていることが多いから。つまり、思考の流れるままに、などという口実で。
けれども思考するというのは、多面的に見るということで、だから本当は多様な形式が必要なはず。バフチン流に言えばポリフォニー。

本作を読みながら、しきりにミラン・クンデラを思い出していた。小説をヨーロッパのものとみなしているクンデラの意見に、丸谷才一もおそらく賛成するだろう。ただ、丸谷才一はもっと視野が広い。クンデラだって、ヨーロッパの辺境、チェコ出身だから、中国にとっての日本みたいな立ち位置にあるはず。丸谷才一は、ヨーロッパ、ひいてはアジアの辺境、日本から、いわゆる小説にたいして「これもまた小説」という代案を作品という形でぶつけてみせている。

2010/11/16 23:00

投稿元:ブクログ

源氏物語、そして紫式部と藤原道長に絡めて描かれる男女の関係の物語。日本古典に関するある程度の知識がいるうえ、文章は旧かな遣い。しかしその幽玄な雰囲気がストーリーに合っていて、いっそ美しいほど。

2011/01/24 20:30

投稿元:ブクログ

読み応えのあるボリュームを備えた作品。ただ、薀蓄がちりばめられ、主筋を辿るのを妨害するきらいがある。アサコの恋の行方だけに集中できたら、どうだろう?とも思える。また、社長となった長良との恋の行方も気なるところ。だが、この小説の主役は、「輝く日の宮」なのだろうから、この結末でOKなのだろう。

で、作者がこめた数々の謎。これも、読者を惑わせるものだろうと思うし、いろんな読み方が出来てよいのだろうと思う。影の主役は、『源氏物語』であり、その創作の謎であろうのだろうから、表面に現れた暗喩や、文学史的な話題も、それぞれに役割を演じて、この作品を構成しているのであろう。

2013/05/20 10:44

投稿元:ブクログ

職人的な手つきで綴られる現代絵巻物。
百年の孤独と同じ構造物を裏口から入ったかのようである。

色調は淡く、少し面白みに欠けるというか、
それこそ「幽玄」なのであろうが、
もっと堂々とやってくれてよい。
後半部分、何か丸谷君のエクスキューズが隠れてるようでそれが残念。

もっとも非常に味わい深いだけでなく、
読者としては楽しく遊ばされましたけどね。

2013年5月ののほんよめとーく対象本。
来週くらいするのでUstream見てね。

2014/11/10 09:17

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。
水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても成長していく。
文芸批評や翻訳など丸谷文学のエッセンスが注ぎ込まれ、章ごとに変わる文章のスタイルでも話題を呼んだ、傑作長編小説。
朝日賞・泉鏡花賞受賞作。

[ 目次 ]


[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む