サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

雨だれぽとり
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:15cm/20p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-494-00988-1
  • 国内送料無料

紙の本

雨だれぽとり (イーダ・ボハッタの絵本)

著者 イーダ・ボハッタ (作),松居 スーザン (訳),永嶋 恵子 (訳)

てんからふるしずくを、かぞえられるのはだれ?せかいじゅうのはなのかずを、しっているひと。雨のしずくの1滴1滴を愛おしく描いた1冊。8編の詩が、しずくのように心にしみこみま...

もっと見る

雨だれぽとり (イーダ・ボハッタの絵本)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

てんからふるしずくを、かぞえられるのはだれ?せかいじゅうのはなのかずを、しっているひと。雨のしずくの1滴1滴を愛おしく描いた1冊。8編の詩が、しずくのように心にしみこみます。【「BOOK」データベースの商品解説】

空から降りて忘れな草に処方箋を書く雨だれ先生や、波の上ででんぐりかえしをするしずくたち。雨の1滴1滴の物語を、繊細なタッチで描き出す。自然への優しいまなざしとユーモアにあふれる、イーダ・ボハッタの小さな絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

しずくのリズムを宿した詩集

2009/05/24 16:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildflower - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のイーダ・ボハッタさん(Ida Bohatta)は
ウィーン生まれ。1992年に惜しくもご逝去されたが
ドイツ語圏で世代を超えて広く愛されている
絵本作家の方なのだという。

この作品を含めて4冊が「イーダ・ボハッタの絵本」と
題されてシリーズで刊行されている。

『雨だれぽとり』というタイトルに添えて
雨だれの化身?のようなこびとたちが3人?4人?
雨だれを天から受けとめるしぐさで
にこやかに微笑んでいる。


この絵本に惹かれたのは
それが雨の日だったからかもしれない
雨の本(それも自然科学でないもの)は
あまり読むことはないけれど
イラストのセンス、題字のセンス
てのひらにちょこんとのっかる絶妙なサイズ
丁寧なつくりの本だなぁと思って読んだ。

童話かな? と思えば
そうではなくて
絵本であり詩集である。

言葉たちは簡潔でリズムが豊か
まるでほんとうに
ぽとん、ぽとり、と落ちていく
しずくのリズムを持っている。

素朴なユーモアとやさしさが
ぎゅっとつまっているのだが
とりわけ
にやっとわらってしまったのがこちら。

<なぐさめ>と題されている。

>「ああ、わたしのふくが きれいすぎる!
>しんまい あまだれは べそをかいた
>「まあ かわいそう!」
>ぬまの あまだれたちは 
>くちぐちにいった
>「だけど しんぱいは いらないわ
>あしたになれば あんたにも
>うつくしいしみが ついているわ」


どうだろう?
含蓄があるなぁと惚れてしまうのだ。

ほかに
<あまだれせんせい><あまだれくんのかさ>も
こどもが話すようなやわらかな感性の台詞が
なかなか好いのだ。

雨がもし人格をもっていたら
こんなふうにおしゃべりするだろうね
そう思えたら
鬱陶しい雨の日だって平気な気がする。
ポケットに1冊忍ばせて出掛けていくのも
いいかもしれない。


梅雨の季節を前に
素敵なたからものを見つけた気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/04 10:21

投稿元:ブクログ

雨がふる日は、おうちの中で、詩の本を読むのは、いかがでしょう?
雨だれたちの小さな小さなお話です。「いずみ」「ごにんのあまだれ」「あまだれせんせい」がお気に入り♪

2008/05/27 20:59

投稿元:ブクログ

 6月のことり便です。瓶詰めの雨だれと一緒に届きました。
この本のかげですっかりイーダ ボハッタのファンになりました。
かわいらしい絵もさることながら、その絵についた短いお話の楽しいこと!愉快なこと!
手のひらに乗るくらいの小さくかわいい絵本で、梅雨の時期になると読むだけでなく飾りたくもなります。

2010/12/26 16:52

投稿元:ブクログ

『いずみ』の中の「どんなことがあっても いっしょだよ」という所が好き。『ごにんの あまだれ』の中の「ぽと ぽと ぽとりと おちてった」が、お気に入り。『あまだれせんせい』が「こんご かならず おがわのほとりにすむべし」というと、なんだか、楽しくなっちゃう。赤ちゃんと一緒に、詩の本を読むのって、楽しいな。(0歳)

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む