サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 虐げられしテクラ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虐げられしテクラ(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-020419-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

虐げられしテクラ (ハヤカワ文庫 FT 暗殺者ヴラド・タルトシュ)

著者 スティーヴン・ブルースト (著),金子 司 (訳)

ヴラドの妻、カウティが参加する地下組織の指導者が暗殺された。帝国において虐げられている人間と、ドラゲイラ族のなかでも最下層階級に属するテクラが手を結んで、待遇改善のための...

もっと見る

虐げられしテクラ (ハヤカワ文庫 FT 暗殺者ヴラド・タルトシュ)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴラドの妻、カウティが参加する地下組織の指導者が暗殺された。帝国において虐げられている人間と、ドラゲイラ族のなかでも最下層階級に属するテクラが手を結んで、待遇改善のための運動を密かに繰り広げていたのだ。殺しの背後には、この運動が拡大するのを恐れたジャレグ家の権力者がいるらしい。やがて抗議集会は暴動にまで発展し、妻の身を案じるヴラドは、いやおうなく事件の渦中へと引きずりこまれていくが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

シリーズも第3巻。続きを出してほしーなー

2006/08/22 22:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

暗殺者ヴラド・タルトシュのシリーズもこれで3作目。毎回命を狙われ、一度など殺されもしたヴラドだが今度狙われているのは自分ばかりか最愛の妻カウティだった。ドラゲイラ族の中でもっとも下層に位置するテクラ族。そのテクラと東方人が手を結んで、帝都に待遇改善の運動と民衆の啓蒙を行っていた。この地下組織に参加していたカウティだが、ある時参加者の一人が殺されると、運動は徐々に暴動へと変化していく……。東方人の末路など興味も無いヴラドだが、妻の身を案じる気持ちに嘘偽りは無い。必然的に殺人と運動の中心へと巻き込まれていく。

ハードボイルドなファンタジーから、シリーズを追うごとにだんだんとヴラドの人間性が明らかになってきて、今回は口論してばかり。それもそのはず、妻の参加している活動にはドラゲイラの考え方に染まっているタルトシュには相成れないもので、自分の力でのし上がってきたタルトシュにしてみればなんとも本末転倒な話だからだ。かつては妻カウティも暗殺者だったわけだが、それでも東方人としての気風かタルトシュとは衝突を繰り返す。1、2巻のように事件を解決に導くためだけではなく、夫婦関係を円満にするために、言ってしまえばカウティとの仲を元通りにするためというのが一義的な目的に。もちろん、そこでタルトシュは自分にも誤りがあるかもしれないと思いつつ、やきもきしたり思考のループに陥ったりするわけで……。長い目で物事を捉えるドラゲイラとは対照的な東方人の生き方も浮き彫りになってきて、転生云々が絡んで、かつては東方人ではなかったタルトシュは今後どうするのか。作品としての爽快感は1、2巻に劣るけれども、今後のシリーズへの布石としては非常に面白い。残念なのは今後の翻訳の予定が無いことか……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する