サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. オール1の落ちこぼれ、教師になる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オール1の落ちこぼれ、教師になる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/223p
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:4-04-883960-8
  • 国内送料無料

紙の本

オール1の落ちこぼれ、教師になる

著者 宮本 延春 (著)

中学卒業の学力は漢字は名前しか書けず、数学は九九の2の段まで。英語の単語はBOOKしか知らない落ちこぼれが編み出した勉強法とは? 奇跡の教師「オール1先生」が、勉強法の極...

もっと見る

オール1の落ちこぼれ、教師になる

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中学卒業の学力は漢字は名前しか書けず、数学は九九の2の段まで。英語の単語はBOOKしか知らない落ちこぼれが編み出した勉強法とは? 奇跡の教師「オール1先生」が、勉強法の極意と、夢を叶えるまでの道のりを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮本 延春

略歴
〈宮本延春〉1969年愛知県生まれ。中学1年生、「オール1」の成績表をもらう。中卒で見習い大工、フリーター等を経て、私立豊川高校教諭。落ちこぼれの気持ちがわかる「オール1先生」として活躍中。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

人生において、勉強ってどういう位置づけのものなのか?

2006/11/18 20:53

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

標題どうり、中学の通信簿 オール1の人が、23歳から一念発起して国立大合格、そして生徒の気持ちと共感できる高校教師になった実話です。

彼の話を読んで一番に感じるのは、勉強とは、詰め込まれてやるものではなく、自分が知りたいから貪欲に調べて吸収して行くという姿が最も自然なものであるという当たり前の事。

有名学校の肩書きを得る為に受験勉強する、必修として上から詰め込まれる、どちらも日本の教育産業と教育政策の現在の姿ですが、これらは本人の意思や興味からかけ離れたニセモノであることに、皆 気づいているはずです。

この作者のような実例を知ると、まだ 日本にもこの様な姿勢で勉強に取り組んでいる人がいるという事にホッとします。

そして、本当に勉強したい人にとって、この国は決して学びやすいしくみになっていない事がよく分かります。

奨学金の制度がもっと沢山あったら。各種の年齢制限が撤廃されたら。等何歳でも、どういう経済状況の人でも、勉強したい人が、本気で勉強できてそれを生かせて行けるしくみが日本では必要です。

この著者の様な人にこそ教育制度改革の計画策定に加わってもらい、抽象的な理念の議論ではなく、実効のある変革を考えて進めてくれればと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

賛成できかねる。

2007/07/10 21:53

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばんろく - この投稿者のレビュー一覧を見る

学校時代に全く勉強できなかった宮本君が23歳にして始めて勉強したいと思えたことを描いた体験談。それを実行して名大の理学部物理に入ったのには敬服する。しかし。

無性に勉強をしたくなったというスイッチが入った時のことについて十分に表現できていないし、周囲の人達が自分を応援してくれていることに関しては、自分がいかに回りを良い意味で巻き込める人間に変わったか (多分そういうことが起こったんだと思うのだけれど) ほとんど書けていない。唯一の描写は、土木の職場でもいじめられてついに一週間家に閉じ籠った時の回想。もしも自分が1年後に確実に死ぬとしたら自分は今何をするだろうか、 10年、30年だったら…、と言ったことを考えて真剣にノートに書き綴ったことを書いており、それがこの人の転機だったのだと僕は想像する。けれどそれが精細に描かれているわけでもないから、結局「特別な集中力が発揮されたから人生が変わった」というただの成功談にしかなっていない。

宮本さん個人は純粋に、自分もこんなだったけれど成功することも必ずできるんだという励ましを与えたい気持があったのではないのか。確かに実際教師として生徒と接する環境にあるなら、自分に起こった体験を必要な相手に必要なだけ伝えることができるだろう。それだけでもたぶんものすごく難しいとは思うけれど、少なくとも一対一で向き合うという責任を持てる。しかしこれをマスメディアにのせることは、全く別のことだ。これは絶対に励ましにならない。なぜなら会ったことのない世の中に自分よりすごい人の像を感じることは簡単にできるし、むしろそれに圧迫されて苦しむ人が多いのだから。宮本さんに会ったことのない人にとって、この本はその像を一つ増やす手伝いしかしないと思う。

著者を責めているのではなく、むしろこういう本が世に出ることを止めなかった編集者がおかしいと思う。自分が這い上がった経験を生かして他の人を救いたいという気持は多くの人に起こるものだと思う。それは悪いことではないが、難しいはずだ。編集者というのはプロなのだから、技術がない人に対して「あなたの言いたいこと、やりたいことは分かるが、このままの形ではこれを他人として読む人には伝わりませんよ。」と言うことこそが仕事なのではないか。それで出版を諦めるのではなく、そこを良くして行く作業が編集だと思う。

編集者の立場として美談として売りに出そうという魂胆だったなら、賛成は出来ないが理解はできる。しかしもし、編集者も純粋な目を輝かせてこの本を出版したというなら、むしろその方が怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/06 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/28 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/27 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/01 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/22 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/26 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/10 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/27 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/31 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/26 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/24 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/26 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/09 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

伝記・自伝 ランキング

伝記・自伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む