サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちいさな王子(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-75103-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

著者 サン=テグジュペリ (著),野崎 歓 (訳)

砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」。その前に突然現れた不思議な少年。ヒツジの絵を描いてとせがまれたぼくは、ちいさな星からやってきた王子と友人になる。王子の言葉は、ずっと忘れ...

もっと見る

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

605(税込)

ちいさな王子

540(税込)

ちいさな王子

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」。その前に突然現れた不思議な少年。ヒツジの絵を描いてとせがまれたぼくは、ちいさな星からやってきた王子と友人になる。王子の言葉は、ずっと忘れていた、たくさんのことを思い出させてくれた。「目ではなにも見えないんだ。心でさがさなくちゃ」。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

淡々と作者が語るような大人の言葉使いの新訳

2006/12/02 16:02

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 砂漠で遭難した飛行機乗りと小さな星から地球にやってきた王子さまの出会い。悲しみややさしさを包み込んだような言葉は、幾つになっても心に残るものを与えてくれる。キツネに教わる「大切なものは、目に見えない」という言葉など、心に残る言葉がこの本にはたくさんある。原作の日本での著作権保護期間が2005年に満了し、いくつかの新訳が続けて出ている、良く知られているサン=テグジュペリの作品の、新訳の一つである。
 この新訳では、表紙はこの「新訳文庫シリーズ」に共通する(しかし、内容も少しイメージする)新しいデザインになっているが、原版の挿絵もちゃんと著者の原版からカラーで用いられているので、文庫版は少々小型ではあるが原作の雰囲気はまあ、保たれている。あとがきに訳者が「記録に残されている、作者の太くやわらかく、楽しげであったかい声で朗読すべき本であること」を目指して訳したと書いている、有名な内藤濯訳が子供向きとすれば、大人向きの言葉使いといえようか、淡々とした語り口の文章も気持ちがいい。
 上にも挙げたキツネとの出会いはとても重要な部分の一つである。ここに「自分がなつかせた相手に対して、きみはいつまでも責任がある。きみはきみのバラに責任があるんだよ・・」という言葉があるが、この「なつく」というのがどういうことなのか、と考えたりして、多分翻訳者も苦労をしたところではなかったろうか、とちょっと他の翻訳も調べてみたくなった。よい作品であるからこそ、自分の感じた通りの言葉に翻訳したい、との思いも強いだろう。こういったことが多くの新訳を生んだのだと思う。良い作品、深い作品ならでは、である。
 どの訳であれ、この作品の伝えたい「大事なもの」は変わらない。しかし、違った訳で読んでみて、違ったところに気付くこともあるかもしれない。短い作品である。何度でも読んで欲しい、「昔こどもだった大人に捧げられた」本である。
 ★は5つにしてもよいところなのだが、右綴じ、挿絵の位置の変更などで原書の絵本的な雰囲気が減じていて残念な気がする分、申し訳ないが一つ減らした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ちいさな王子

2016/10/18 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NAOKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

あたたかさと切なさが、ぎゅっと詰まった一冊でした。 タイトルから子供向けの作品かな?と思っていたら、そんなこともない!ちいさな星からやってきた王子が、私たちに“大人達がいつの間にか忘れてしまったもの”について、語りかけてくるような。そんな小さなお話がたくさん。モノやヒト(イキモノ)、デキゴトには、それぞれにちゃんと意味があるのだけれど、ゆっくりと、深く考えたり、時間をかけて丁寧に「絆」を作らなければ、見えてこないものがあるのかもしれません。作者サン=テグジュペリ自身が描いた挿し絵もかわいいです。(≧▽≦)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/25 11:32

投稿元:ブクログ

KiKi の子供時代、とあるコマーシャルで「大きなことはいいことだ」というフレーズが使われたことがありました。  でもその後の価値観の変動の中で「大きけりゃいいってもんじゃない」という風潮が生まれてきて、今はその延長線上にあるように感じます。  でも、一度は大きい方に舵をとったこの社会はこの「大きい」と「小さい」のひずみの中で喘いでいる・・・・・そんな気もしないじゃないんですよね~。    

でね、今回、この「小さな」「大きな」という対比の中に、KiKi は「大きな組織で動く効率的・合理的社会」というものを感じ取りました。  もちろんそれが「悪いこと」とは言い切れないんだけど(特に落ちこぼれながら会計人感覚からすると 苦笑)、それでもその「効率性」「合理性」追及の陰に、王子が自分の星から地球に至るまでに立ち寄ったいくつかの星に住む不思議な住民の姿がダブって感じられるんですよ。  「支配だけしたがる王さま」、「ただ目立ちたがる男」、「自分を見失い酒ばかり飲んでいる男」、「ひたすら忙しがるビジネスマン」、「点灯だけを仕事とする男」、「フィールドワークをしない机にかじりついている学者」・・・・・・。 

今更ながら・・・・・ではあるけれど、この物語ってひょっとしたら「人間性の喪失」に対する危機感の物語であり、どんどん近代化していく世界への警鐘の文学だったのかもしれません。  そう・・・・、言ってみれば「怜悧な社会風刺の物語」。  そしてもう一つ感じたのは、ここ何年か KiKi 自身もず~っと考え続けていることなんだけど「グローバル・スタンダードって本当のところ何???」という命題について扱っている物語でもあるんだなぁということでした。

(全文はブログにて)

2008/08/19 21:31

投稿元:ブクログ

今まで何回か読もうとしたけど、なぜか最後まで読めなかった本。名作と言われてるけど、こんなもんかな〜という印象でした。

2006/09/23 00:04

投稿元:ブクログ

文章もだけど、絵が素敵です。ちいさな王子の言葉とまなざしに、心動かされる瞬間があれば、忘れられない一冊になるはず。

2008/04/30 10:52

投稿元:ブクログ

肩の力を抜いて、王子と一緒に星々をゆく。さまざまな性質を持った人間がいる、ということ。それはもちろん、現実社会の反映だろう。一人一人違う星のうえに生きていて、各々違う宇宙をみているものかもしれない。それが本書で端的に表現されているようだ。…もう前に読んだので記憶もぼんやりだが、ラストの描写は日本語として、ちょっと気に入らなかったように思い出す。違う訳と比べ読みしてみたい。

2011/02/06 12:48

投稿元:ブクログ

英語で読んだことがある作品。この英語版,どこに行ったんだろう…

版権が切れて,いろいろな新訳がある中でこの野崎訳を選んだ理由はただ一つ。光文社の古典新訳文庫シリーズだったことと,邦題を「ちいさな王子」にしていて,原題のLe Petit Princeに近いという理由だけ。訳は読みやすかった。

この本の内容に関しては,いろいろな人がいろいろなことを言ってる。結局主題は,モチーフは何か。個人的にはサン=テグジュペリの「大人と子どもの対比」というもの以上でも以下でもないと思う。ユングのペルソナの概念じゃないけど,それぞれの人にはそれぞれのペルソナがあって,それは1つじゃない。light keeperみたいな人もいればkingみたいな人もいる。でも結局はそれぞれが1人ずつだと意味がない。

いろいろと言いたいし,いろいろと思ったけれども,試験勉強が先だ。大人になるってこういうことなのかも知れない。

2008/02/23 18:27

投稿元:ブクログ

高校生の頃、叔母さんに薦められた本。
でもその時は自分にフィットせず、途中脱落。

今回、これを手に取ったとき、叔母さんを思い出し、ペラペラとめくってみると、何となく頭の中にスラスラ入ってきそうな気がしたので、15年ぶりに再チャレンジ。

読了。

良い話でした。
キツネとの段落が一番好き。

物悲しい、ラストもまた。

そうやって人は現実の中に帰って行くんだよなぁ。

2007/12/15 23:46

投稿元:ブクログ

「星の王子さま」新訳読み比べをしている。子供に対するさっぱりして温かい文体だと思った。「王子と語り合い、その笑い声を聞くことが許されるのは、飛行機が飛ばないことと引き換え」

2010/04/06 18:28

投稿元:ブクログ

他の訳で挫折してたけど、この訳は読みやすく最後まで読めた。
子供の素直な視点を忘れてしまった大人へ、また、孤独を感じたくなったときにオススメの一冊。

2012/06/24 02:32

投稿元:ブクログ

名前は違うけど、中身は星の王子様。
有名な作品だけど、今まで読んだ事がなかった。

子ども向けの内容かと思ってたのですが、意外に深いです。
というより子ども向けではないかな。

2010/05/09 02:07

投稿元:ブクログ

大学の授業で必要になったので購入しました。

中学の時一回挫折して、高校の時に読みきったきりご無沙汰でした。

昔読むのが苦痛だったのは、訳が古いものだったからかもしれません。この本はとても読みやすかったです。

大学生になってから読み返して、高校時に読んだ時よりもこの本の良さを感じることが出来たと思います。
あと私的にこれを児童書というのはどうかと思います。
大人向けの童話といった方がいいような。

今『人間の土地』を読もうと思っているのですが、同じ著者でもこちらは1955年に堀口大学という方が訳されたきりになっていて、旧漢字が使われています。読んだ方のレビューを読んでみると、最初のとっつきにくささえ乗り越えればとても素晴らしく思えるらしいのですが、どうにも不安です。
なんでこっちは新訳がないんでしょうか(´;ω;`)

2009/10/02 14:13

投稿元:ブクログ

2009.09
表紙だけ見たとき、一瞬「星の王子さま」とは気付かなかった。最初のゾウを飲み込んだのはボアっていうのね。ずっとヘビだと思ってました。

2012/06/02 21:11

投稿元:ブクログ

愛読書は?と聞かれて自信を持って答えられるほど読んではいないが、確実に私の中で特別だと言い切れる作品だ。何度も何度も、小さな王子の言葉にはっとする。

2009/06/12 23:19

投稿元:ブクログ

『星の王子さま』として有名な本の新訳。
登録する際検索したら他にも色々引っかかってきたので、見比べるのも面白そう。
本書に関して言えば、原題である『LE PETIT PRINCE』を素直に『ちいさな王子』と訳しているところからも原文に忠実なところがうかがえる。
訳者あとがきに、作中で語り手自身が「できるならぼくは、この話を、おとぎ話みたいにはじめてみたかった」と述べているのを受けて、おとぎ話調、童話調は採用しないとも述べており、大人にとっても読みやすい文章になっていると思う。

内容についてはいちいち触れないけれど、悲しさと暖かさが同居して何度読んでも不思議と涙があふれる作品。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る