サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちいさな王子(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-75103-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

著者 サン=テグジュペリ (著),野崎 歓 (訳)

砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」。その前に突然現れた不思議な少年。ヒツジの絵を描いてとせがまれたぼくは、ちいさな星からやってきた王子と友人になる。王子の言葉は、ずっと忘れ...

もっと見る

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

605(税込)

ちいさな王子

540 (税込)

ちいさな王子

ポイント :5pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」。その前に突然現れた不思議な少年。ヒツジの絵を描いてとせがまれたぼくは、ちいさな星からやってきた王子と友人になる。王子の言葉は、ずっと忘れていた、たくさんのことを思い出させてくれた。「目ではなにも見えないんだ。心でさがさなくちゃ」。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

淡々と作者が語るような大人の言葉使いの新訳

2006/12/02 16:02

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 砂漠で遭難した飛行機乗りと小さな星から地球にやってきた王子さまの出会い。悲しみややさしさを包み込んだような言葉は、幾つになっても心に残るものを与えてくれる。キツネに教わる「大切なものは、目に見えない」という言葉など、心に残る言葉がこの本にはたくさんある。原作の日本での著作権保護期間が2005年に満了し、いくつかの新訳が続けて出ている、良く知られているサン=テグジュペリの作品の、新訳の一つである。
 この新訳では、表紙はこの「新訳文庫シリーズ」に共通する(しかし、内容も少しイメージする)新しいデザインになっているが、原版の挿絵もちゃんと著者の原版からカラーで用いられているので、文庫版は少々小型ではあるが原作の雰囲気はまあ、保たれている。あとがきに訳者が「記録に残されている、作者の太くやわらかく、楽しげであったかい声で朗読すべき本であること」を目指して訳したと書いている、有名な内藤濯訳が子供向きとすれば、大人向きの言葉使いといえようか、淡々とした語り口の文章も気持ちがいい。
 上にも挙げたキツネとの出会いはとても重要な部分の一つである。ここに「自分がなつかせた相手に対して、きみはいつまでも責任がある。きみはきみのバラに責任があるんだよ・・」という言葉があるが、この「なつく」というのがどういうことなのか、と考えたりして、多分翻訳者も苦労をしたところではなかったろうか、とちょっと他の翻訳も調べてみたくなった。よい作品であるからこそ、自分の感じた通りの言葉に翻訳したい、との思いも強いだろう。こういったことが多くの新訳を生んだのだと思う。良い作品、深い作品ならでは、である。
 どの訳であれ、この作品の伝えたい「大事なもの」は変わらない。しかし、違った訳で読んでみて、違ったところに気付くこともあるかもしれない。短い作品である。何度でも読んで欲しい、「昔こどもだった大人に捧げられた」本である。
 ★は5つにしてもよいところなのだが、右綴じ、挿絵の位置の変更などで原書の絵本的な雰囲気が減じていて残念な気がする分、申し訳ないが一つ減らした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ちいさな王子

2016/10/18 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NAOKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

あたたかさと切なさが、ぎゅっと詰まった一冊でした。 タイトルから子供向けの作品かな?と思っていたら、そんなこともない!ちいさな星からやってきた王子が、私たちに“大人達がいつの間にか忘れてしまったもの”について、語りかけてくるような。そんな小さなお話がたくさん。モノやヒト(イキモノ)、デキゴトには、それぞれにちゃんと意味があるのだけれど、ゆっくりと、深く考えたり、時間をかけて丁寧に「絆」を作らなければ、見えてこないものがあるのかもしれません。作者サン=テグジュペリ自身が描いた挿し絵もかわいいです。(≧▽≦)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/25 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/19 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/23 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/30 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/06 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/23 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/15 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/06 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/09 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/02 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/12 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る