サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 東京の空の下、今日も町歩き

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京の空の下、今日も町歩き(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/280p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-42260-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

東京の空の下、今日も町歩き (ちくま文庫)

著者 川本 三郎 (著),鈴木 知之 (写真)

「町歩き」は、日常の生活圏をぷらぷら歩く散歩とは異なり、ちょっとした旅気分が味わえるもの。気の向くままに横丁や路地に入り込み、河原や土手を風に吹かれて歩いたあとで、見知ら...

もっと見る

東京の空の下、今日も町歩き (ちくま文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「町歩き」は、日常の生活圏をぷらぷら歩く散歩とは異なり、ちょっとした旅気分が味わえるもの。気の向くままに横丁や路地に入り込み、河原や土手を風に吹かれて歩いたあとで、見知らぬ居酒屋へもぐりこみ、その町の人の話に耳を傾けながらの一杯はまた格別だ。青梅、金町、調布、大森…小さな町を歩く楽しみを綴ったエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この人が歩くと、町の方から魅力が寄ってくる

2006/11/27 00:37

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 川本三郎氏の東京町歩きの本。あとがきによると、今回は「あまり語られることのない周縁の町を中心にした。とくに、これまであまり行ったことがなかった多摩の町をよく歩いた」(pp.271-272)とのこと。たしかに、青梅・八王子・武蔵村山・東大和・羽村・福生・調布・あきる野など、東京西部の町を歩いている回が多い。他にも練馬区や板橋区、王子に赤羽、池上・千鳥・蒲田、砂町・亀戸・新小岩、柴又・亀有・金町、などなど、「周縁の町」という言葉から連想できるような町が多数登場する。
 町の雰囲気は様々だが、この本を読んで思うのは、まず川本氏の文章で紹介されると、どの町も魅力的に見えるということ。そして、川本氏が歩くと、まるで町の方から魅力が寄ってくるように、氏が面白い物事に出会うということ。
 例えば八王子、浅川沿いの田町で、廃屋のような建物が並ぶ旧遊郭街のそばに、「古ぼけた食堂が目に入った」(p.66)。「廃屋のひとつかと思ったが、のれんはあるし、よく見るとガラス戸に『営業中』とある」(p.66)し、「つげ義春の漫画に出てきそうな貧しげな雰囲気に、捨て難い魅力がある」(p.66)ので、思い切って入ってみる。
 中も、戸を開けたらいきなり厨房だったり、土間の上にござを敷いたような席だけだったり(そして先客が日曜の昼からビールを飲んでいる)、なかなか強烈なのだが、出してもらったゲソの天ぷらや白菜の漬物を食べながらビールを飲んでいると、だんたん店が面白く思えてきて、「ビールを二本飲んで外に出たときは『いい店だった』と満足した」(p.68)気持ちで店を出たという。しかも、先客に近所にあるという北島三郎の家を教えてもらうというおまけつきで。
 他にも、東東京を中心に行ってみたいと思う町がいくつもある。赤羽・十条・東十条の「いい居酒屋のそばには、なぜか古本屋がある」(p.136)という古本屋とか、北区の荒川の中にあるという島とか。
 もちろん、東京に住んでいない人にとっても、東京の旅行記・紀行文として面白い。また東京に住んでいる人なら、本に登場する場所のどこかに行ってみようという気持ちになるのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る