サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海に住む少女(光文社古典新訳文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-75111-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

海に住む少女 (光文社古典新訳文庫)

著者 シュペルヴィエル (著),永田 千奈 (訳)

「海に住む少女」の大海原に浮かんでは消える町。「飼葉桶を囲む牛とロバ」では、イエス誕生に立ち合った牛の、美しい自己犠牲が語られる。不条理な世界のなかで必死に生きるものたち...

もっと見る

海に住む少女 (光文社古典新訳文庫)

514(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「海に住む少女」の大海原に浮かんでは消える町。「飼葉桶を囲む牛とロバ」では、イエス誕生に立ち合った牛の、美しい自己犠牲が語られる。不条理な世界のなかで必死に生きるものたちが生み出した、ユニークな短編の数々。時代が変わり、国が違っても、ひとの寂しさは変わらない。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

海に住む少女 7-22
飼葉桶を囲む牛とロバ 23-57
セーヌ河の名なし娘 59-75

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

孤独は美しい

2015/02/05 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クロぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

例えて言うなら淡い淡い世界の寄辺ない孤独。どんな暴力的なことや残酷なことがあっても世界は常に静ひつで、揺らぎあれど微々たるものです。
シュペルヴィエルの描く世界はそんな世界です。
対峙する人も、存在する空間も時間も全て交わることはなく、永遠に一人。哀しくも美しい世界です。
幻想を描きながらも、人生そのものって気がするんだな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

水面幻想

2015/08/23 12:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:落雁 - この投稿者のレビュー一覧を見る

多くの作で水面の向こうに潜む儚い存在。
水底のイメージから、頭の隅で映画『狩人の夜』の場面に始まり連想の火が灯る。
触れれば波紋に霞む、天蓋の映しかもしれない孤独は、彼女/彼らの属性だろうか…煌く程に小さく閉じていく。
繋がりが断たれているからではなく、掌で作った小さな囲いで世界を測るのがひとりぽっち。
毀れる恐れ構わず光の欠片摘み上げる作者の語りに手もなく中てられてる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジックな話たち

2015/09/12 14:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けy - この投稿者のレビュー一覧を見る

単純に面白い! 感動する! という本でない。透明感があるといえばいいのだろうか?ジワリと心に来る話が多く、不思議な魅力がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意味を考えるより雰囲気を味わう。

2007/03/13 17:27

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大海に浮かんでは消える町に住む年をとらない少女を描く表題作「海に住む少女」。キリストが誕生したとき傍にいた動物の心を書いた「飼葉桶を囲む牛とろば」。ちょっと目線を変えた、不思議な世界の短編集である。
 多分好き嫌いがはっきりする作品だろう。何かをはっきり主張するような話は少ない。読んだ後は悲しさやせつなさ、かすかな滑稽さなどのような情感が心にのこるだけ。ある場面を切り取った画のようでもあるが、画とすれば柔らかい色調の抽象画であろうか。情景から色だけ、あるいは香りだけが広がり、読んだ後も余韻としていつまでも漂っている感じである。その余韻がかなり長く残る、というのもあまり感じたことのない不思議な読後感であった。
 何をいいたいのか、もどかしいような、結末もはっきりしないような作品もある。意味を考えるより、このような雰囲気を味わうことを楽しめばよい作品だと思う。
 作者は1884年生まれのウルグアイ出身の作家。堀口大學など、多数の人が訳しているそうであるが、現代ではあまり知られていない。訳者は作者を「フランス版宮沢賢治」と表現している。こんな古典もあった、と知らされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/29 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/17 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/04 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/29 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/30 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/05 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/09 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/09 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/05 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/02 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む