サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

帝国主義論(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/302,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-75112-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

帝国主義論 (光文社古典新訳文庫)

著者 レーニン (著),角田 安正 (訳)

帝国主義論 (光文社古典新訳文庫)

778(税込)

帝国主義論

583(税込)

帝国主義論

ポイント :5pt / 紙の本より195おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

時は巡り、歴史のゴミ箱に捨てられかけた古典はアクチュアリティを増した

2007/02/24 21:49

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:虚無坊主 - この投稿者のレビュー一覧を見る

訳者は解説の中で少し遠慮がちにこう述べている。
「社会主義経済を意識する必要のなくなった資本主義は、マルクスの描いた資
本主義、つまりレーニンが理解していた資本主義に近づきつつあるようにも見
える」。
「見える」どころではない。
金融資本を取り上げた本書の中に出てくる「金融を操る『天才ども』」はディ
ーラーと名を変えた。「一般の資本家の事業内容に関して個別の正確な情報を
入手」して寡占・独占を推し進める独占資本家はM&Aという、専門職種とし
て確立された。
いずれもマスコミで「勝ち組」として華々しく取り上げられる名士たちだ。
苦労話や教訓をちりばめた記事は、一種の立志伝として少しずつ無害化されて
私たちの脳髄に刻まれていく。
レーニンはこうした見方に対して、別の見方がありうるといっているように思
う。アクチュアリティをまだ失ってはいないのである。
日本の世界に冠たる大企業が半公然と偽装請負を利用し、財界人は解雇要件を
緩和した労働法改正を、政府に実行させた。
日本資本主義は、自らの資本の再生産に欠かせないはずの労働力の再生産さえ、
経済のグローバル化に伴う競争の激化を理由に、かなぐり捨て始めている。
マルクスは、労働者にとって最も過酷であったと思われる資本主義勃興期の経
済を観察してさえ、賃金の構成要素として、労働者の子どもの教育費をも勘定
に入れることができたというのに。
現在その餌食となっているのは、収奪される若者たちだろう。今でこそまだ勤
勉な彼らがいずれ恒常的な犯罪者予備軍に転化していくのは時間の問題である。
いまこの古典から示唆を受け取ってもらいたいと、著者レーニン自身が望むの
は、疑いもなく「階級」という範疇からも漏れてしまったこの層に外ならない。
それが、昼飯を一食我慢すれば買える値段で、マルクスのマの字を知らなくと
も理解できる平易な日本語で読めるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

資本主義を再度正確に理解するためにお勧めの一冊です。

2016/07/31 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、レーニンによって20世紀初頭に書かれた最初の歴史的論文です。これは当時、花開こうしていた資本主義社会、経済を理解するには絶好に一冊です。現代においては資本主義が人間社会の基本であるような考え方が普及していますが、本書を読みことで、資本主義の問題や課題などを再度考えることができます。真の資本主義を理解するためには、ぜひともみなさんに読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/19 19:35

投稿元:ブクログ

レーニンによる資本主義の特殊段階としての帝国主義の分析、20世紀初頭に起こった金融資本による独占と、それにともなって起こる世界分割戦争が示されている。この書物はレーニンの時代における資本主義の分析であって、その国家像は示されていない。この点に関しては『国家と革命』を読む必要がある。

2011/01/16 17:38

投稿元:ブクログ

20世紀初頭に書かれたレーニンの代表的論文。変貌を続ける資本主義を徹底的に解剖。
内容云々の前に、堅苦しい話題なのと経済が苦手な私にはかなり難しかったです。最後まで読み切ったことだけでマシな方。資本主義が過渡になったときの「帝国主義」を批判しているのはよく分かったけど、カウツキーに対するレーニンの反論はホントすごいね・・・何か子供っぽいところもあったのかなと思う。私は資本主義を完全に肯定するわけでも社会主義者でもないけど、結局レーニンはどういう社会を望むのかが見えてこなかった気がします。独占のない資本主義社会がいいってこと?

2009/06/18 18:59

投稿元:ブクログ

当たり前のことを、わかりやすく書いてあります。
ただ普段分かっているようなことでも、改めて気づかされるということがあります。なるほどそうだったのか!と思わせる文言もあります。

マルクスの「資本論」が資本主義を徹底解明しているものであると同様、レーニンの「帝国主義論」は資本主義が成熟した帝国主義を徹底解明しているという本です。

ところどころ、レーニンの独断と偏見があるような本でもあります。
決して偏った本ではありません。

2014/01/31 17:50

投稿元:ブクログ

この本は今からおよそ百年前に書かれている
はずなのに、古臭さすら感じません。

そして、自国が富めるものになるためには
ただひたすらに外を侵略し、
そこから金の元を取らなければいけない時代。

そして富むものたちは…
そう思うとこの制度って
今の世界と全然変わりがないじゃないですのん。
100年近くたっているのに変化がないです。

植民地がなくなっただけ。
そして金の元が変わっただけ…

資本主義…当たり前の様に浸透している
主義だけれどもそこには
欠点があるものですね。
それを著者が指摘していたことに驚き。

2010/10/24 18:26

投稿元:ブクログ

 著者であるレーニン(本名ウラジミール・イリイチ・ウリヤーノフ)は社会主義革命であるロシア革命で指導的役割を示し、ソビエト連邦の初代人民委員会議議長となった人物である。本書は資本主義が大企業への生産の集中であるとし(P.34)、一部の大企業が一国の労働力、資本、エネルギーの大半を独占し、その他中小企業を吸収することで混合化(もといカルテル、シンジゲートの形成)が資本主義によって起こるとする。このことによって生じる問題として、市場が競争から独占へと変容し、少数の資本家によるその他への支配がある(P.51-52)とレーニンは述べる。また、銀行の役割が産業と密接に結びつくことによって大企業もトラストの中に組み込まれるようになる(P.79-80)。このことによって独占体の支配が生じる。
 資本主義は生産の独占(独占体の支配)による生産性の向上を特徴とするが、そのことによって過剰生産の輸出(P.123)が行われるようになる。このことは市場の植民地化を引き起こし、帝国主義独特の抑圧と搾取(P.126)を引き起こす。この過剰生産、資本の輸出を引き受けるのが企業であると同時に銀行である。資本の輸出による植民地化は世界の分割に繋がり、植民地国への寄生とそれによる腐敗へとなる。

2011/02/03 00:28

投稿元:ブクログ

勝手に政治関連の話だと思って読み始めてみたら、実際は経済の話だった。当時の帝国主義や資本主義に関してよく分析してあるので中々におもしろい。

2012/01/30 12:22

投稿元:ブクログ

【まとめ】
 1860~1870年代、自由競争の支配する資本主義が驚異的な発達を遂げた。20世紀初頭、恐慌によって自由競争的な旧来の資本主義に代わって、生産と資本の集中化が徹底的に進む帝国主義が現れる。銀行は資本集中と取引高の増加を果たし、産業資本との融合を始め、実質的に産業に対する支配を強めた。帝国主義は資本主義が高度に発展した段階であり、金融資本が支配的となった体制である。従来の資本主義では商品の輸出が行なわれたのに対し、資本主義の最高の段階としての帝国主義では資本輸出が特徴となる。そこで大衆の生活は依然苦しい。しかし独占から生まれる莫大な過剰資本は、資本家の利益のため、後進国への資本輸出に用いられ、大衆の生活向上に費やされることはない。
 金融資本の段階で、資本家は(その階級的利益に端を発する)経済的利益から独占体同士の同盟を結び一定の関係を保持しようとする。同時にそれにつられ国家間でも政治的な関係が構築される。私的独占と国家独占が一体化し、巨大独占資本家が世界分割を繰り広げる状況が生まれる。
 金融資本における生産力の発展や資本蓄積の度合いは資本主義国家間の発展から不可避的に差が生じる。そして、その帝国本国の力は「勢力圏」の分割状況とは均衡しない。やがて力をつけた後発帝国主義国(植民地をもたざる国)は既存の世界支配での不均衡の是正を狙い、自らの力を反映する形で植民地獲得の分け前にありつこうとする。資本主義を維持しながら、分割された世界の再分割を巡る不均衡の解決は、独占的資本家=帝国主義国家間での不可避の戦争以外に存在しない。

【感想】
 訳は非常に読み易く、訳者解説も本書内容理解を助ける良いものであった。訳者解説によると本書執筆時にレーニンがおかれた状況は、「ロシアは後進国であるので、社会主義革命を即座に成就するためにの前提条件を備えていない。したがって、ロシアのマルクス主義者は、帝政ロシアが戦争に敗北することを通じて社会主義革命を実現しなくてはならいない」。革命の前提条件として帝国主義戦争でロシアが敗北する必要があり、そのための戦争の必要性から「詭弁」的に革命理論を作り上げたのが本書(…その割には説得力ある主張が多々ある)。であるから、本書に散見されるやや感情的なカウツキーへの口撃は近親憎悪的なものである。
 一方で、「ブルジョア経済学」であるホブソンを高く「評価」、というより敬意を払いつつ都合良く利用している点が興味深い。ホブソンの『帝国主義論』をよりいっそう読みたくさせる書きぶりである。
 さて、またもや解説者の重要な視点を借りるが、本書を現在の国際情勢に照らして読む際に、注目されるべき点がある。それは、資本家の蓄えた資本を国内投資に振分け、所得再分配をするのであれば、植民地を保有せずともやって行けるという点である(レーニンは深くは言及しておらず可能性を否定するが)。実際、社会主義の可能性や、「改良主義」的な既存の枠組みを受け入れた社会民主主義的勢力の存在で資本主義の行き過ぎにたがをはめることが出来ていたことは事実であろう。であるからソ連崩壊後、資本主義が暴走している現在、尚更に読まれるべき本であるということだ。

2012/08/13 22:57

投稿元:ブクログ

帝国主義とは、資本主義の独占段階のことである。
さらに、1.生産と資本の集中、2.金融寡占が成立、3.資本輸出、4.資本家の国際独占団体が形成、5.列強による領土分割が完了、という五つの特徴を持つ。
これは自由競争から始まる資本主義の向かう姿であり、結果として、列強による戦争は避けられるものではない。

今となってみれば外れた指摘もあるが、資本主義の本質をつく鋭い考察が多い。

2011/10/08 19:33

投稿元:ブクログ

独占に支えられた帝国主義的資本主義を「死に至る資本主義」と考え、マルクスのいう社会主義革命の必然性を説いたもの。一般向けに書かれているので、とても読みやすいです。やや単純化した見方ではあるものの、19世紀末(ことによると現代でも)という時代性から考えると、かなりのリアリティを感じます。

2013/07/21 17:02

投稿元:ブクログ

ほんとになんでこういう本を20代のうちに読んでおかなかったのだろうか。何かを考える時のベースは、やっぱり数字だなと思った。

2017/01/25 15:35

投稿元:ブクログ

[なれの果てに]ロシア革命において主導的な役割を果たしたウラジーミル・レーニンが、第一次世界大戦中にチューリッヒにおいて脱稿した著作。資本主義が高度に発達すると独占が必然的に起こり、それが即ち帝国主義となることを主張し、社会主義や帝国主義を考えるに当たり大きな影響を与えた作品です。訳者は、身構えることなく本書を手に取ってもらえる訳を目指したという角田安正。


その使用に伴っては、常に何らかの政治的意図が見え隠れしてしまう「帝国主義」という言葉/考え方ですが、レーニンが喝破したその経済的な発生の仕組みには改めて注目する価値があるように思います。ソ連の崩壊に伴い、レーニンと言うといわゆる「過去の人」といった感がありますが、国際社会が刻一刻と変転する今日だからこそ、改めて読まれる価値が十二分にある一冊ではないでしょうか。

〜帝国主義とは、特殊な発展段階に達した資本主義のことである。その段階に至ると、独占帯と金融資本の支配が形成され、資本輸出が際立った意義を帯びるようになる。また、国際トラストが世界分割を開始し、資本主義列強が地球上の領土の分割を完了する。〜

古典の面白さを久々に堪能しました☆5つ