サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イエズス会の世界戦略(講談社選書メチエ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-258372-0
  • 国内送料無料

紙の本

イエズス会の世界戦略 (講談社選書メチエ)

著者 高橋 裕史 (著)

布教活動のために貿易や不動産経営で生計をたてる宣教師たち。信者と資産保護のための軍事活動。「神の意志」実現のために世界を巡った「イエスの同志」の聖と俗に迫る。【「TRC ...

もっと見る

イエズス会の世界戦略 (講談社選書メチエ)

1,782(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

布教活動のために貿易や不動産経営で生計をたてる宣教師たち。信者と資産保護のための軍事活動。「神の意志」実現のために世界を巡った「イエスの同志」の聖と俗に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 裕史

略歴
〈高橋裕史〉1960年北海道生まれ。中央大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。苫小牧駒澤大学国際文化学部助教授。近世キリスト教史(アジア、日本)専攻。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

キリスト教伝来のウラのウラ

2008/08/31 09:02

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イエズス会とフランシスコ・ザビエルと言えば,16世紀,日本にキリスト教を伝えた立役者として,みのもんたのクイズ番組で言えばまぁ250万円クラスの問題である。が,それぢゃイエズス会はいつどこで出来たどんな組織で日本以外ではどんなことをしていたのかとなると,いきなりこれが1000万円級の問題になっちゃう。いやオレなどこの会がいまだに健在で,例えば四ツ谷の上智大学などが「ココ系」(「ココ系」って何語だよ?)だなんてちぃっとも知らなかったよ。

 時は16世紀の大航海時代,ローマ法王はポルトガルとイスパニア(スペイン)にこの世界を分割・征服する権限を与え,その征服地域にキリスト教を布教させることにした(このしごく勝手な世界分割を「デマルカシオン」と言う。これも1000万円級かな?)。当時新興団体であったイエズス会はこの計画に乗り,世界の東半分を「担当」したポルトガルと共にインド,東南アジア,中国へと布教活動を展開。その一人フランシスコ・ザビエルが日本に来てあの「新しい歴史教科書をつくる会」編集の日本史教科書にさえ載せてもらえるほどの人物になったわけである。

 本書は当時のイエズス会の資料を丹念にあたり,その彼らの活動を物心両面から解析しているのだが,オレにとって興味深かったのは,彼らがこの布教活動にあたり,抜き難い人種的偏見を持っていたこと,そしてそれ故にアフリカ,インドの人々よりも肌の色が薄い中国人,日本人にこそ「立派なキリスト教徒」になる資格と資質があると思っていたってあたり。そして当初ポルトガル王に依存していた活動資金が足りなくなり,彼らにとって「不浄」でもある貿易に手を染めるようになっていくその経緯(日本においてはやがて軍事に関しても同じようなことが起きる)……。いやいろいろ勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/03 04:47

投稿元:ブクログ

16世紀の昔も現在も何がパードレ達を突き動かし、遠く異教の地での活動を継続させうるのだろうかとよく考える。生活に密着したキリスト教的行動を目にするときにも思う。それを精神的側面から描いているのが遠藤周作氏だけど、この本は世界史的・必然的要素から描かれていて面白い。それにしても戦国時代の日本、率直に大変だっただろうなあ。