サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか 超大国に力を振るうユダヤ・ロビー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか 超大国に力を振るうユダヤ・ロビー

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-17057-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか 超大国に力を振るうユダヤ・ロビー

著者 佐藤 唯行 (著)

情報提供、集金力、議席追い落とし、草の根運動…。米連邦議員の7割以上はユダヤ・ロビーに従わざるをえない。人口2%弱のマイノリティが、アメリカ政治で圧倒的なプレゼンスを持つ...

もっと見る

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか 超大国に力を振るうユダヤ・ロビー

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか

1,382(税込)

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

情報提供、集金力、議席追い落とし、草の根運動…。米連邦議員の7割以上はユダヤ・ロビーに従わざるをえない。人口2%弱のマイノリティが、アメリカ政治で圧倒的なプレゼンスを持つ理由とは? これまでのタブーを解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 唯行

略歴
〈佐藤唯行〉1955年東京生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。独協大学教授。専門はユダヤ人史。著書に「英国ユダヤ人」「アメリカ・ユダヤ人の政治力」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2007/01/28 11:20

投稿元:ブクログ

アメリカ中東政策におけるユダヤ圧力団体の影響力の強さ、そしてその限界について述べてある本です。

ユダヤ人の裕福ぶりはよく知られているところですが、実際にもそのユダヤ・マネーを存分に生かして政治に多大な影響を及ぼしています。例えば、議員選挙において、イスラエルに対して敵対的な態度をとる現職議員に対しては、刺客候補を送り込んだ上で莫大なお金を投入してテレビのCM枠を買い取り、刺客候補を大々的に宣伝し「議席追い落としキャンペーン」に成功しました。

そのような財力に加え、ユダヤ人の政治への関心の高さは驚くべきものです。アメリカの人口の2%を占めるに過ぎないユダヤ系の人は、選挙においては全体の票の4%を占めるほどの抜群の投票率を誇ります。これほどまでに政治に関心を寄せる人々というのは他にはいないでしょう。

やはりユダヤ人という人種は、歴史的な経緯のせいか、かなり特殊な性質を有しているようです。

2007/12/27 21:57

投稿元:ブクログ

これまで、米国でもタブーであった「ユダヤ・ロビーがアメリカの外交に及ぼす役割」というテーマに真っ向から取り組んだ意欲作。

ユダヤ・マネーによる支援とその集金力、刺客候補送り込みによる議席追い落とし、シンクタンクの買収、行政への情報提供、キリスト教右派との同盟、草の根運動のロビー活動など、緻密な戦略で、
人口2%弱のユダヤ人がアメリカ政治で圧倒的なプレゼンスを持つメカニズムを解明している。

・米連邦議員の7割以上はユダヤ・ロビーに従わざるをえない。
・アメリカが世界の国々へ与える経済・軍事援助の2割超は、世界人口の0.1%にも満たないイスラエルに送られている。
・民主党の政治資金の半分、共和党のそれの2割はユダヤマネー。

2008/05/18 20:38

投稿元:ブクログ

アメリカと言う超大国がなぜイスラエルを支持するのか。その理由の一つにユダヤロビー(ユダヤの政治的圧力)がある。
ユダヤ人はアメリカの随所に人脈を持ち,そこからの圧力がとてつもなく強いというものだ。ユダヤ人は,昔,虐げられていたので,まっとうな職につくことが出来ず,昔でいうと卑賎なものがなるという商人や出版・メディア活動家にならざるを得ず,また,母国イスラエルが戦場と化しているので,各国を転々とせねばならなかった。このため,世界の経済やメディアの要衝にユダヤ人が存在することとなり,今日の社会はまさに経済とメディアが支配しているといってよいため,そこを掴んでいるユダヤ人はアメリカの国策を左右できるほどのパワーを持っているといえるのだ。様々なメディアを駆使して大統領選が展開されているものを見ればその影響がわかるであろう。
また,普通考えると,アメリカはプロテスタントが多く,ユダヤ教に相容れない立場であるとも言えるのだが,そのアメリカがユダヤ教の母国イスラエルを支持するのは,一つはユダヤ人がイスラエルを得る事はキリスト教ではキリスト再臨の一つの条件であること,また,他に,キリスト教右派勢力がユダヤ教を支持することにより多額の献金を得るということもあるらしい。全てが全てではないが,ユダヤロビーはアメリカに多大な影響力を持っているといえる。ただし,アメリカの大統領が常にイスラエルを支持しているというわけではなく,歴代大統領も,親アラブ⇒親イスラエル⇒親アラブ⇒親イスラエル,と割りと交互になっているものと思われる(ニクソン〔アラブ〕,フォード〔アラブ〕,カーター〔イスラエル〕,レーガン〔アラブ〕,ブッシュ〔アラブ〕,クリントン〔イスラエル〕,ブッシュJr〔イスラエル〕。アラブ支持は共和党だが,ブッシュJrは共和党だが親イスラエル)。ユダヤも最初は民主党から支持され,共和党からは支持されていなかったが,最近は共和党へもその触手を伸ばしているようだ。

2015/04/27 20:28

投稿元:ブクログ

現在のアメリカで、ユダヤロビーがメディアと並んで、その影響力を及ぼそうと努力を続けてきたのがシンクタンクと大学である。なぜなら両社は世論形成に大きな影響力を発揮するからである 。またユダヤロビーは大学キャンパスの中でイスラエル批判を押さえ込むという困難な課題を追求してきた。

外交・国際関係 ランキング

外交・国際関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む