サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千里眼の水晶体(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-383604-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

千里眼の水晶体 (角川文庫)

著者 松岡 圭祐 (著)

戦後長らく忘れ去られていた旧日本軍の生物化学兵器。高温でなければ活性化しないはずのウィルスが、折からの気候温暖化により暴れ出した!罹患から死に至るまでわずか数十時間。感染...

もっと見る

千里眼の水晶体 (角川文庫)

555(税込)

千里眼の水晶体

540 (税込)

千里眼の水晶体

ポイント :5pt / 紙の本より15おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦後長らく忘れ去られていた旧日本軍の生物化学兵器。高温でなければ活性化しないはずのウィルスが、折からの気候温暖化により暴れ出した!罹患から死に至るまでわずか数十時間。感染した親友の命を救うために、岬美由紀は唯一の手がかりを求めてハワイ・オアフ島へ飛ぶ。ワクチンを手に入れることはできるのか?前2作を超える巧緻なプロットと人間ドラマ。進化し続ける新シリーズ一挙3冊刊行、書き下ろし第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

前シリーズとのアジャストかな。

2007/03/08 12:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

新シリーズ三作目の本作、とうとうアフターバーナー全開か!?と思いきや、やはり前シリーズに比べればおとなしめ。それは本作のメインが「生物兵器」にある所からもお分かり頂けると思う。前シリーズのような「ドッカンボッカン!美由紀キター!」というより、姿の見えないじわりと怖い相手、という感。
本シリーズから、リアリティを追求し始めたと言う。科学的根拠をしっかりと踏まえた上での、作品作りになっている。もちろん前シリーズもその点は押さえていたのだろうけど、時代の流れとともに変化した科学的要素を、ちゃんと捕らえなおそうという趣旨かと思われる。であるから、美由紀の「心を読む」と言うシチュエーションが終始、詳細に描かれている。ちょっと必要以上かと思われるくらいなのだが、やはり「前シリーズとは違うのだ」と読み手にそれとなく理解させる為に取り入れられた描写で、そういう意味でアジャスト的な3作だったのかもしれない。
じゃ本作品が前シリーズに比べて劣るかと言えば、そんな事は全く無い。今と言う時代を良く捉えて、色々な事象を絡ませたうまい作品に仕上がってると思う。まあちょっと、布石や伏線の張り方が見え見えだったりしたけれど。
だがある意味魅力的な新キャラクタも登場し、ますます期待は膨らむ一方である。一刻も早く!スコーーンと突き抜けた美由紀の大活躍!を観たいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/24 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/24 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/18 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 06:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/28 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/23 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/22 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/07 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/05 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/08 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/22 08:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/06 06:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る