サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

反逆者の月(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/495p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011601-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

反逆者の月 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 デイヴィッド・ウェーバー (著),中村 仁美 (訳)

人類が月だと思っていたのは、実は巨大な宇宙戦艦だった!5万年前に発生した反乱により、やむなく太陽系にとどまることになった戦列艦は、月を破壊し入れ替わったのだ。艦内はまった...

もっと見る

反逆者の月 (ハヤカワ文庫 SF)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類が月だと思っていたのは、実は巨大な宇宙戦艦だった!5万年前に発生した反乱により、やむなく太陽系にとどまることになった戦列艦は、月を破壊し入れ替わったのだ。艦内はまったくの無人。総員退艦した乗員たちは二派に分かれて、地球で戦いつづけている。だが今、怖るべき敵の襲来を告げる通信を受信した艦載コンピュータのダハクは、現状打開のため、月を探査中のマッキンタイア少佐を捕獲し、驚くべき提案をする。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

月って実は、宇宙戦艦だった。

2007/11/21 16:42

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この著者のD・ウェーバー、紅の勇者オナー・ハリントン・シリーズというのを
書いていらっしゃるそうで、
(ハヤカワから出ています)そのD・ウェーバーの処女作といってもよい、
ダハク(戦艦の名前、もしくは戦艦のAIの名前)三部作の第一作です。
 ちょっとわかりづらい説明になりましたが、
シリーズ物で有名な作者の幻(別に幻じゃないけど)の一作目が文庫で出たって感じです。

 人類が、月だと思っていたのは、なんと宇宙戦艦だった!。
という宣伝文句に誘われて読んでみました。
 我々が、月だと思っていたのは、
なんと遠い遠い、銀河彼方のとある帝国からやってきた宇宙戦艦だったのです。
そして、この宇宙戦艦では反乱が起き乗員が二派に別れて脱出、下船。
地球に住み、いまもなお戦っていたのです。
 それに巻き込まれた形の、NASAのマッキンタイアー少佐ですが、、、。

という設定というかプロット。

 設定や、一発ネタとしては、面白いのだけど、
この"肝"といってもよい、月が宇宙戦艦だったというアイデアが
生かされているのは、前半だけで後半は、普通のアクション・ミリタリSFになってしまいました。
それに、こういう大きい設定が、最後に実は、、、こういう枠組みで、こうなっているんですよと
どーん、と開示されると、読者として、すごーい!!とサプライズになるのだけど、
この重要な設定を最初にもってきてネタばらし的に書いてあるわけで、
ちょっとその辺は、尻すぼみ感があります。

 前、福井晴敏が「クリムゾン・タイド」についてか、「レッド・オクトーバーを追え」
かは、忘れたけど、敵側のロシアの潜水艦の内部の描写が
スター・トレックのクリンゴン側の艦内みたいに描かれてあって
判り易すぎて、アメリカ人って面白いって言っていたけど、
 本書でも、敵役(かたきやく)の反乱側の描写になると、
裏切りや、嫉妬、妬みみたいなものをたっぷり描いていて
わかりやすいなぁ、、と。

 アメリカのSF界って人材が豊富だなぁって
思わせる作品です。
(これって、褒め言葉!?)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/12 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/13 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/08 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/25 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/11 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/29 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/06 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/06 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む