サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴェネツィアに死す(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/166p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75124-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)

著者 マン (著),岸 美光 (訳)

高名な老作家グスタフ・アッシェンバッハは、ミュンヘンからヴェネツィアへと旅立つ。美しくも豪壮なリド島のホテルに滞在するうち、ポーランド人の家族に出会ったアッシェンバッハは...

もっと見る

ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)

691(税込)

ヴェネツィアに死す

421 (税込)

ヴェネツィアに死す

ポイント :3pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高名な老作家グスタフ・アッシェンバッハは、ミュンヘンからヴェネツィアへと旅立つ。美しくも豪壮なリド島のホテルに滞在するうち、ポーランド人の家族に出会ったアッシェンバッハは、一家の美しい少年タッジオにつよく惹かれていく。おりしも当地にはコレラの嵐が吹き荒れて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

老いていくことも、人に惹かれ勝手に思いを募らせることも、うっかりとした不注意も、すべて現実は酷いものなのだという厳しさに貫かれた名作。酷さゆえのめまいに襲われそうな……。

2007/05/05 21:55

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 四半世紀も前に観たヴィスコンティ映画「ベニスに死す」でかすかに記憶に残るのは、タッジオ役ビョルン・アンドレセンの波打つ金髪に濡れたようなくちびる、そして有名なラストシーン、タッジオへの思いを抱いた老作曲家アッシェンバッハの顔にしたたる墨色の液だれの酷さ。酷いけれども、ヴィスコンティはこの映画をやはり彼独特の美学のなかで描き切っていた。不世出の映画監督にとって、愛読小説の映像化は夢だったという。
 監督がなぜこの小説を映像にしたのか——その理由は以下のようなものだと思っていた。老いた芸術家への共感、同性愛と少年愛への志向、水の都に集う上流世界の人びとの社交という、視覚効果高い舞台設定への期待、そして人の滅びを美しく表現することへの欲。映画を観た後、私はトーマス・マンの原作を読まずに、そういったものだとずっと思い込んでいた。
 しかし、こうしていざ原作に当たってみると、トーマス・マンとヴィスコンティの微妙な差異に気づかされ、ふたりの芸術家の表現の違いに面白味を感じる。ヴィスコンティは美しい世界を描くことによって「酷さ」を際立たせた。一方、マンは決して酷さを「美」によって描こうとはしていないと思えるのだ。あるいは、美に流してしまうような対象の描き方をしていないと言ってもよい。
 マンは、酷いものは酷いのだと、現実は厳しく、老いることも片恋もごまかしようのない残酷な成り行きであり、恍惚や陶酔のような「美」に通ずる官能のしばらくを過ぎれば、そのあとの無念は覆い隠しようのないものなのだという姿勢で書いているように取れる。そういう非情な現実の受け止め方とは、どこかゲルマン的ではないだろうか。もっとも、マンの出自にはラテンの血も少し入ってはいるようなのだが……。
 では、ヴィスコンティがこの小説のどこに強烈な魅力を感じたのであろうか。もしかすると、こういう部分なのではないかという箇所に出くわした。
——孤独と沈黙の人が行う観察や、その人が出会う出来事は、仲間の多い人の観察や出来事よりも曖昧であり、同時に切実でもある。そういう人の考えはより深刻で、変わっていて、どこかに悲哀の影がさしている。ただ一度の視線、一度の笑い、一度の意見交換で簡単に片付けられるような映像や発見が、異常にその人を刺激し、沈黙の中で深められ、意味を持ち、体験となり、冒険となり、感情となる。孤独は独特なものを生み出す。(48P)
 引用したい文章はまだこの先もつづくのだが、自重する。この先の文章で明らかになるが、ここには芸術に向かう人の傾向が書かれている。このような部分を始めとする思念のいくつかが、芸術家の創作意欲をかき立てたことは想像に難くない。
 この思念というものが小説では重要で、それは作家である主人公(映画では作曲家)がヴェネツィアに旅するまでに全体の3分の1が費やされていることから分かる。次の3分の1が年端のいかない美しい少年に魅せられていく過程であり、そして残る3分の1が、ストーカーばりに彼の跡を追い身の破滅を自覚していくという内容となっている。映画では、なぜ旅するかという事情は、ここまで表されていなかったのではないだろうか。マンにとっては、「なぜ旅に出るか」「それもなぜヴェネツィアに向かうことになったのか」という結末に至るための経過が、少年への恋同様に大切な内面だった。
 そして、深い思念を離れ、無意識に老芸術家が起こした行動が、彼の運命を一気に暗転させてしまう酷さ。マンの姿勢は一貫している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/11 04:11

投稿元:ブクログ

“新訳”のわりに「ジプシー」や「せむし」といった単語が使用されているのも、オリジナルになるべく忠実に、という見地からなんでしょうかね。
他に高橋訳(新潮)・実吉訳(岩波)・浅井/佐藤訳
(角川)を持ってますが、わたしにとってはやはり高橋訳が1番です。慣れのせいもあるでしょうけど。

2007/05/18 18:42

投稿元:ブクログ

一度以前の訳のものを読みかけたのですが、訳が古いこともあり挫折してしまったことがありました。原本自体が古いというのもあってやはり少し古さを感じる文章ではありましたが、この新訳は非常に読みやすかったです。タッジオの美しさの描写が尋常じゃなく美しかったです。色々な詩歌からの引用が散りばめられた散文ですね。あと、視線に関する描写が印象強く(タッジオが最初は視線を慎ましく伏せ、それから見上げる…など)残り、視覚的なものが強い作品だと思いました。映画を見たことはありませんが、あちこちで見た写真のビョルン・アンデルセンの人間離れした美少年振りと言ったら!

2009/04/25 23:53

投稿元:ブクログ

これは…なんというか…おお…(せんりつ)。
圧倒的な耽美と官能と退廃に酔います。
指先ひとつ触れないのに、瞳しか見てないのに、しっかりうしろぐらいエロスが存在するんだもの。
古びるなんてとんでもない、これぞ古典と言うべきなのでは。
ずっと読みたい読みたいとは思ってたんだけど、読んでよかった!

2009/12/23 14:49

投稿元:ブクログ

高貴で有能な精神はなによりも認識の鋭く苦い刺激を速やかに徹底的にうけつけなくなるようである。
太陽は知性と記憶を大いに麻痺させ、呪縛する、その結果、魂は深く満たされて自分の本来の状態を忘れ果て、陽光の恵みを受けたものの中で最も美しいものに驚愕し、それを讃美し続ける。
余すところなく感情となることのできる思想、余すところなく思想となることのできる感情、それは作家の幸せである。
なぜなら美は、パイドロスよ、ここをよく注意してくれよ、ただひとつだけ美が紙のものであると同時に肉の目で見えるものなのだ。

2009/04/14 22:57

投稿元:ブクログ

劇的で美しくて破滅的で準古典ならではの明快さ。題材には時代を感じるけどこの美しさは普遍だと思う。ってか個人的にこういうお話は大好き。
新訳読みやすかった!でもなんとなく味がなくてさっぱりした感じ。話はよく分かったから重厚な古い翻訳で読んでみたい。

2014/07/12 12:38

投稿元:ブクログ

同性愛の要素はあるけれども、
決して露骨なものではなく、
美の象徴、といった感じのもの。

その時代ではピークを過ぎた作家が
出会うことになった輝ける存在。
その魔力ゆえに、彼は彼が感じえていた
動物的勘を鈍らせて、結局は最悪の
事態を招いてしまいます。

人は誰しもがこういった危険をはらむもの。
こういった例ではないにしろ、
いつ、どういったことで、「どうしてこうなった」
になることか。

だけれども、最悪の事態と引き換えに、
堪能できた一時の夢は、美しいものでした。

2013/10/30 17:34

投稿元:ブクログ

懸命な仕事ぶりで多大な業績をあげた初老の芸術家が、保養先で美少年に出会い、恋に落ちていく様子を描く。それまでの人生からすればまるで逆の生き方、すなわち欲望のままに生き、堕落して行くさまはデカダンスと言えるが、一方で人間らしくまっすぐな生き方であるとも言える。一貫してゆったりとした調子で物語は進んでいくが、その結末はあまりにも甘く、悲しい。

2013/02/23 12:02

投稿元:ブクログ

映画のイメージがどうしても先に立ってしまうけれど、非常に面白かった。アッシェンバッハは幸せに死んでいったのだなと思う

2012/03/04 14:45

投稿元:ブクログ

さっくり読みたかったので光文社にしたが文章が美しくない。

ヴィスコンティの映画は、原作を、目には見えないはずのアッシェンバッハの心理描写までをも演技で忠実に再現していて本当に驚いた。

2015/01/18 16:06

投稿元:ブクログ

【本の内容】
高名な老作家グスタフ・アッシェンバッハは、ミュンヘンからヴェネツィアへと旅立つ。

美しくも豪壮なリド島のホテルに滞在するうち、ポーランド人の家族に出会ったアッシェンバッハは、一家の美しい少年タッジオにつよく惹かれていく。

おりしも当地にはコレラの嵐が吹き荒れて…。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2016/03/03 22:18

投稿元:ブクログ

生きた人間であるのに、まるで美術品のようで生の匂いのしないタッジオ。
アッシェンバッハが、そんな彼に心惹かれ、引き込まれるように死に沈んでいく。
不謹慎かもしれないが、それにこそ美しさを感じずにはいられなかった。

2011/11/23 15:43

投稿元:ブクログ

濃厚な死の気配。
老作家、アッシェンバッハを魅了して止まなかった青白い顔をした美少年タッジオ。彼は、性別や生死をも超越したような存在に思えた。

2011/12/20 15:06

投稿元:ブクログ

だいぶ前に読んだので,詳しくは覚えていません。
もう一度読み直したら、書き直します。

トーマスマンで読んだ記憶があるのはこの本だけかも。

2012/04/24 15:10

投稿元:ブクログ

今月12冊目。今年の48冊目。

20世紀の作家トーマス・マンの作品。まぁよくわからなかったていうのが感想です。もっと正確に言うと、書いてある内容はわかったけど、この本の面白みや何を伝えたかったのかが、今いちわからん。まぁテーマは少し斬新だとは思ったけどね。こういう外国の古典はやっぱ作家の背景や国、歴史をしっかり調べないと面白さはきっとわかりづらいんだろうなーと思いました。