サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

蟬時雨のやむ頃(flowers コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 260件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: flowers コミックス
  • サイズ:18cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-167025-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

蟬時雨のやむ頃 (flowers comics 海街diary)

著者 吉田 秋生 (著)

男の部屋で朝を迎えた三姉妹の次女・佳乃(よしの)に父の訃報(ふほう)が届いた。母との離婚で長い間会っていない父の死に、なんの感慨もわかない佳乃は…。 鎌倉(かまくら)を...

もっと見る

蟬時雨のやむ頃 (flowers comics 海街diary)

589(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

432(税込)

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

ポイント :4pt / 紙の本より157おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「蟬時雨のやむ頃」が含まれるセット商品

商品説明

男の部屋で朝を迎えた三姉妹の次女・佳乃(よしの)に父の訃報(ふほう)が届いた。母との離婚で長い間会っていない父の死に、なんの感慨もわかない佳乃は…。 鎌倉(かまくら)を舞台に家族の「絆(きずな)」を描いた限りなく切なく、限りなく優しい吉田秋生の新シリーズ!!

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第11回)】【マンガ大賞(第6回)】【小学館漫画賞一般向け部門(第61回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー260件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

進化し続ける作家

2008/10/05 13:28

27人中、27人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カフェイン中毒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

祖母が亡くなり、残された鎌倉の家に住む三姉妹のもとへ、
子供の頃、家族を捨てて出て行った父親の訃報が届く。

当時の母の苦しみを知るため、複雑な想いを抱える長女。
お父さんが死んだと聞かされても、なにも感じないことに戸惑う次女。
死顔を見ても、知らないオッサンだと言う三女。

葬儀で三姉妹は、存在すら知らなかった中学生の四女に出会う。
すでに母を亡くし、父親を看取り、頼りにならない継母を気遣い気丈にふるまう四女。
いったいこの中学生の少女は、
悲しみや寂しさ、やりきれない想いをどこに吐き出してきたのだろうか。

彼女を甘える存在であるべき子供に還し、家族として迎えたのは三姉妹だった。
末っ子が、出会って間もない姉たちと暮らすことを決断するのに十分なエピソードが、
とてもとても印象的である。

鎌倉の生活に、姉たちとの日々に、少しずつ慣れていく少女。
彼女を受け入れ、見守り、自分たちも様々なことを乗り越えていく三姉妹。
なんでもない毎日を、ときに印象的に切りとっていく物語だ。

もうすぐ続きの巻が出るはずで、久しぶりに1冊目を読み返してみた。
胸が締めつけられるような感覚はあいかわらずで、吉田秋生のすごさを思い知る。

大ヒットした『BANANA FISH』の連載を終えた頃、彼女が何かのインタビューで語っていた。
この作品の連載中から、ベタなこと、こっ恥ずかしいと思っていたことが、
開き直って描けるようになったかなと。

デビュー時からとても器用に作品をまとめ、短い中にも必ず心を打つものを残してきた彼女が、
たしかに近年、ストレートなセリフを書くことが多くなったように思う。
短編を描くときに、それが弊害になったりしないのかと気をもんだが、
まったくのとり越し苦労だったことが、すぐにわかる。

重いテーマをあいかわらず軽やかにまとめあげ、そのくせ「物足りなさ」など感じさせもしない。
昔の作品のほうがよかったなどとは言わせない、ベテランの実力なのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人と出会うということ、人と交わるということ。

2007/06/18 21:58

20人中、20人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトウジョン - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉を舞台に、ある家族とその周辺の人々のそれぞれの関係・他人との交わりの姿を細やかに描いた物語。
父の女関係が原因で両親が離婚。その後母も再婚を機に実家を出、残された3人姉妹は祖母とともに古い家に暮らし続けた。
厳格だった祖母が亡くなり、それぞれが成人した今も3人姉妹は鎌倉の家に住み続けている。
そんなある日、別れたきり会っていない父の訃報が突然に届いた。
相続の件もあるし是非、と言われて訪れた父の居所は山形の田舎。そこで3人は父の娘だという中学生に迎えられる。
そう、彼女は3人の義理の妹になるのだった・・・・・。
これが表題作である「蝉時雨のやむ頃」。
他に次女とその恋人との偽りを描いた「佐助の狐」、4人目の妹がメインの友情モノ「二階堂の鬼」が収録おり、どれもテーマは一貫して“人と人とのかかわり”である。
家族・男女・友情・・・それぞれの交流の形が、決して重過ぎない筆致で明るく軽やかに描かれている。
なにより3姉妹(後、4姉妹)の家庭での姿が実に自然で魅力的。
特に好きなのは3人が台所に座り込んで自家製の梅酒を味見しているシーンなのだけれども、家族であり気のおけない女友達であり・・・という雰囲気がとても心地よく感じられる。
ベテラン・吉田秋生だけにストーリーそのものが安定感のあるこなれ具合なのは勿論だけれども、さらに鎌倉という舞台そのものも演出効果に一役買っているように感じる。
港町であり古都であり、洒落た都会のようで情緒的な町並みでもあり、海の明るさと暗さが印象的で象徴的なようでもあり。
普遍的なテーマを描いたこの作品にこれ以上なく相応しい舞台だと思った。
性別、世代にかかわらず多くの人に読んでもらいたい作品である。
家族や友人や恋人や、身近な人たちに対してふいに感謝の念がわく・・・・、そんな気にさせてくれる作品は貴重だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気に読んでしまいました

2016/05/24 14:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初立ち読みだけのつもりでしたが面白くて続きが読みたくなり電子書籍を購入しました。
ストーリーの展開が面白く途中でやめられなくなり一気に読み終えてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

人生の重みもさらりと

2016/05/24 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kirie127 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画になった作品ということで、手にとってみました。人間関係の重いごたごたも、さらっと表現され、嫌気を感じずに読むことができました。看護師や、理学療法士といった医療職も登場しますが、そこからの目線で語られる言葉に、同職業ながら身につまされるところもありました。あくまでも個人的にですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新たな家族がもたらす新たな日常

2016/03/07 20:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

祖母の遺した鎌倉の家に住む香田家の三姉妹の元に届いた、15年前に自分たちを捨てた父の訃報。

幼くして別れたがゆえに父の記憶があまりなくその死を悲しいと思えなかった次女・佳乃と三女・千佳、妹たちより父のことをはっきりと覚えているがゆえに父を許せずにいた長女・幸。
合わせる顔がないと最期まで三姉妹と会おうとしなかったという父との楽しい思い出を蘇らせてくれるきっかけとなったのは、父の葬儀で出会った幸にそっくりな異母妹・すず。母に続き父をも失いながら気丈に振る舞うすずの姿に、父との離婚で傷ついた母を支えようと早く大人にならざるを得なかったかつての自分を重ねた幸はすずに「一緒に暮らさない?」と提案。
それに即答したすずが姉たちの住む鎌倉へと移り住むまでが、「蝉時雨のやむ頃」で描かれます。

「佐助の狐」で語られる、佳乃とその恋人・朋章との別れ。互いについていた嘘が互いにバレ、二人は別れを決めます。まだ高校生である朋章が背負う重い事情を持ってあげられるのは自分ではないと悟り、その背に「さよなら」と心の中で告げ佳乃の恋は終わりを告げます。

「二階堂の鬼」で千佳の勧めで地元の少年サッカークラブに入団したすず。そのチームの主将・裕也が病のため右脚を切断することになる。裕也の代わりに主将を務めることになった風太は「足を失ったことのない自分に裕也の気持ちは分からない」と悩みながら、すずの励ましもあり主将として奮闘していきます。

鎌倉での日常の中で最初は姉たちに敬語で話していたすずが素で話すようになり、佳乃は恋人の前ですずの名を昔からいるように呼んだり。自然と心の距離を近づけていく四姉妹の生活に、まるで読み手の自分も溶け込んでるような気持ちになります。
ぜひこの日常に、入りこんでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2015/10/23 08:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プイプイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達に勧められて読んでみました。面白いですねー。基本、お気楽に読める作品ですが、時々、ウルッとくるのがいいです。私は医療関係者なので、一番上のお姉ちゃんの話とか、かなり詳細に取材してかいてるんやなー、リアルやなーって思います。四姉妹に親近感が持てて、好感度高いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

登場人物が良い

2015/09/29 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すべりひゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物がそれぞれ魅力的だなあと思いました。
すずはとても可愛くて、こんな妹、私も欲しいです。
4姉妹で、細雪っぽいですね。雰囲気のある物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

吉田秋生さんとは

2016/11/20 06:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明日のことは明日に今日のことも明日にしよう - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画になったこの漫画、どんなんかなーと読んでみたら、見たことがある画。BANNAFISHの人ではないですか。
やっぱり、人間ドラマの描き方が上手。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すっと馴染む日常

2016/03/07 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

もとからそこにいたように、すーっとすずが街に馴染んでいくように、私自身も海街の世界観に入り込めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2016/02/04 15:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラヴァーズ・キスを読んでとてもよかったので、早速買いました。人間らしい感情があふれていて、共感する部分も多かったです。家族は大事だなとあたりまえのことをしみじみ感じました。去年映画化もされていましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かったです。

2015/09/24 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

空気感が素敵な話でした。読んでいても、映像を見ているような気分になりましたが、映画も見てみたいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2015/07/17 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuu - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルがわかりづらいのは、狙いなのでしょうか?
何巻では無いので、どれから読んだら良いのか分かりづらいです。
内容は、深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

地に足のついた作品

2014/09/13 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nano - この投稿者のレビュー一覧を見る

地に足のついた、人と人との温かいつながりを感じるよい作品でした。
映画化するそうですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

う〜ん

2015/02/01 15:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:1024 - この投稿者のレビュー一覧を見る

漫画の中に出てくる料理を再現されている方のブログで面白いと評価が良かったので、Amazonなどの口コミを参考に購入を決めました。Amazonでは1〜5巻まですべてにレビューが書かれており、レビュー数も60や80くらいあるので期待していました。文字が多いので読みごたえはあります。また4姉妹のキャラもそれぞれ違いそこは面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/06 08:46

投稿元:ブクログ

現在のところの最新作。鎌倉が舞台。というか、これは新シリーズで、これからどんどん展開していくのだろうかね。まだ流れは散漫。だけど、掴みはグー。といったとこ。(07/6/6)

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む