サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 昆虫の食草・食樹ハンドブック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昆虫の食草・食樹ハンドブック
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 文一総合出版
  • サイズ:19cm/80p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8299-0026-0
  • 国内送料無料

紙の本

昆虫の食草・食樹ハンドブック

著者 森上 信夫 (著),林 将之 (著)

代表的な昆虫82種と、その主な食草・食樹68種を、収録昆虫のライフサイクルを図化した「生活史カレンダー」を掲載し、探し方を具体的に解説。また、葉のスキャン画像も掲載し、植...

もっと見る

昆虫の食草・食樹ハンドブック

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

代表的な昆虫82種と、その主な食草・食樹68種を、収録昆虫のライフサイクルを図化した「生活史カレンダー」を掲載し、探し方を具体的に解説。また、葉のスキャン画像も掲載し、植物の見分け方と探し方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森上 信夫

略歴
〈森上信夫〉1962年埼玉県生まれ。昆虫写真家。96年「伊達者共演」で第13回アニマ賞を受賞。
〈林将之〉1976年山口県生まれ。樹木や自然分野でフリーライター、編集デザイナーとして活動。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 アゲハとミカン、ギ...

ジュンク堂

 アゲハとミカン、ギフチョウとカンアオイ、オオムラサキとエノキなど、昆虫の幼虫が特定の植物を餌にすることは広く知られています。昆虫愛好家にとっては飼育や採集の手がかりとして、植物愛好家にとっては食害虫として、その関係は重要視されていますが、それ以上に、彼らは私たちに地球に住む同じ生き物として、「生命のつながり」の大切さとそれが今失われつつあることを気付かせてくれる貴重な存在なのです。

 そのような観点から、本書では、身近もしくは代表的な昆虫82種とその食草・食樹68種について、それぞれ昆虫と植物の立場から生態、特徴、探し方などを簡潔に記述しています。また、可能な限り、観察の際に役立つと思われる昆虫の様々な生育段階や食痕の写真、食草・食樹の葉のスキャン画像、昆虫の生活史カレンダーを掲載し、コンパクトながらも情報量は豊富です。

 同じ生き物を見るのでも、その特異な関係を知ることで、自ずと世界が違って見えてくることでしょう。それは、素晴らしい生命の物語なのです。

出版ダイジェスト:2007年5月
テーマ『ぼくらの科学 生命 宇宙 数学 不思議に満ちた科学を…』より

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こんな葉っぱにこんな虫。

2017/05/27 16:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昆虫とその食草・植樹が同じページに掲載されている、一寸発想が面白い図鑑です。
昆虫82種、植物68種。

オオムラサキを見たい、と思ったら幼虫をどこで探せばいいか。産卵に来る成虫もその樹に来るはず。では、その「食樹」はどこで判別できるのか。昆虫に興味のある人はそんな風に使えます。
植物に興味のある人は観察中に「イモムシが食べてる」と気づくときがある。「この虫は何?」と調べたいときに、手掛かりになりそう。

昆虫の探し方や植物の探し方のポイント解説も載っています。どちらか片方はある程度知っているけれど、という人には見方を広げるのに役立つと思います。
写真は綺麗で説明も簡潔で分かりやすいですが、ハンドブックなので掲載種は限られるてしまいます。調べ方・楽しみ方をちょっと広げていくにはいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

組み合わせが面白い

2015/11/12 06:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:elfin - この投稿者のレビュー一覧を見る

食べる昆虫と食べられる葉っぱ。アゲハチョウはなんとなく山椒を食べるイメージがあったけど、身近にある木々を食べる昆虫が結構いることがわかり面白い発見もあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/10 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/20 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

植物・森林・樹木 ランキング

植物・森林・樹木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む