サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

FUTON(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-275718-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

FUTON (講談社文庫)

著者 中島 京子 (著)

日系の学生エミを追いかけて、東京で行われた学会に出席した花袋研究家のテイブ・マッコーリー。エミの祖父の店「ラブウェイ・鶉町店」で待ち伏せするうちに、曾祖父のウメキチを介護...

もっと見る

FUTON (講談社文庫)

713(税込)

FUTON

594 (税込)

FUTON

ポイント :5pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日系の学生エミを追いかけて、東京で行われた学会に出席した花袋研究家のテイブ・マッコーリー。エミの祖父の店「ラブウェイ・鶉町店」で待ち伏せするうちに、曾祖父のウメキチを介護する画家のイズミと知り合う。彼女はウメキチの体験を絵にできるのか。近代日本の百年を凝縮した、ユーモア溢れる長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

一世一代の名作についての「一世一代の名作」

2007/05/25 19:45

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説の面白さは、「1度『FUTON』を読んだ読者は、サンドイッチチェーンのSUBWAYをもはやこれまでのように眺めることはできず、現代文学の僥倖を思い返しては、思わず笑みをもらさずにはいられない」というような喩えでいいあらわすことができるかもしれない。それくらい、中島京子の『FUTON』は面白く、刺激的で、わたしたちの日常生活(とそのまなざし)を根底的にゆさぶるほどの筆力で迫ってくる。とはいえ、ストーリーは、永遠の定番ともいうべき、通俗この上ない男女の三角関係を柱としている。しかも、若い男女と、中年男性。もちろんこれは、日本近代文学史上、一世一代の名作の1つともいえる田山花袋『蒲団』のモチーフでもあるのだが、中島京子はそれを核に、いささか複雑なバリエーションで、この三角関係を多様に同時展開させながら、そのことによって現代文学の新境地を開拓していく。そこには、老人介護問題が、あるいは甦る玉の井が、さらには書き直される『蒲団』=『蒲団の打ち直し』が飛び交い、そのカラフルでしかし批評的に巧まれもした小説は、読者を幸福な文学の記憶/未来で包み込むと同時に、それ自体つまりは中島京子『FUTON』もまた、「一世一代の名作」と化していくのだ。(とはいえ、中島京子は一発屋ではなく、その後も素晴らしい作品を書いています)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

打ち直された蒲団にくるまれてしまおう

2011/06/20 11:36

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:辰巳屋カルダモン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 田山花袋の明治の『蒲団』と中島京子の平成の『FUTON』を揃えた。
まず『蒲団』を読了し、たくさんの「?」を抱えながら『FUTON』に掛かる。

 実は中島京子作品は初めてだ。ヒヤヒヤしながら読み始める。
1ページ目半ばで、早くもアタマの中にOKサインが出た。読み進むほどに安心感が増す。

 メインストーリーは『蒲団』を連想させる内容だ。そこに「蒲団の打ち直し」なる小説内小説が織り込まれる。
主人公は日本文学専門のアメリカ人教授という変わり種。授業や講演会という形で自然に『蒲団』の解説が入るのは嬉しい。

 著者のものがたりは巧みだ。何でもない日常が著者の手にかかると、とびきりの非日常に化ける。

 95歳の老人ウメキチは繰り返し同じ夢を見る。毎度同じセリフで、あいまいに途切れる。途中、うっかり退屈しかけた。だが「果てしない繰り返し」「あいまいさ」こそが95歳の脳内そのものだ、と思い当り背筋がひんやりした。

 「蒲団の打ち直し」部分はさらに見事である。読むごとにパズルのピースが「くっ」とはめ込まれる爽快感がたまらない。
「そう、そう思った!」「あ、それは気がつかなかった!」「そこまで想像の羽を広げるの?」などと一人ごちながら、実に楽しく読んだ。

 最終盤で主人公は、友人になぜ花袋の『蒲団』が好きなのか?と問われる。
その答えは……ああ、このセリフを日本男子が発するわけにはいくまいよ、主人公は中年アメリカ人男性しかなりえないのだ!と一気に腑に落ちた。

 読後感がまた素晴らしい。それは充分に干した蒲団にくるまれたような安堵感だ。
人がみな愛おしく思え、明日が少し待ち遠しくなる。

 『蒲団』と『FUTON』を同時に読める、21世紀に生きる幸せを心からかみしめる。
ぜひ、2冊セット販売して欲しい!付録は、ミニチュア蒲団、またはリボンで!(注;付録は選べません)


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/14 13:00

投稿元:ブクログ

田山花袋の「蒲団」を読んで準備万端です。

アメリカ人の日本文学者デイブを主人公に
「蒲団」の物語を妻の立場からリライト。「蒲団の打ち直し」
さらにデイブとその教え子の日系人エミを主人公に現代版「蒲団」、
エミのおじいちゃんの記憶(ボケ?)の話の3本柱に描かれてます。
3つも絡まってるのに、ごちゃごちゃになることもなかった。
おもしろかったです。
それにしても「蒲団」の主人公は好かん。

2011/11/09 23:17

投稿元:ブクログ

家族のペースメーカー埋め込み手術の日に、病院の売店で見つけた。どこかで作者名と書評を読んだ気がしたのだが、何をどう書いてあったかさっぱり覚えていなかった。ただ、田山花袋の「布団」といえば、日本文学を専攻した人間には常識。一応、元の小説も図書館で読んだこともあった。本当のことを言うと、高1のときの国語の先生の「出て行った女の弟子の布団の残り香を嗅ぐ」という、先生自身も「え?」と思った話が印象に残っていたのだけど・・。
で、最終的に、手術の待ち時間に読む気になったのは、冒頭に出てくる蕎麦屋のじいさんが「ペースメーカーで思いがけず長生きをした」とかいう部分を読んだから・・。親戚に蕎麦屋がいることも縁を感じた。
ただ、慣れるまではちょっと読みづらかった。映画のプロローグのように・・。それが、終盤は走るようにして読み終えた。あまりにいろいろなものがはめ込まれていたもので、何度か前のページをめくって確認したほどだ。
この作家の作品、我が家にもう一冊ある。読むのが楽しみだ。

2010/06/14 21:39

投稿元:ブクログ

タイトルからもおわかりのように、田山花袋の〝蒲団〟を本歌取りした長編小説です。
感想を簡潔に述べるとすれば〝おもしろかったぁぁぁ〟のひと言に尽きます。
主人公はアメリカの大学で教鞭をふるう日本文学研究者。女性を巡る彼の私生活と、彼が〝蒲団の打ち直し〟と題して、女性視点で焼き直して書き上げた小説。そして、東京の下町に暮す百歳になろうとする老人とその周辺の人々・・・これら3つの物語が交錯しながら、ストーリーは展開していきます。
ただ面白いというのではなく、人が生きていく上で背負わなければならない重荷、その過程で深く刻み込まれる心の傷痕などもしっかり描かれていて、断片的に語られる老人の過去などは、胸に突き刺さるものがありますよ。
日本文学史に残る花袋の〝蒲団〟ですが、そのタイトルだけ知っていて読んだことないという人でも、中島京子さんの〝FUTON〟には、すんなり入り込めると思います。また、花袋の〝蒲団〟を理解する上でも、〝蒲団の打ち直し〟は、良いサブテキストになるのではないでしょうか?
デビュー作とは思えぬほどの面白さでしたぁ。

2010/04/26 23:43

投稿元:ブクログ

なんとも近代的な名前をつけてもらったものだ。
美穂。
美しい、実り。

原作では名前さえ与えられなかった女性が本作では主人公の座を射止め、物語を語りはじめた。
田山花袋の『蒲団』を題材にとって瑞々しい女たちの姿が動き始める。

自分の夫が奔放な女弟子に翻弄される姿を悔しい思いで見つめつつ
生活が荒れないようにあたりに目を配る主婦の目。
華やかな女弟子の姿に母としての日常に追われ「女」を捨てている、と目が覚める瞬間。
その気づきが豊かな実りをもたらすのだろう。
「女」なだけでは身につけられない母の豊かさ。
永遠の男の子である夫の目には気づかれないかもしれないが、女は何食わぬ顔でと変化を遂げるのだ。
女弟子には到達できない豊かさであるかもしれない。
ふてぶてしさと豊穣。
明治の女の強さと平成の女の肝の太さ。
男は幻惑させられる。
なぜなら彼は女の一面しか見ないから。
一面にしか執着できないから。

2007/05/16 10:13

投稿元:ブクログ

何気なくタイトルに惹かれて手にした本だったのだけれど、予想以上に深く面白い小説だった。
中島京子という人も初めて知ったのだけれど他にも幾つか書いているようなので是非読んでみたい。

2007/06/03 13:06

投稿元:ブクログ

面白かったです。
自分の中で、こういう小説をどう分類すればいいのかはわかりませんが。分類する必要もないけどね。

2012/08/19 22:10

投稿元:ブクログ

時代、性別、師弟関係が、3セット。少しずつ3セットが重なりあって、なんとも不思議な情報量に膨れていく。それをみる、妻たちのシビアさ!小説「蒲団」の打ち直し(パロディ?リメイク?)と、小説内の布団の打ち直し(リユース)の言葉遊びにシビレる。

2010/08/24 22:37

投稿元:ブクログ

打ち直しの部分はおもしろいけど、現代の部分が私には刺さりませんでした。特に登場人物の多くその人たちの言動に無駄が多い気分。

2014/11/23 12:34

投稿元:ブクログ

夜になると降るように星が天を飾って、それを二人して見上げている時間の幸福を思うと、このまま石のようにそこで固まってしまって、永遠のときを生きることができたらと思うほどでしたのに。いままで私が私だと思っていた小さな存在がなんだか透明に解けてなくなってしまうようでしたの。

2010/10/24 22:02

投稿元:ブクログ

田山花袋を研究しているデイブは
学会を理由に年下の恋人エミを追って日本まで来てしまった。
しかしエミにはユウキという同年代の恋人もいた。
一方エミの曽祖父であるウメキチはヘルパーのイズミに助けてもらいつつ
戦時中一緒に逃げたツタ子を思い出してやまない。
「布団の打ち直し」に沿って描かれた三角関係たち。
カバー装画:武藤良子 カバーデザイン:藤田知子

恋愛矢印がいろいろな方向を向いていて結構複雑な関係なのに
すんなりと人物図が掴めます。
キャラとしてはイズミが一番好きかなぁ。
ざっくりしているようでちゃんと考えているところとか。
解説にもあったけれど本当に女が強い物語です。

『布団』を読んだらもっと楽しめるのかも。

2011/02/11 01:20

投稿元:ブクログ

時代が行き来する設定で面白い。花袋の「布団」も未読だったので、興味があった。ただし、読後は「えっ」というやや悲しい気分に。

2008/05/11 08:21

投稿元:ブクログ

田山花袋『蒲団』の打ち直し作品。物語と、デイブマッコリーによる『蒲団』の打ち直しが綺麗にリンクしていて面白い。一気に読める。誰の声も聞こうとしなかった竹中時雄とは違い、様々な人物の声に耳を傾ける(傾けられる様になった)デイブ。登場人物の名がカタカナな事や、人物設定に込められた謎も気になる。

2008/02/15 00:42

投稿元:ブクログ

日本現代史でタイトルとか名前は誰でも聞いたことあり、と思われる田山花袋の『蒲団』を研究するアメリカ人文学者デイブ・マッコーリー(息子ありのバツいちのアメリカ人)、デイブの教え子で愛人の日系アメリカ人エミ・クラカワ、エミの母親の親族で東京鶉町で戦後から蕎麦屋をやっていた明治生まれの老人ウメキチ、ウメキチの息子で蕎麦屋を外資系サンドイッチチェーン店に商売換えした二代目タツゾウ、画家を目指しつつ絵では喰えないので介護ヘルパーとしてウメキチのところに通ってくるイズミ、イズミが一緒に暮らしているケンちゃんことハナエ、などなどの人物が、アメリカと日本、花袋やウメキチの時代と現代を行きつ戻りつしながら、とても簡単には説明できないのですが、なんとなく遠巻きに絡まりあってつながって円を描いているような、そんな独特なお話でした。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む