サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英文の読み方(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.5
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431075-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

英文の読み方 (岩波新書 新赤版)

著者 行方 昭夫 (著)

辞書を引きつつ何度読んでも、読めた、という実感がない…。けれど心配ご無用! 多読、精読、翻訳へとすすむ5つのステップを踏破するうちに、「読みのポイント」がみえてきます。ワ...

もっと見る

英文の読み方 (岩波新書 新赤版)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

辞書を引きつつ何度読んでも、読めた、という実感がない…。けれど心配ご無用! 多読、精読、翻訳へとすすむ5つのステップを踏破するうちに、「読みのポイント」がみえてきます。ワンランク上の実力を目ざす人必読の一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

行方 昭夫

略歴
〈行方昭夫〉1931年東京都生まれ。東京大学教養学部イギリス科卒業。同大学名誉教授。東洋学園大学名誉教授。専攻は英米文学。著書に「英語のセンスを磨く」「英語の発想がよくわかる表現50」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

2011/06/16 21:17

投稿元:ブクログ

多読、精読、筋をつかむ、行間を読む、というのを、豊富な英文解釈例とともに解説してわかりやすかった。が、日本語の翻訳文があまり好みではなかった…

2007/07/09 21:49

投稿元:ブクログ

I love youは「愛している」ではないようです。文脈によって意味が変わってくる。そういうお話です。使われている例文のレベルはそこそこ高いので、英語初心者の人には難しいかも知れません。しかし、逐語訳ではなく文脈を捉えた訳をしていく手法は、見習うべき点も多く、英語学習者は読んでみることをオススメします。

2008/02/24 14:19

投稿元:ブクログ

2008/2
英文について、どのように読むと理解がしやすいのか書かれた本。従来の日本の英語教育とは違う、英文を英文として理解することを中心に書かれている。比較的平易に解説しているが、内容は結構難しい。

2007/08/03 18:54

投稿元:ブクログ

英語をフィーリングだけではなく、
より深く、より正確に読むことをすすめている。
その方法として、まず最初に簡単な英文をたくさん読む、
多読を推薦している。
その後、一語一語を丁寧に読む精読を提案している。
正確に理解していることを試す方法として和訳が効果的である。
さらに一歩先を行きたい読者には翻訳をすすめる。
和訳も翻訳も、一語一語を逐語的に訳すのではなく、
時代背景や、著者の気持ちを汲み取るように文脈を考えることが大切。
そのためには当然と思われているような語でも、
意味が通らなければ納得するまで辞書を引くことが述べられている。
本書の中には練習用、具体例として、さまざまな英文が載せられている。
用途、ジャンルによって英語にもさまざまな種類があることが分かる。
著者は翻訳家のレベルになるには、
言うまでもなく、もちろん読解力は必須であるが
それだけでは不足で、聴解力、筆記力、会話力と共に
四技能全てを鍛えなければかなわない夢であると述べている。
英語を真に理解することは非常に大変だと思った。

2007/12/11 12:01

投稿元:ブクログ

新書でありながら大学の英文解釈の講義を再現したような内容で、ある意味すごい。英文を正確に和訳することの奥深さを伝えるこの一冊は、すらすら英文を読みこなせるようになりたいと想っている英語初学者にはかなり遠回りしているような印象を与える。単語や熟語に一対一対応の意味で読んでいたのでは筆者の想いを汲み取るには不十分で、文脈や背景、コンテクストの理解が必要だ。知っている単語でも辞書を引け。部分を見て全体を見失ってはいけない。英文でよく使われる指示代名詞は何を指しているか。挿入句にはどういう働きがあるか。会話力が重視される中で、極めて「学校英語」的でありながら、「受験英語」のようなわかりよさはない。
言語の森を切り開いていくには、相応の準備と手順、それから来る見識の積み重ねが必要になってくるということを教える、極めてまっとうで基本的な好著。文学作品からの例文が多かったので、個人的にはあまり親しみがなく苦戦。

2008/07/23 19:38

投稿元:ブクログ

同著者の『英語のセンスを磨く』の新書版といったところで、実際に文学作品やエッセイ、記事などの一節を読みながら、訳し方のポイントやコツを伝授する、という本で、あとがきにも書かれているが、安易な「ハウ・ツー物」ではないので、「実用的な」ものを期待する向きには合わないかもしれない。特に後半は難しい、文学作品からの英文が取り上げられているので、新書とは言えじっくり考えながら読みたいところ。どの英文にも、解説を読むと必ずあっと言わせる発見があるから、この著者の英文解釈に対する造詣にはものすごいものがある。もう一度、この本の英文を読み直したり、『英語のセンスを磨く』をきちんと読んだりしてみたい。(07/06/14)

2009/06/02 15:23

投稿元:ブクログ

・英語の授業を受けているように、とてもわかりやすくポイントなどが記されていた
・英語を日本語のようにスラスラと読めるようになるには、文法だとか構文ではなく、長年で培った勘が一番
・文章の書き方が上から教えるという感じではなく、一般的ん目線で書かれている
・真面目な本なのだが、所々におもしろさもある

2012/11/28 22:53

投稿元:ブクログ

 翻訳家を目指す人のための本でした。私は、日本語の意味が取れて早く読める事を目標にしているので、ちょっと外れました。
 でも、分かりやすい良い本でした。

2011/04/25 20:14

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
辞書を引きつつ何度読んでも、読めた、という実感がない。
どうすればいい?
「木を見て森を見ず」「ピンぼけ訳の習慣」と、原因は人それぞれ ―けれど心配ご無用!
多読、精読、そして翻訳へとすすむ5つのステップを踏破するうちに、「読みのポイント」がみえてきます。
ワンランク上の実力を目ざすあなたへ、必読の1冊。

[ 目次 ]
0 はじめに―準備にかえて
1 「英文」に慣れる―まずは多読で腕試し
2 正確に読む―1語1語を徹底的に
3 筋を読む―論理の継ぎ目が肝心
4 行間を読む―「言外」のニュアンス
5 翻訳へのステップ―日本語表現のコツ

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2014/10/05 17:59

投稿元:ブクログ

インスタントを期待したが,そうは簡単にいかない.
大学時代こういう授業を受けた記憶があるが,社会人になてから英文はさっと読んで大体の意味が分かれば良いという読み方ばかりしている.
精読の大切さはよく分かったが,時間が無い・・・

2014/06/26 10:53

投稿元:ブクログ

岩波嫌いの私だが、こういう学術書はさすがだ。
英文読解の楽しさ、英文を読み解けた時の快感を久しぶりに思い出させてもらった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む