サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヴェニスの商人(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/06/01
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75130-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)

著者 シェイクスピア (著),安西 徹雄 (訳)

ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫)

535(税込)

ヴェニスの商人

508 (税込)

ヴェニスの商人

ポイント :4pt / 紙の本より27おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

シャイロックへの共感、シェイクスピアの深い視線。楽しく読めるが、深くも読める。やはり古典の名作である。

2007/10/11 16:38

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルからすれば金を借りる側のアントーニオやポーシャを見事射止めるバッサーニオの話が中心なのだろうが、どうしてもユダヤ人シャイロックについて考えてしまうこの戯曲「ヴェニスの商人」。愉快で楽しめるところと人間を深刻に考えさせるところとが、この作品には混じりあっている。
 場面展開の速い劇であるが、軽快さのある訳でテンポ良く読み進めることができた。喜劇的要素も多いこの作品では、地口など、言葉の遊び風の部分も結構あって、その訳し方に現代性、翻訳者の創意が問われるところである。この翻訳は下品になりそうなところもさらりとこなし、無理がなく、わかりやすくて好感がもてる。物足りない、と思うかもしれないが、その分どたばたが抑えられ、シャイロックの加害者のような被害者のような立場にも目が行き届くのではないだろうか。さらりとした翻訳、というのは実際に舞台にかけられる際の演出や役者の力量の入る余地も充分ある、という点でも良い翻訳のひとつであると思う。

 シャイロックは確かに金をあくどく扱うユダヤ人ではあろうが、キリスト教徒であるヴェニスの商人たちは正義の言葉の元にそれをさらにひどい言葉で批判するし、裁判の結末もシャイロックの気持ちになれば「ふんだりけったり」である。
 シェイクスピアの時代にはキリスト教徒の側からみればユダヤ人はこういう扱いをうけるものだったのかもとも思う。しかし、シェイクスピアの人間を見る深い視線は、その中にすら、シャイロックの人格に対する人間的な扱いの必要性を描いている。
 ユダヤ人としてのこれまでのひどい扱いに復讐を考えたシャイロック。しかし、結果的にはまた厳しい逆転判決を受ける。少々判官びいき的な性格の日本人はシャイロックに同情するかもしれない。宗教色の濃い争いがまだ続く現代でこれを読むと、シェイクスピアが意図したかどうかはわからないが、キリスト教の中にもある他宗教への残酷さのようなものもしっかりと書き込まれているようにも読める。
 時代が変わると読み方も変わってくる。楽しく読めるが、深くも読める。やはり古典の名作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シェイクスピア劇の醍醐味

2011/02/27 11:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ヴェニスの商人』を読んだ。
いつもはシェイクスピアはちくま文庫の松岡和子訳で読んでいるのだが、図書館になかったので、光文社古典新訳文庫の安西徹雄訳で読んだ。
ふとしたときに、「あ、あの本を読もう」と思い、2,3日のうちに読める今の図書館のシステムはありがたい。
『ヴェニスの商人』といえば、「借金が返せなかったら、肉1ポンドを切り取る」という内容が有名だが、それだけでなく豊かに肉付けされた登場人物たちが出てくるいかにもシェイクスピアらしい劇だった。
気の強い女性が口八丁で男をたじたじとさせる場面もシェイクスピア劇によく出てくる場面であり、それは今回も楽しめた。
解説も詳しくてよかったが、もうちょっと、キリスト教とユダヤ教という宗教面から見た『ヴェニスの商人』についての文章を読みたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/03 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/03 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/17 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/10 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/12 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/13 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/06 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/17 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/31 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/30 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/22 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む