サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アマデウスの詩、謳え敗者の王

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アマデウスの詩、謳え敗者の王(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 黄昏色の詠使い)

著者 細音 啓 (著)

“大丈夫。一緒にいてあげるよ”クルーエルさんの言葉は、本当だった。一緒にいて僕を孤独から、危険なことから守ってくれた。僕はただ、与えられた優しさを受け取るだけ。だから今、...

もっと見る

アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 黄昏色の詠使い)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

黄昏色の詠使いIII アマデウスの詩、 謳え敗者の王

463(税込)

黄昏色の詠使いIII アマデウスの詩、 謳え敗者の王

ポイント :4pt / 紙の本より163おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“大丈夫。一緒にいてあげるよ”クルーエルさんの言葉は、本当だった。一緒にいて僕を孤独から、危険なことから守ってくれた。僕はただ、与えられた優しさを受け取るだけ。だから今、彼女が僕の助けを必要としてくれるなら。全力で応えるために、夜色の詠を詠う。不完全でも、不恰好でも、これは僕が彼女のために紡ぐ詠—。想いを世界に反映できる召喚術・名詠式。その専修学校トレミア・アカデミーに、人を石化する灰色名詠の使い手が侵入した。目的不明のまま、自らを「名も無き敗者」と称する使い手は、校内の人々を次々と石化していく。そして、ついにクルーエルとネイトたちにも「敗者」の手が伸びるのだが—!?大切なもののため、少年は立ち上がる。召喚ファンタジー第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

危険な状況で無力な存在を成長させるには

2009/05/21 21:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1巻で登場した強力な名詠の触媒である孵石、2巻で登場した灰色名詠、そしてイブマリーとカインツがそれぞれ遭遇した存在たち。これらの要素が、学園への侵入者、クルーエルの能力の開花、ネイトの成長という出来事をキーとして、一つの流れを生み出しつつある。
 実はこの物語で最も重要な人物は、エイダなのではないかと思う。彼女がいなければ、数々の襲撃に対してなすすべもなくやられるだけだったろう。終盤になると、どうしてもクルーエルやネイトが派手に描かれがちだけれど、これからも最後の守り手として活躍していくだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/20 03:41

投稿元:ブクログ

やっぱり面白い。この巻だけで気になる事柄がだいぶ増えました。最後まで読んだらまた初めから読んでみたい。そう思えるくらい気になってます。うずうずしてます。

2010/06/21 23:54

投稿元:ブクログ

ようやく物語の本筋が見えてきた感じ。。。ではあるが、読み進めるほど謎が出てくる;;
ネイトもクルーエルも一歩一歩成長しているようなので、先が楽しみです。

2007/08/02 22:48

投稿元:ブクログ

ちょっとだけ、微妙になってきました。
主人公の女の子の方が、苦労せず、強くなっていくのが・・・。カインツにしろ、イブにしろ、才能はあっても努力もしているっていう感じがあって好きだったのに・・・。
世界観は相変わらず、きれいで、いい感じです。

2011/09/05 19:51

投稿元:ブクログ

間の回想がクルーエルの存在をより不思議なものに魅せてて今後解き明かされるだろう謎に期待。ネイトの覚醒はまだまだ先っぽいけど片鱗は見せつつ。いろいろ動き出すあたらめての序章な感じ。エイダとかサリナルヴァとかミオとか、サブキャラも魅力があって個人的には好きです。

2009/10/29 23:43

投稿元:ブクログ

詠使いシリーズ3巻。
2巻で「役者は揃った」感があったからか、ちゃぶ台返しのように怒涛の展開。
4巻はもっと凄そうですが…。

クルーエルの能力は、「資質」で済まされるものではなさそうです。
実際敵にも「化け物」呼ばわりされてるし、彼女の存在そのものにかなり大きな秘密がありそう。
てか、それって彼女だけじゃないんですが…。
彼女とネイトは容姿そのものが「触媒」になりそうなくらい自分の「色」に
近い存在なんですよね。
あとこの2人に凄く近いのがエイダ。彼女はさすがに目まで白くないですが、そのあたりは「詠使い」でない違いもあるし…

あと、今回キャラの名前にも深く突っ込みましたね。
ネイトの名の意味は「夜明け」。これって新キャラのサリダ姐さん(漢前)の「何故「夜色名詠」でなければならないか」の答えの一つのように思えます…
まさに彼こそが夜色を体現してるのかな?みたいな。

で、クルーエルは赤(緋)に限りなく近いですが、
彼女の名もまさに「緋色の誓約者」との事。
そして彼女ともう一人「赤」の名前を持つのって…カインツさんですよね?
もうとっくにあちこちで出ているのではと思うのですが、作中での赤の表記
「Keinez」…カインツって読める気がするんですが…
彼やサリダ姐さん含む「イ短調」のメンバーは現時点では皆好みです(笑)。

そういえば、イブマリーさんの髪の色にはっきり「黒髪」とあります。
コレを踏まえるとやはり黒でも良かったかもしれないのにあえて「夜色」なのはやはり夜色を体現したネイトがいるから…かな?

赤と夜色、なんて単純な話ではないと思うので、他の色もどう絡んでくるか楽しみです。
特に気になるのは「夜色」に一見近い「青」でしょうか。

2011/08/22 12:06

投稿元:ブクログ

次から次へと謎が出てくる巻。 突然倒れたクルーエル、見えない敵、エッグ、灰色名詠。 最終的にどうなるのか、とても楽しみ。

2010/10/10 23:33

投稿元:ブクログ

どんどんとクルーエルとネイトが仲睦まじくなって行く様はまだ恋愛と形容できるほどのものではなく、そこがとても可愛らしくていいです。
お互いに信頼できる仲間と自分の持っている力への戸惑い。

やさしい物語です。

2010/12/01 14:29

投稿元:ブクログ

三巻目にして、ようやく物語の本筋が動き出した感じ。
お話が進むにつれて謎がどんどん増えていく!
うん。いい感じだ。

クルーエルの正体はいったい何なのか?
彼女とネイトが出逢ったのは、仕組まれた運命なのか?
それに謎の灰色名詠士や三年前の出来事や、イブは関わっているのか?
そして、最後に虹色名詠士が出逢った少女は?
う〜、次巻の展開がすごく気になる!

今巻では、やっぱりクルーエルが圧倒的。
でも、それを支えているのは、ネイトなんだ。
ただ、早くもっと頼りがいのある男になろうね、ネイト(笑)
ちなみに、そろそろ夜色飛びトカゲくんが再来するかと思ったけど、
それはまだみたい。もったいつけるなあ(笑)

物語はまだ序章のよう。
これからのお話がすごく楽しみだ

2011/09/23 13:47

投稿元:ブクログ

明確な敵(?)も現れて、話が動き出してる感じ。

セラフェノ音語自体の持つ謎、続きが気になります。

2013/03/29 01:29

投稿元:ブクログ

3巻は本当に息もつかせない展開で、一気読みしてしまいましたね!
明確な敵が分かり、目的も徐々に明かされていきますが、まだまだ真相には遠いです。
でもその真相のカギを握るのは主人公達で…。
進むテンポ的にはちょうどいい感じだなぁと思います。

2014/03/16 14:20

投稿元:ブクログ

おもしろいような気はするけど、なんか退屈。でも、最後のおやすみのキスの会話は進展を匂わせる感じで気にはなる。続きはいいかなあと思いつつも、機会があったら読んでみたいです。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む