サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 近代文化史入門 超英文学講義

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代文化史入門 超英文学講義(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-159827-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

近代文化史入門 超英文学講義 (講談社学術文庫)

著者 高山 宏 (著)

〔「奇想天外・英文学講義」(2000年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

近代文化史入門 超英文学講義 (講談社学術文庫)

1,134(税込)

近代文化史入門 超英文学講義

972 (税込)

近代文化史入門 超英文学講義

ポイント :9pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/10/12 21:57

投稿元:ブクログ

(講談社学術文庫) 高山 宏 (文庫 - 2007/7/11)
新品: ¥ 1,050 (税込)2 点の全新品/中古商品を見る ¥ 900より

2009/08/01 22:01

投稿元:ブクログ

文学の枠を超えた超英文学講義。タイトルは地味だが中身は極彩色。高山氏の著作は手に入るものが少ないが、興味を持ったならまずこれ。

2010/08/16 11:39

投稿元:ブクログ

著者の本を読むのは初めて。
私程度の知識と理解力では、たぶん理解できてない部分も多いだろうと思うのだが、それでも結構夢中であっという間に読んだ。
独特の、傲慢ともいえる語り口に、怒りを覚える人もいるだろうなと思うが、世代や専門や知的レベルがあまりにも自分とかけなはれているのと、彼自身が認めている相手には敬意を払っているのがわかるので、個人的には面白さが勝った。
本筋と関係ないけど、独壇場がもともとは独「擅」場だったことに初めて気がついた。
他の本も読みたいのだが、、、松丸にあるかな。

2014/10/04 08:20

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
今まで何の関係もないと思われていた二つのものが、一つであることを知ることこそ、魔術・マニエリスムの真諦である。
そして、これこそが究極の「快」である。
光学、辞典、哲学、テーブル、博物学、造園術、見世物、文字、貨幣、絵画、王立協会…。
英国近代史を俯瞰し、歴史の裏に隠された知の水脈を、まるで名探偵ホームズのように解明する「脱領域の文化学」の試み。

[ 目次 ]
プロローグ 「超」英文学事始め
第1章 シェイクスピア・リヴァイヴァル
第2章 マニエリスムとは何か―驚異と断裂の美学
第3章 「ファクト」と百科―ロビンソン・クルーソーのリアリズム
第4章 蛇行と脱線―ピクチャレスクと見ることの快
第5章 「卓」越するメディア―博物学と観相術
第6章 「こころ」のマジック世紀末―推理王ホームズとオカルト
第7章 子供部屋の怪物たち―ロマン派と見世物
エピローグ 光のパラダイム

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2010/09/11 02:34

投稿元:ブクログ

 英文学とか実は全然興味が無いので、ただその語り口の鮮やかさだけで最後まで読み切ったような感じがある。内容はほとんど覚えていない。「網膜」のことを「レティナ」と言うのは、なんだか格好がいいから覚えようという気になった。あとピクチャレスクというのもなんだか格好がいいから、これも言葉として覚えておこうと思ったが、肝心のそれが指している内容をもうすっかり忘れた。
 内容それ自体よりも、高山宏のおらおらっといろんなことを結びつけていくやり口というのが爽快で、こっちにこれがあります、あっちにこれがあります、ほらここを見てください、実はここでつながっているのです。というのを見せつけられると、オオ!スゴイ!とそれだけで気持ちが良くなるので、それでいいのだと思う。
 今年の5月だか6月だかに水族館劇場で見た高山宏は「学問というのも本来は単なる見世物であって、私は学問を見世物まで引きずり下ろしてしまいたい」というようなことを言っていて、ああなんて格好のいいことを言うんだろうと、そこからしばらくの間はやたらトリコのような感じになっていたけれども、熱が冷めると、ああ面白いねえ、とそれだけで、見世物の悲しさというんですか、読み返そうとかはあまり思わないし、でもただ読んでる瞬間は爽快だった。

2011/10/09 03:58

投稿元:ブクログ

高山センセの学識の高さには絶句。なんで、こんなに研究できるんですか…
わたしにはちょっと難しい内容でしたが、読み通せば賢くなった気がする本です(笑)

2012/08/12 02:43

投稿元:ブクログ

面白いし、歴史の縦横の線が重なりあって一つの事象が発生すると思わせる内容であるのは確か。だが何故だろう(以下個人的感想なので信憑性は皆無)面白い捉え方であるが故に胡散臭い。そして斬新であるが故に画一的な捉え方にも見える。澁澤龍彦や荒俣宏の本をごった煮で読んでるみたい。

2011/12/28 20:12

投稿元:ブクログ

長らく読んでみたいと思っていた、高山宏『奇想天外・英文学講義』を求めて本屋の棚を見ていると絶版らしかった。「しまった買っておけば・・・」と思っていたところ、軽く調べていて今は学術文庫に入っていることがわかった。喜んでこちらを購入。とあるAmazonレビューによると『奇想天外~』の時とちょっと内容が違う(語り口が違う? もっと毒が強い?)というようなことも書いてあったが、主旨は大きくは変わっていないだろう、という希望的観測のもと読んでみる。

「ピクチャレスク」「マニエリスム」といった言葉に対して高山先生の定義づけがされていく。これらの言葉に自分なりのイメージを持っていない状態で読んだのでとても教育的なものとして終始受け止めた。参照したと思われる文献が次から次へと登場し、さながら面白い見世物を見ているような心地である。劇場を一種の機械仕掛けの見世物として見る視点や、ニュートン「光学」が文学に与えた影響などに対する考察など、とても興味深く読んだ。英文学史をかじったことのある人なら、興味を持って読めるだろうと思う。

参考文献も多数登場するが、人物もたくさん登場する。碩学の英文学者たちの名前が出てくるたびに、他の書物へと想像が飛んでいく。由良君美が出てきたら四方田犬彦『先生とわたし』を思い出すし、小池滋が出てくれば、シャーロック・ホームズの全集とかを思い出すし、柳瀬尚紀が出てくればやっぱりジョイスを思い出すし、といった具合である。仏文学とかに比べたらなんか地味な印象もある英文学(勝手な思い込み?)だが、英文学の世界にも怪物学者はいろいろいるのだと、改めて思った。高山先生曰く”超”英文学者たちである。

著者の語りにはとてもクセがあり、そこが気にかかる人はけっこういるかもしれない。「これをやっているのは私だけだ」とか「こういう方法をこそとらずして何とする」というような言い回しが頻出するので、「もう~ わかりましたよ先生(笑)」という感じになる。鉄道の駅の名前を全部暗唱して得意がるような子供みたいなところがあるような? でもこの文献の渉猟の仕方は、少年のような心がないと無理なのではないか(笑)という気もする。

2011/09/19 09:55

投稿元:ブクログ

知的レベルの高さに、アホな自分には難儀した一冊だったけど、その分ゆっくりと味わうように読んで大満足。さらに、その内容は目からウロコもので、必読の一冊だと思う。

2011/12/12 21:12

投稿元:ブクログ

パット見何の関係もなさそうな2つものが実は重なり合っていたり、科学的発明が詩の表現に彩りを与えることになったり、絵画が実は人間の“物の見方”に深い影響を与えていたり…。

少なくともこれは他の本と比べて異質と言わざるを得ない。ニュートンがかなり頻繁に出てくるので、『ニュートンの宗教』なども併せて読みたい。

2011/12/12 01:18

投稿元:ブクログ

ニュートンがプリズムで太陽光線を七色に分光できると述べた
『光学(オプティックス)』発表後、色の区別が進んで、
同じ赤でも、それまでレッドだけだったのが、
ヴァーミリオン、スカーレットなど、
濃度の差異を表現する単語がどんどん増えて、
18世紀は詩人たちの形容表現が複雑化していった……など、
目からウロコ落ちまくり!
一見何の関係もなさそうな二つのものが、
実は一つである、あるいは密接な関わりを持っている、
ということを、たくさん教えてくれます。

2013/03/10 23:43

投稿元:ブクログ

はじける好奇心。あらゆる知をつなぐエロスとしての学問。この本で高山さんとマニエリスムにかぶれました。

2016/07/04 20:52

投稿元:ブクログ

今まで何の関係がと思われていたふたつのものがひとつであることがわかる時の、脳の中に生じる変化を、ぼく自身、今や大袈裟でなく、生きていることの究極の快と思う。それこそが「魔術」と呼ばれ、「マニエリスム」と呼ばれてきたものの真諦である [...] p.5

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む