サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とらドラ! 5(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/305p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3932-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

とらドラ! 5 (電撃文庫)

著者 竹宮 ゆゆこ (著)

今度は文化祭!コスプレ!ミスコン!そして大河の父親!?コミック連載もスタート!超弩級ラブコメ第5弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

とらドラ! 5 (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

とらドラ5!

594(税込)

とらドラ5!

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

初めての正面衝突

2009/03/22 10:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大河の父が突然現れ、再び大河と暮らしたいと告げてくる。竜児は泰子との幼少期の記憶を思い起こし、嫌がる大河に同居を勧める。同居の準備を始めた大河に対して、なぜか反対する実乃梨と対立することになってしまう竜児。
 学校は文化祭の準備で真っ盛り。段々と盛り上がってくる周りに対して、竜児たちは微妙に感情のすれ違い、ぶつかり合いを抱えてしまう。一歩引いたポジションから、意外に亜美が活躍。北村は暗躍。ゆりちゃん暴走。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑感動

2007/08/12 11:28

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

コメディ度アップしつつも感動モノ
大河がなぜ一人暮らしなのかという根幹部分に触れるストーリー
学園祭の準備に追われながら、それぞれの噛み合わない想いが交錯
おバカでヲタなネタ満載で笑いながら感動する物語です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/04 13:40

投稿元:ブクログ

福男レースに臨む竜児が「大河命!」すぎる。それなのに大河はメチャクチャに傷ついていて、読むのがつらい。でもその分竜児も、思い出したくないこと思い出したり、自らの愚かさに傷ついているわけで、このふたりってやっぱり二人で一つなんだなぁ、と思う。

2010/06/20 00:29

投稿元:ブクログ

大河の父親が登場して家庭環境・家族に関する話に。ラブコメ・・というよりは今回はホームドラマ的なノリ。
思いの外シリアスな展開にはなるけれど最後はきれいに落ちるところに落ちているので読後感はさっぱりする。

竜児を中心とした大河、実乃梨、亜美の関係がじわじわと変化しつつあるが、先がまだ読めないねぇ。
次の巻も期待。

2007/08/14 11:57

投稿元:ブクログ

GAOで連載も始まりますます人気が高まりそうなとらドラ!ですが、今回は文化祭&大河の父親の話。竜児君とみのりんはケンカしちゃいましたが無事仲直り。ケンカが出来るってのは、それだけ仲の良くなった証拠ですか。まだまだみのりんの出番が足らんぜy。

2009/03/16 16:25

投稿元:ブクログ

今夜はこの後、打ち上げに行くのだ。担任まで巻込んで、クラスの誰一人欠けることなく、全員揃ってファミレスに行くのだ。そうしてくるくる、くるくる回りながら、みんなで輪になって盛り上がり、大笑いしながら尽きないおしゃべりをするのだ。

2012/04/03 22:53

投稿元:ブクログ

文化祭。大河の父親のすったもんだとかプロレスとかミスコンミスターコンとか盛りだくさん。竜二の恋愛に進展があり良い感じ

2009/02/18 22:41

投稿元:ブクログ

感動的なシーンいっぱいあって、これもマジいい巻で、しかしあえてそこには突っ込まず、私は、みのりんがお化け屋敷を推す「入り」の笑いどころがやけに好きv

 竜児は母子家庭でやっちゃんを助けて家事完璧にこなして優しくて、完璧超人みたいだけど、人間でしかもまだ高校生で、そりゃあ過ちを犯してしまうことも物事を見間違えてしまうこともある。そこから跳ね起きる姿が、「かわいそうなじぶん」と見間違えていなくて、それがすごく良かった。

2009/03/10 00:00

投稿元:ブクログ

ひとり一歩先を行くために変わりはじめた少女。父親なんてちぎってむしって捨てて立ち上がる少女。エゴ丸出しの自己満足と自己嫌悪の少年少女。その他諸々全力疾走振り切って、踊りましょう。

2011/05/07 10:17

投稿元:ブクログ

文化祭なお話に、大河の父親が絡んで…。
ミスコンに出場する大河や亜美のノリノリのマイクパフォーマンスがいい味だしてた。
意外にシリアスな展開も、相変わらずのキャラのはっちゃけぷりが楽しかったです。

2010/04/08 18:26

投稿元:ブクログ

いろんなところで涙腺が崩壊寸前になりました。
親子のことを考えさせられる巻だったと思います。
竜児がやっちゃんのこと考えて、少しでも贖罪ができたなら、と考えるシーンでも涙腺が…(´;ω;`)
5巻を読むの自体は二回目なのですが前より泣きそうになりました←

2009/07/01 18:08

投稿元:ブクログ

大河の孤独と強さが出ている巻。
竜児もみのりんも大河のことを大切に思っているのがよくわかります。
福男レースは最高でした。
変わっていくあーみんにも注目です。

2010/05/25 06:07

投稿元:ブクログ

文化祭の話
大河の父親登場

大河の過去とそれを抱える現在がよくわかります
この過去はのちのちの話にも重要になるはず

2010/03/15 11:52

投稿元:ブクログ

夏の旅行以来実乃梨と竜児の間には微妙な距離感が・・・そんなことはお構いなしに学校では文化祭の季節。2-Cの出し物は、男子面々の画策もむなしく担任恋ヶ窪ゆり(30 独身)の思惑により決定。
そんな中、なんと大河の父親が大河を迎えにやってきた!!竜児は喜ぶが実乃梨は不満のため言い合いに。実乃梨の不満の理由は一体・・・。

とらドラ5巻にしてついに大河の父親が登場です。今回は「家族」という少し重めのテーマ。読んでいくと父親らしくない行動がしばしばあり、それが最後に解決するという形です。読んでいてすっきりしました。
大河の成長、竜児の気付き、亜美の決意等々主要キャラの成長が見れておもしろかったです。中身では触れていませんが、謎の視線は確実に亜美のものですよね。大河と竜児の「本当の」気持ちに気づいている亜美は今後どのようなことをしていくのでしょうか。
結局実乃梨の謎の竜児を避ける行動は解明されず。だいたいわかるけど、これが明かされるあたりが最終巻になるのかな?

最後にp174の亜美の台詞がいい。

2012/07/24 23:04

投稿元:ブクログ

文化祭という華やかなイベントの裏で繰り広げられる、大河と父親の再会と再構築。
それにしてもこの父親、住む場所と生活費を与えているとはいえ、高校生の娘に一人暮らしを強いているだけあって、ひでぇ父親だった。
こんな思いをしながらも気丈に暮らしているなんて、大河には、是が非でもハッピーになってもらいたいと思わずにはいられない。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む