サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミステリクロノ(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3936-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミステリクロノ (電撃文庫)

著者 久住 四季 (著)

世界と規則、それが天使。時間と記憶、それが人間。その壁を跳び越えて、出会ってしまった二人の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

ミステリクロノ (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

人間が時間を操作できるようになったら

2010/05/10 22:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 遥海慧は自宅裏の神社で、自ら天使と名乗るピンク髪の少女、阿部真里亜と出会う。一度は姿を消した彼女だったが、彼女が残した注射器を取り戻しにやってくる。その注射器は、生物の時間を巻き戻す効果を持つ道具リザレクターだった。
 人間としては赤ちゃん同然の真里亜を人間として教育しながら、他に6つあるという同様の道具を探す、慧とその友人である穂吹武臣や小布院夕凪。だが、その過程で何者かにリザレクターを盗まれてしまう。犯人は、そしてその目的はいったい何なのか。

 人間と天使を時間の有限・無限という視点から考察し、その人間が時間を操作できるようになったらどんな行動をするかを描いている感じがする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/09 21:19

投稿元:ブクログ

時間軸に関して理解できないと難しい。
恋愛は自由、先生と生徒の恋愛もありだと思う。
ただし、手を繋いだりキスしたりは良いが、高校生との性行為は不純である。
可愛い顔して子供を殺すとか、怖いね。
大人っぽくてお嬢様な夕凪が好き。

2008/07/30 21:17

投稿元:ブクログ

「君さ、一体何者なの?」「……阿部真里亜(あべまりあ)。あたしは、天使だ」舌足らずにしゃべる女の子に遥海慧(はるみけい)は戸惑った。
彼女は探し物をしているという。それは──リザレクターという時間を巻き戻せる不思議な注射器だった。そして衝撃的な事実も判明する。このような代物があと六つ、この町にあるというのだ。
世間知らずにも程がある真里亜では到底探しきれないと踏んだ慧は、彼女を手伝うことを決意する。
リザレクターを追う人間、狂わされる人間。事件は起き、そして──。

(読了:2008/07/30)

2010/07/06 23:31

投稿元:ブクログ

とある普通の高校生が、ある日神社で偶然「天使」と出会う。彼らと時間を操作できる道具「クロノグラフ」を巡る物語。
 ミステリとして、あるいは心情描写としては面白みがあっていいのだけど、なんとなく印象に欠ける。物語のデフォルトとしての素材やキャラや設定に陳腐さを感じるのは否めない。シリーズとしての大きな謎は別にして、今作で起きる事件がひとつあって、その謎かけはまぁいい感じで、登場人物の特に後半に入っての内面の描写はおもしろいと思うのだけど。
 「ラノベ」ってなんとなく濃ゆい世界観の作品が多いイメージだけど、ちょっと違ってだから素材に陳腐さを感じるのかもしれない。案外ちょっとした純文学の要素もある気がする。

2016/09/10 23:36

投稿元:ブクログ

 扱いの難しい『時間操作』をテーマに据えているが、この作品ではそれほど難しく考えないで、あくまで時間捜査を扱う人間の心理を中心に描いていたことが印象的だった。
 本作に登場する時間操作アイテムは最短で1時間、最長で30日まで特定の人物の時間感覚を戻すことしかできない。しかも、一度時間を戻したら再び使うには操作した時間と同じ分だけ時間が経過しないと使用できないという制約付きである。
 これだけの制約があると、あまり役に立たないような気がするが、そこは心理描写を中心に展開する話のおかげで上手く活用されている気がする。時間を自由に操れる方法を手に入れた場合、人間はどんな手段に出てどのような限界に挑戦してしまうのか。それがこの作品の最も描きたい部分なのだろう。

 ただ、あの天使たちの名前はどうにかならないものか。読んでいてとても気になりましたよ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む