サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ドラゴンキラーあります

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドラゴンキラーあります(C★NOVELS FANTASIA)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ドラゴンキラーあります (C・NOVELS Fantasia)

著者 海原 育人 (著)

俺は元軍人のココ。時々襲ってくる戦時の記憶に悩まされつつ、しがない便利屋として暮らしている。そんなある日出会ったのは、亡命中の皇女と護衛の女リリィだった。リリィは竜をも素...

もっと見る

ドラゴンキラーあります (C・NOVELS Fantasia)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ドラゴンキラーあります

648 (税込)

ドラゴンキラーあります

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

俺は元軍人のココ。時々襲ってくる戦時の記憶に悩まされつつ、しがない便利屋として暮らしている。そんなある日出会ったのは、亡命中の皇女と護衛の女リリィだった。リリィは竜をも素手で殺せるふざけた肉体を持つ超人・ドラゴンキラーのくせに、人を殺すのも怖がる使えないヤツで…。規格外コンビのハードボイルドファンタジー。第3回C・NOVELS大賞特別賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【C・NOVELS大賞特別賞(第3回)】便利屋として暮らす元軍人のココ。ある日、亡命中の皇女と護衛の女リリィに出会う。リリィは竜をも素手で殺せる超人・ドラゴンキラーだが、人を殺すのも怖がる使えないヤツ…。規格外コンビのハードボイルドファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

海原 育人

略歴
〈海原育人〉1980年福岡生まれ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

変わった主人公と平凡な展開

2007/08/12 21:54

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジーと戦争と悪徳ヒーロー
ドラゴンやドラゴンキラーのいる世界観でパワーバランスを考慮しつつドンパチやるのが面白い
腕はいいが怠惰でせこくて嘘つきな主人公がいい感じ
逆にヒロイン達はもっと練りこんで欲しかった
最後の決着のつけ方も無理やりっぽい
ストーリー展開そのものはオリジナリティがなく、盛り上がりに欠ける
最強の存在を安易に出しすぎて、手詰まりに陥ったという印象
ドラゴンの設定も生かせていないのがもったいない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/08 15:19

投稿元:ブクログ

表紙に惹かれて、初めてまともにライトノベル読んだ。
悪くないな。

登場人物達の無骨で品のない会話も、小気味良い。
リリィが後半ガラリと口調が変わったのが気にはなったけど。本性出てきたって事か?

続編もあるようだけど、今後男女間の進展を期待したい。ないかな?ないか。

2009/07/14 20:10

投稿元:ブクログ

そこそこ面白かったです。
便利屋で元軍人のココ。彼は戦場でドラゴンキラーによる大きなトラウマを抱えていた。
そんなとき、ドラゴンキラーと知り合うことがあり、過去に彼にトラウマを残したドラゴンキラーを倒すことに・・・。
ココとリリィの掛け合いが後半になるにつれ良くなって行きます。
でも、ちょっと(かなり)品がない感じだけど〜〜〜

2007/12/14 18:49

投稿元:ブクログ

内容もキャラも悪くないんだけど、何かが足りないような気がしてしまう。でも、ココとリリィのコンビ、いいと思う。

2007/10/12 23:43

投稿元:ブクログ

ライトノベルのファンタジーが読みたくて、何となく選んだ作品。いや、ドラゴンが好きだから選んだ部分が大きいな。主人公・ココがヘタレ気味で可愛かった。章のはじまりは、ほぼ頭痛。自分も頭痛持ちなので、つられて痛くなってしまいましたよ。話自体は、面白かったよ。何か、キャラの味が存分に出てないところが、残念だったけど。続編が出そうな終わり方だな…と思ってたら、既に出ていた。…でも、続編買うほど、面白いわけでは無かったな。

2008/07/11 20:49

投稿元:ブクログ

「大した特技じゃないかココ」―――…リリィ

元軍人のココは、しがない便利屋として今日も過ごしていた。
が、そんなある日出会ったのは、亡命中の皇女と護衛の女リリィだった。
大食らいで、ドラゴンキラーという強大な力があり、今までも戦場を経験したにも関わらず、
人を殺すのを怖がるリリィ。
ハードボイルドなココとドラゴンキラー、リリィの規格外コンビの送る、ハードボイルドファンタジー!

2008/03/22 22:31

投稿元:ブクログ

Cノベルスの特別賞受賞作、ということと題名がキャッチーでさらにキラキラ派手な帯につられて手に取ったこの作品。
しかも新人にして2ヶ月連続刊行というし。待たされないのは良い事だ。

主人公は、頭痛持ちである過去の出来事に関連した記憶で意識を失うこと多数な元軍人と、素手で竜を殺せる能力をもつ臆病で大食いなドラゴンキラー。
主人公は尻フェチだ、脇役は胸フェチだ、くだらないやり取りもありつつも、人もバンバン死んでますな…ここがハードボイルドか?Cノベルスでは珍しい感じの作品ではありますが、なかなかテンポ良く面白かったかな。

2008/08/17 22:22

投稿元:ブクログ

著者のデビュー作。設定は面白い。話の筋も面白い・・・んだと思う。
ただ、話の展開の仕方がエピソードを追っているという印象で、次は、次はとのめり込むものではなかった。

2013/08/03 09:18

投稿元:ブクログ

図書館から借りました
ドラゴンキラーあります
 ドラゴンキラーいっぱいあります
 ドラゴンキラー売ります

レビューは「ドラゴンキラー売ります」にまとめて。

2009/05/10 22:20

投稿元:ブクログ

イラストに惹かれてしまいました。
「レンズと」の絵描いている人かな??

おもしろかったです!!
とにかく次が読みたくてたまらなくなった。

2008/06/06 09:50

投稿元:ブクログ

海原育人の第1作目。殺伐とした殺し合いを演じていても、そんなに嫌な気分にならないのがこの作品だと思う。

2009/03/31 21:33

投稿元:ブクログ

どこかで見た書評に、会話のテンポやノリが海外映画のようだと書いてあったのが、確かにそうだなと思いました。
だけど、そういう会話はやっぱりカッコいい役者の顔を見ながら聞きたいもんだなと思ってしまった。
読むのにテンポは良いんだけど、いまいち。
全3巻のシリーズだけど、多分読みません。
映像でなら見てみたいです。

2007/08/29 10:18

投稿元:ブクログ

元軍人のココは、戦時の辛い記憶とそれに伴う頭痛に悩まされているしがない便利屋。彼の戦時の記憶には、竜を素手で殺すことができる超人とでもいうべきドラゴンキラーが関わっており、ゆえに彼はドラゴンキラーを嫌っている。しかし、ある日町で出会ったのは、亡命中の皇女アルマとその護衛であるドラゴンキラーリリィだった。関わりたくないと思いつつも、リリィと関わることになったココは・・・。第三回C-NOVELS大賞特別賞受賞作にしてデビュー作。ココがドラゴンキラーに対して復讐心を持つ動機はちょっと弱いかな〜という気がしなくもないけど、大変勢いがあって良いのではないかと思います。ココとリリィの会話も漫才みたいで楽しいし。でもね、この本ちょっと誤植が多い気がする。しかも、誤植なのかな、それとも作者さんの文章感覚が私とあわないのかなという感じの微妙な文章もあって、読んでいてよくわからないな〜という部分が何箇所かあったのですが・・・。それさえなければ、もっと楽しめた気がします。それにしても、読み始めた時なんで、ドラゴンキラー「あります」なんだろう?「います」とか「おります」とかじゃないの?と思ったんだけど、ちゃんと終盤でタイトルに直結するエピソードがあるのは良かったかな。続編がすでに出ているし、その2作目の帯には3作目の予告も出ているので続きはそのうち読みたいと思います。

2012/10/30 14:30

投稿元:ブクログ

ドラゴンキラーと聞くと大概は大柄で強そうな男性を思い浮かべそうなものである。…そう、登場人物の"ココ"みたいな(笑)でもこの作品は全く真逆の人も殺せないような女の子が今回のドラゴンキラーであり、ココとの駆け引きでも何とも愛らしい様子が伺えた気がする。これは続きを読むしかない…。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む