サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京DOLL(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 125件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-275843-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

東京DOLL (講談社文庫)

著者 石田 衣良 (著)

マスター・オブ・ゲーム=MGと呼ばれる天才ゲームソフト制作者・相良は、新作のモデルに翼のタトゥを背負った少女・ヨリを選ぶ。映像モデルとして完璧な「人形」ぶりを発揮するヨリ...

もっと見る

東京DOLL (講談社文庫)

535(税込)

東京DOLL

432 (税込)

東京DOLL

ポイント :4pt / 紙の本より103おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マスター・オブ・ゲーム=MGと呼ばれる天才ゲームソフト制作者・相良は、新作のモデルに翼のタトゥを背負った少女・ヨリを選ぶ。映像モデルとして完璧な「人形」ぶりを発揮するヨリに、MGの孤独は癒されていく。だが、彼女には愛する男の不幸が見えるという異能があった。東京の今を描いた長編恋愛小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー125件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

人間の生と性と苦悩。

2007/10/11 10:31

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

石田さんは時折、こういった前衛芸術のような作品を書かれる。
読み口はプラスチックのように冷たく現代的なんだけど、
その奥底に熱い炎が燃え上がっている。
その炎の中で揺らめいているのは、人間の生と性と苦悩。

巨大ゲーム企業が天才ゲーム作家にしかけた罠を表立った物語として、
「人が人に惹かれる事」を描いた作品であると感じた。
人間の「意志」だけではどうにもならない、本能で惹かれあうという事。
そうして惹かれあった物同士が触れ合うと、何が起きるのか。
そういった事を多少のSF的な物を絡め、よりリアルに表現されていた。

「触れ合う」というのは、性的な意味も含まれる。
「娼年」など、石田作品には詳細な性描写が含まれる物がある。
本作品にも、多少アブノーマルなものも含め、性的な描写がある。
でもそれは忌避すべきものではなく当然そこにある営みであって、
そこから目を背けず描ききる事で、人間の業とか生業とか本能とか、
そういった物をよりクリアに分かり易く、表現しているように感じた。
これを三流作家に書かせれば、ただのエログロになりかねない。
それを前衛芸術のようにプラスチックに書き上げる事で、
表面上はエログロとは全く一線を画した「営み」として、
でもその奥底に燃え上がる、人間の生と性を描ききっている。

「1ポンドの悲しみ」のようなハートウォームな作品も素晴らしいけれど、
本作も「池袋ウェストゲートパーク」の流れを汲むような、
善くも悪くも「人間」を描いた、石田さんらしいと感じた作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/04 02:50

投稿元:ブクログ

石田衣良さんの本の中で、1番好きです。
キラキラしていて、夜の街が舞台で、フィクションとノンフィクションの間を縫ってる。

2014/07/13 23:14

投稿元:ブクログ

石田さんの得意そうな感じの話。オーディオとか車とかファッションとか難しくてイメージできないところもあったけど、全体の流れはわかりやすかった。
解説の人は何が専門の方なのかわからないけど、新しい切り口の解説だった。

2009/10/29 23:11

投稿元:ブクログ

一人は翼が生えた強力な光、もう一人はおだやかな光、
その二人の魅力の間でゆれる主人公の描写がすごかった。

うーん、甘いせつない物語でした。。。

2007/11/08 10:37

投稿元:ブクログ

読みやすく軽い文体が持ち味の作家だったが、今回はそれが裏目に出た作品。お洒落な東京、ハイソな生活をスタイリッシュに書いてるつもりなんだろうけど、中身が無い上にオチもイマイチな作品。

2008/02/01 04:47

投稿元:ブクログ

楽に読める一冊。個人的には石田衣良さんの書き方は好きだなぁ。感情の表現の仕方とかシーンの描写が。ストーリーは特にハラハラしたり落ちもないけど、石田作品はストーリー云々というより、いかに作品の世界に入っていけるかだと思う。そう考えた時、この小説はある成功したゲームークリエーターが年下の女性に惹かれて、その顛末を描いている訳だけど、一般的には感情移入しにくい作品かもしれない。でも個人的にはとてもおもしろく読めた。読み易いのでちょっとした時間に読みきれる。

2008/02/22 22:40

投稿元:ブクログ

ゲームのこととかわからなくても読みやすかったです。
これを読んで得るものがあったかどうかはわかりません。

2008/03/29 00:32

投稿元:ブクログ

暇つぶしに買った。内容も暇つぶしにぴったりのさらっと読める漫画的なもの。主人公が面白いくらいにバブリーですが、それもまあ少女漫画的ってことで!

2011/09/28 22:39

投稿元:ブクログ

ゲームクリエーター?の主人公とコンビニ店員の女の子がゲームに登場する人物のモデルをして恋に落ちるという典型的な恋愛小説。

石田衣良特有のブランド品の描写がこれでもかというくらい出てくる。
レンジローバー、カルティエ、クロムハーツなどなど。

興味のない人には全然分からないだろうに。。。
すごいんだろうけど、名前ばかりが先行してすごく気になった。

良くできた彼女(本作では婚約者)がいるけど、他の女の子が気になる。
しかも、自分の手で徐々にきれいになっていくという王道中の王道。

少女漫画の原作にありがちな展開すぎるとも思うけど。
だからこそ、石田衣良のファンは女性率が高いのかもしれない。

無機質な描写が多いから何も感じないのかも。
登場人物は魅力的なのに活かしきれていなくてとても残念だった。

2007/10/20 14:32

投稿元:ブクログ

うーん、「石田衣良らしい」ストーリーだった。
最後の結末には、納得いかない。
無理やりハッピーエンドなんて。大人じゃない。

2007/11/11 05:04

投稿元:ブクログ

ピグマリオニズム(自分で作った人形に恋してしまうこと)を衣良さん仕立てに描いた作品。コンセプトは面白かったが内容は盛り上がりに欠けた。

2008/03/23 00:32

投稿元:ブクログ

なんだかしっくりこないお話だった。結局何がいいたいのか?ただの恋愛小説なのか。ピグマリオリズムな題材の割にはあんまり素敵なお話ではなかったなぁ先がよめちゃったし。無機質な東京の姿、でも、歴史がちゃんとあって今がある東京。リアルなものはリアルに、バーチャルなものはバーチャルに。ですか。

2007/12/15 15:05

投稿元:ブクログ

マスター・オブ・ゲーム=MGと呼ばれる天才ゲームソフト制作者・相良は、新作のモデルに翼のタトゥを背負った少女・ヨリを選ぶ。映像モデルとして完璧な「人形」ぶりを発揮するヨリに、MGの孤独は癒されていく。だが、彼女には愛する男の不幸が見えるという異能があった。東京の今を描いた長編恋愛小説。最後はやっぱりそうなるんだと思った。婚約までしていた裕香は気の毒だな…

2008/02/11 08:18

投稿元:ブクログ

リアルなものは、リアルに。
ヴァーチャルなものはヴァーチャルに。


割とありがちな展開だし恋愛小説だから驚きも何もないけど
ヨリとのシーンがすごく好き。キスしながら、抱き合いながら部屋まで戻るなんて、情熱的。ヨリに感情移入しすぎて裕香に嫉妬するくらい。

2007/10/01 22:14

投稿元:ブクログ

すらすらと読めました。ヨリほんまに可愛いんやろうな〜★えっちな場面が多かった気がします。笑

07/09/30

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む