サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 恋のドレスと大いなる賭け

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋のドレスと大いなる賭け(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/252p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601080-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恋のドレスと大いなる賭け (コバルト文庫 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)

著者 青木 祐子 (著)

クリスとパメラが営む小さな仕立屋『薔薇色』に、名門オルソープ伯爵家の令嬢アディルのアフタヌーン・ドレスの注文が入る。ただひとりのパートナーの目を釘づけにするドレスに仕立て...

もっと見る

恋のドレスと大いなる賭け (コバルト文庫 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー)

514(税込)

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー9 恋のドレスと大いなる賭け

410 (税込)

ヴィクトリアン・ローズ・テーラー9 恋のドレスと大いなる賭け

ポイント :3pt / 紙の本より104おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「恋のドレスと大いなる賭け」が含まれるセット商品

商品説明

クリスとパメラが営む小さな仕立屋『薔薇色』に、名門オルソープ伯爵家の令嬢アディルのアフタヌーン・ドレスの注文が入る。ただひとりのパートナーの目を釘づけにするドレスに仕立ててほしいという要望に応えようとするクリスだが、アディルの相手を知ってショックを受ける。シャーロックは、彼を拒絶し、仕事も進まなくなってしまったクリスに気を揉むが、闇のドレスが再び影を忍ばせ…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

2012/05/20 19:31

投稿元:ブクログ

シリーズの今までのなかでいちばん面白かったかも。

アディル嬢はあきさんの挿絵でも文章のなかでも文句なく美しく綺麗で麗しいし、
シャーロックがクリスに拒絶されてきれてるシーンもおいしかったし、
フォローのいれかたは相変わらずだったけど、
ダービーで恋のドレスを着たアディルに見とれてしまうのもかえって嘘くさくなくてよかったし、

ついにリンダが姿を現したっぽいのもこの先に期待を持てて、
一日一冊でやめておこうと思うのに、次の巻にも手を出して睡眠不足になる日々はまだ続いちゃうかんじ。

2008/01/11 10:12

投稿元:ブクログ

クリスにライバル登場!? まぁ、階級的にも、性格的にもクリスはライバルだなんて思わないんだろうけどw 今までにもシャーリーに近づく令嬢はいたけど、アディルはかなり強敵になりそうな感じ。「頑張れクリス!」(笑)。

2007/10/30 11:09

投稿元:ブクログ

シャーロックのバァァァカァァァー!
と、叫びたくなりました。
普段読むのが推理系なので、逆に新鮮ではまってしまったラブロマンス小説(?)

2008/05/17 00:06

投稿元:ブクログ

何だかすごく今更ですが、「このふたりが幸せに結ばれることはないのかもしれない…」と、しみじみ思った巻でした。何だかんだ言って、シャーロックは家柄を捨ててクリスの手を取ったり、他を抑制してクリスを迎えたり、そういったことを最後まで選べないような気がする…。(2008.04.05読了)

2012/12/31 17:13

投稿元:ブクログ

クリスの作るドレスが自分の恋敵(?)のもの!?
自分の気持ちを知っちゃうとなかなかいろいろ難しいもんですよなぁ。

2008/02/16 02:48

投稿元:ブクログ

少しお話が加速し出す巻というイメージです。アディル嬢の勝負に出たところが綺麗に決まっていてとても好きです。しかしシャーロックにはイラッとします。なんか、なんて間が悪いんだー!と可哀想にも思うんですけど、でもやっぱりねえ。2人の恋はどうなっていくのでしょうか!?そしてイアンとパメラにも注目ですね。パメラは過去を気にして素直になれないという感じですよね。んん、この2人もどうなるのか、アントニーがどう絡んでくるのかとか、そこも気になります。

2007/10/09 20:39

投稿元:ブクログ

だから、相手の自分への気持ちは確認しておいて自分の方の気持ちを伝えてないくせに苛立ったりするのは貴族の傲慢ですって。・・・身分違いという柵に囚われるのは分かりますが。

2007/10/21 20:41

投稿元:ブクログ

『叶えたい、想いがありますか?』

今度のお客様は美しい令嬢。彼女には婚約者候補がいて・・・?(本文カバーより)

自分の気持ちに素直になり始めたクリスがかわいいです♪
シャーロックも自分の気持ちを伝えないと〜…。クリスがかわいそうで、かわいそうで。。。早く幸せにしてあげてください。

2007/10/26 00:05

投稿元:ブクログ

シャーロック―――!!!
おまっ、頭を冷やせ。
クリスがかわいそすぐる・・・クスン。
早く次の巻出てほしいです。
ヴィクロテは面白いw乙女のロマンですねwリョ桜に似てますwちょっと甘さの足りない焦らしプレイ。やるじゃん(笑)
シャーリー萌え!!

2014/06/28 14:04

投稿元:ブクログ

http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/blog-entry-414.html

2011/02/13 09:19

投稿元:ブクログ

クリスとパメラが営む小さな仕立屋『薔薇色』に、名門オルソープ伯爵家の令嬢アディルのアフタヌーン・ドレスの注文が入る。ただひとりのパートナーの目を釘づけにするドレスに仕立ててほしいという要望に応えようとするクリスだが、アディルの相手を知ってショックを受ける。シャーロックは、彼を拒絶し、仕事も進まなくなってしまったクリスに気を揉むが、闇のドレスが再び影を忍ばせ・・・。

ストーリー自体はいいのだけれど、この巻のシャーリーには本当にがっくりさせられました。何このヘタレ男・・・(怒)女をナメんなとパメラあたりが説教してやればいいと思う。もっと殴ったれ。クリスは現実を悪い意味で悟りすぎて可哀そうになる。もうちょっと夢見るお年頃でしょう。過去が過去だから大人びてしまってるのもあるのかな。二人ともそろそろこの恋と真剣に向き合うべきだと思うぞ。ぐだぐだ感が次で薄まることを願います。今回一番カッコよかったの、何気にイアン先生じゃないのかしら。プロポーズ、やるときはやるじゃない!

2009/01/06 01:50

投稿元:ブクログ

19世紀イギリス。仕立屋『薔薇色(ローズ・カラーズ)』のミス・クリスティン・パレスの作るドレスは恋を叶えると評判。看板である美人売り子のパメラと共に順調に店を営んでいた。そんなクリスのもとに、公爵家嫡男シャーロック・ハクニールが妹の為にドレスを作って欲しいと注文を持ってくる。そこから二人の縁は始まるのだが……

階級社会イギリス。貴族として全てを兼ね備えたシャーロックと、労働階級の内気なクリス。二人は友人から始まるのですが、レーベルがコバルトだけあって、恋愛の描写が丁寧です。でも階級差がありすぎます。貧乏貴族と資産家の中流階級が結婚するのはよくある話ですが、ハクニールは名も実も揃った名家。少女小説とはいえ、その辺は甘くないです。「恋のドレス」というファンタジー要素があっても、そこはご都合主義じゃなくてよい感じ。

あきさんのイラストも好きです。

2015/10/25 09:10

投稿元:ブクログ

シリーズ9


シャーロックの婚約者のアデル嬢登場!

やっぱりクリスを応援しちゃうよねー

ママもチラリと登場して、
次間が気になる!

2011/02/26 13:28

投稿元:ブクログ

わー!きゃー!
シャーリーとクリスのじれじれ感がアディルを挟んで最高潮じゃないかと思いました。(言葉が足りてません)
クリスが健気にシャーリーを信じるっていうのが、読んでて辛かった。でも、アディルが意外と嫌いな感じじゃないってのが、救いかなと思いました。むしろコネーリアの方が…もにょもにょっていう…。この巻で、シャーリーは、父、アルフレイドに嵌められてた気がします。次巻が気になる終わり方ですよ!余韻残して終わってる気がする!!

2011/06/20 23:02

投稿元:ブクログ

うわーん、シャーリーのバカー!と思いつつ、本を閉じた。

ちょっと、キツイ巻だったなぁー。いつも通り面白かったんだけど、内容が暗めで、苦手とするところだったので、☆3つ。心狭くてすんません。
 
前巻がいい感じだった分、今巻がぁぁぁーーーーっ!
次巻もこの関係を引きずっていたらどうしよう。
 
終始二人の関係でモヤモヤされっぱなしでしたが、その分パメラとイアン先生に癒された。オアシスでした。
 
そして、もうひとつ。
このシリーズ、毎回ではないにしてもその巻ごとに一つ当時のイギリスの風俗に関して書かれていたりします。汽車だったり車だったり、演劇だったり。今回は競馬でした。歴史に詳しくないので、真偽のほどは分かりませんが、競馬場の風景など楽しく読ませていただきました。

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む