サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鉄球姫エミリー(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2007.9
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/419p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630375-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 八薙 玉造 (著)

王女ながらも、通常の鎧の三倍の装甲を誇り、輝鉄と呼ばれる鉱石により爆発的に身体能力を向上させる鎧、大甲冑を纏い、鉄球を振り回す少女エミリー。弟王との玉座を巡る争いを避ける...

もっと見る

鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

鉄球姫エミリー

410(税込)

鉄球姫エミリー

ポイント :3pt / 紙の本より310おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

王女ながらも、通常の鎧の三倍の装甲を誇り、輝鉄と呼ばれる鉱石により爆発的に身体能力を向上させる鎧、大甲冑を纏い、鉄球を振り回す少女エミリー。弟王との玉座を巡る争いを避けるために、辺境に身を置くエミリーだが、なおも陰謀の手は迫る。弟王派から放たれた黒い大甲冑に身を包んだ暗殺者、亡霊騎士。その突然の襲撃が屋敷を襲う。エミリーを護るために命さえも懸ける護衛騎士、装甲侍女たち。美しき王女を巡る死闘の行方は…!?第6回スーパーダッシュ小説新人賞大賞受賞の重装甲ファンタジー小説、堂々開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

【スーパーダッシュ小説新人賞大賞(第6回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/02/11 02:12

投稿元:ブクログ

あらすじと挿し絵にによる内容詐欺にもほどがあるwwwこれはひどいwww

 詐欺具合でいえばエルフェンリート並な気がする。


 一見(あらすじ&挿し絵だけでの印象だと)イロモノ臭い&萌え系のソードオペラっぽいですが、いざ内容を見てみるとガチで血生臭いです。
序盤主人公のエミリーが普通にムカつくキャラというのもやや間口を狭くしているような。


 しかしある程度読み進めて、ストーリーが緊迫した状況にさしかかると後はもう息つく暇も与えぬくらいシリアスが続きます。
それと展開、結末が全く読めません。
正直読んでて「マジかよ…」という思いを何度か抱かされました。(もちろんいい意味で。)


 加えて死に方の描写が非常に生々しい。
ってか挿し絵がコレであの表現は無いわwww
まぁそこのギャップがゾクゾクして非常に面白かったんですけれど。


 知名度が低いのが惜しすぎる。もう電撃大賞これでいこうZE!
今更中古で、しかも半分冒険気分で買った自分がいうのもなんですが、久しぶりに素直にもっと売れてもいいと思える作品でした。
第1印象で損をしている分、実際に読んでみてその印象がいい意味で裏切られたときの面白さは損を補って余りある。個人的に大当たりの1冊。

(以降ネタバレ気味のため読む予定の人は引き返しましょう)
























 何が読めないかっていうと登場キャラクターの生死が読めない。自分としては筆者の選択はGJ。死亡フラグビンビンのキャラが生存したり、「あーはいはいピンチワロスワロスwww」と楽観してた主要っぽいキャラがホントにあっさり死んだりと、鬱展開好きにはたまらない1冊。

2011/06/30 01:25

投稿元:ブクログ

全5巻完結
死屍累々を築いた果ての最終巻の昂揚は鳥肌物
エミリーはその性癖もあって強烈なキャラクター

2013/12/31 03:38

投稿元:ブクログ

「戦闘:暗殺者対姫様一行」というそれだけの話なのだが、とにかく熱い。敵味方どちらも「死んで欲しくない」人々なのに、容赦なく負傷し、無情に死んでいく。「人間同士の殺し合い」が真っ正面から描かれている。

2013/05/23 18:30

投稿元:ブクログ

王女ながらも、大甲冑と呼ばれる身体能力を向上させる鎧を纏い、鉄球を振り回すエミリーの物語。

豪快かつエロ親父みたいな言動で、鉄球を振り回すエミリーのキャラが濃く、また内容も濃い。王座を巡る争いと、それに対するエミリーの甘さが戦いを招き、容赦ない展開が待っている。
畳み掛けるような怒涛の展開に、おもわず読み進めてしまった。

この内容を好きな人は、この絵では手に取らないんじゃないかな。絵で損してると思える作品。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む