サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

センセイの鞄(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 125件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/09/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-129235-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

センセイの鞄 (新潮文庫)

著者 川上 弘美 (著)

ひとり通いの居酒屋で37歳のツキコさんがたまさか隣りあったご老体は、学生時代の国語の恩師だった。カウンターでぽつりぽつりと交わす世間話から始まったセンセイとの日々は、露店...

もっと見る

センセイの鞄 (新潮文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ひとり通いの居酒屋で37歳のツキコさんがたまさか隣りあったご老体は、学生時代の国語の恩師だった。カウンターでぽつりぽつりと交わす世間話から始まったセンセイとの日々は、露店めぐりやお花見、ときにささいな喧嘩もはさみながら、ゆたかに四季をめぐる。年齢のはなれた男女の、飄々として、やがて切々と慈しみあう恋情を描き、あらゆる世代をとりこにした谷崎賞受賞の名作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【谷崎潤一郎賞(第37回)】【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

うつうつとうつろうあわあわとしたあわい

ジュンク堂書店三宮店さん

 物語の後半の章に「干潟ー夢」という章がある。前章で「センセイ」と旅に出た「わたし」がついに思いを遂げ、センセイと同衾、つまり同じふとんで眠る、その時見た夢、と読める部分だ。「ここは、どこですか」と聞くと「よく、わからんのですよ」とセンセイは答え、なおも「ここは、どういう、場所なのですか」と追求すると、「何かのね、中間みたいな場所なようですよ」「境、といいましょうか」とあいまいなことを言う。「中間」、「境」、つまり生と死のあわいの世界ということだろう。

 ここが本来の「センセイ」と「わたし」の、定位置なのではないだろうか。この章だけが先生と私の、肉体を持たない魂がさまよう「現実」の世界で、残りのすべての部分はそんな二つの魂が想像する「夢」の物語・・・・・・一見リアリズム風に描かれたその他の章からは、一貫して人間のざわめきが聞こえてこない。登場する会話は主人公二人と彼らが係わるほんの数人のものだけだし、その内面が描かれることはほとんど、ない。むしろふだんよく注意していないと聞き取れない、木々のざわめき、波の音、動物の鳴き声や虫の声・・・・・・などが物語ぜんたいを形作っている。加えて季節の移ろいごとに紹介される旬の料理、飲みものが豊かな彩りを添える。ほんとうに夢のような世界だ。夢はうつつでうつつは夢。反転した二つの世界。そんな読み方があってもいいと思う。

 主人公「ツキコさん」のフルネームは「大町月子」。一文字ちがいの実在の人物に大町桂月という人がいる。明治から大正にかけて活躍した詩人・随筆家で、酒と旅をこよなく愛したという。日本全国を旅して、優れた紀行文を多数書いたらしい。著者がこの人物をイメージしたかどうかはわからないが、もしそうだとしたら、「センセイ」のイメージとぴったり重なり合う。もともと分身どうしであった彼らが最後にひとつに結ばれるのはむしろ必然の成りゆきで、そうであったならばいいなあ、という思いを持って、この小説を再読した。

みんなのレビュー125件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

おとなのファンタジー

2016/02/20 08:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読というのは、少し怖い。
 その本がお気に入りであればあるほど、怖さが増す。
 再読をしてがっかりしたらどうしよう。最初の感動が薄れやしないか。
 手にしたいけど、なんとなく遠ざけておきたい。
 私にとってのそんな一冊が、この本だった。
 結果は杞憂であった。
 やっぱりあったかい気持ちになって、それはこの物語のツキコさんとセンセイが居酒屋で口にする肴や酒の感じに近く、満足して外に出れば月が煌々と輝いていたりする気分になっていたりする。

 新潮文庫のこの本には文芸評論家の斎藤美奈子さんの解説が載っていて、その冒頭にこの作品が「出るまでの川上弘美は、もちろん文学好きの根強いファンがついていたとはいえ、「知る人ぞ知る」くらいの作家だった」とあるのは、まったくその通りで、川上弘美はこの作品で大ブレークして、現代作家きっての恋愛小説の書き手になった。
 私もその一人で、おそらくこの作品以降の川上弘美の作品はすべて読んでいる。

 この作品は17編の作品でできた長編小説だが、最初読んだ時は、終盤のツキコさんとセンセイがざわざわした心持ちで何やら異界で遊ぶ「干潟―夢」の章に違和感をもったが、今回はそれもすっとはいってきた。
 これは私の成長なのだろうか。
 そもそもこの小説をずっととても長い小説のように感じていたが、けっしてやたらに長いわけでもないし、読み始めると短編小説を読んでいるかのような感じすらした。
 恋をしたらその対象を過大に評価するかのような、そんな思いがこの作品にも持ってしまったのであろうか。

 ツキコさんはセンセイと一緒にいる気持ちを、本の帯にたとえてこんな風にいう。
 「買った本の帯を取るよりも取らずに置いておきたいのと同じ」。
 こういう気持ちというのは、ただただわかるというしかない。
 37歳のツキコさんが学生時代の恩師であるセンセイに恋するというのも、じつはこのただただわかるということでしかない。
 だからといって、何がわかるというのだと聞かれても、うまく答えようもないのだが。

 再読して思った。
 やはり川上弘美のこの作品はいい。とってもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なによりも、音楽を聞くような、酒の匂いがするような文字を味わう

2012/03/04 12:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本はまず、文字を楽しむ本だと思います。

 難しい漢字を使わず、ひらがなを多くし、行間も広い。
そしてそこに、お酒、日本酒がいつも流れているような。
私は文字と文字の間に酒の匂いを感じ、久世光彦さんは音楽が聞こえると書かれていました。

 月子という40歳を目前にした独身の女性。
ひとりで居酒屋で飲んでいた時に高校の時の古典の先生と出会う。
先生は、「先生」でも「せんせい」でもなくわたしにとっては「センセイ」だ・・・と
いう所からも文字から立ち上るものを大切にしていると思います。

 親と子ほども年の離れたひとり同士。
居酒屋で一緒に言葉すくなに酒を飲み、時々、でかける。
そんな2人の間に いつまでもある「距離」
月子は結婚していなくても、仕事を持ち、一人暮らしをして、独立、自立している・・・
けれども、どこか隙間があることを認めざるをえない。
そんな隙間から見えるのはいつもセンセイの姿なのです。

 大人同士のゆったりとしたつきあい。
焦ることのない関係。
待ったり、待たせたり・・・そんな押し付け合いのない関係。
センセイと月子の関係は、透明なようで、大人の暗闇を持っています。

 お酒を飲んでも乱れることなくきちんとしているセンセイ。
お酒を楽しんで飲んでいる月子。
しかし、好き嫌いがとてもはっきりしている月子。
センセイも頑固な一面を持っています。
とてもよく似たふたりなんだなぁ、と最後まで読むと感じます。

 人間関係で大切なのは、なんだろう。
「職場にね、ひとりでいいから「気安い人」を作っておくといいよ」と
年配の看護師さんが、煙草を吸いながら私に話してくれたことがあるのですが、
生活の中で、「ゆるむ時間」というのは必要だと思います。
若いころは、遊びにいく同年代の仲間がいたように思うけれど、
この物語の月子やセンセイの年になると、気を使うのが当たり前になってしまいます。
そんな中、ゆるむ時間を作れる人の存在は大きいです。
たくさんでなくていい、ひとりでいい・・・

 そんな「ゆるむ空間、ゆるむ人、ゆるむ時間」というのは
川上弘美の小説を読むとよく感じることです。
文字の間に、美味しい酒がさらさらと流れ、かすかに音楽が聞こえる。

それは、安心というものかもしれないし、親近感というものなのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡くはかない大人の恋。

2017/05/06 01:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

前評判通りの作品です。期待以上の素晴らしい時間を過ごせました。
本を読みきったというよりも、本と共に時間を過ごしたという感覚が、
川上弘美さんを読むことなのかもしれません。
独特の空気感と評されることを目にしますが、ふわふわする、
ゆるやかな気分、霧をつかもうとする、そんな感じでしょうか。

ふつうは、本を読むと共感したり、はらはらしたり、感涙したりする
ものです。どっぷり浸るほど心が満たされます。

でもですね。この作品は受ける感じが違うのですね。
文章がこちらに寄り添ってくるというか。
つかもうとすると逃げていくというか。
期待通りに進まず、もどかしい気持ちが芽生えそうになった
その瞬間に、心にふっと投げ込んできます。
よしきたっとアクセルを踏もうとすると、すいーーー。
捉えどころがないという感覚ではないのですけどね。
説明が難しいです。

ツキコさん。駅前の一杯飲み屋でセンセイと隣り合わせて以来、
飲み友だちです。
大町ツキコさんですねと呼びかけられ、ご老体を眺めつつ
うなずくと、高校の教壇に立っていた姿をかすかに思いだしました。
国語を教わったのです。

三十七才で独身。
キミは女のくせに一人でこういう店に来るんですねと、センセイに
言葉を投げられます。
「はあ」
怒るでもなく恥じらうでもなく。
センセイがなじっていないことがツキコさんの反応で分かります。

一回目はセンセイが払いました。二回目はツキコさん。
三回目からは、勘定書もそれぞれ、払うのもそれぞれになりました。
連絡は取りあいません。
たまたま店で会えたら一緒に飲む、そんな間柄です。

斎藤美奈子さんの解説にとても共感しました。
ベストセラーになった理由が、中年・老年男性たちにひょっと
したら自分もと甘い期待を持った人が続出して、幸福な誤解を
持ったという一面。

もちろん誤解ですよ。それを否定せず、やんわり受け止める
優しい解説です。そして、この小説の魅力が男性と女性の
単身者の矜持と評してあり、とても納得しました。

凛としていて涼やかで背筋が伸び、それなのに心はふわっと
温まる、そんな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センセイの鞄

2008/08/28 17:50

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

 37歳独身女性と高校時代の恩師である元国語教師との恋愛。30歳(以上でしょう、多分)もかけ離れた女性との恋を成就させるというお話なのだから、平凡な老人男性の側から見ればこれはもうファンタジー、おとぎ話の類なのではないでしょうか。それだからこそ、発表当時は中高年男性を中心に多く読まれ勇気を与えた、というような解説もありました。「俺だって、まだ終わってない」というところでしょうか。ただ、年齢差というファンタジー的な要素を除いてみると、どうでしょう。そういう視点で読んでみると、主人公男女の恋の形がとてもいい。奥床しくて、ほのぼのしていて、でも十分情熱的でもあり、知的であるかもしれない。居酒屋のカウンターで並んで飲む、飲み友達からスタートし、町を歩き、野山を歩き、海辺を歩く。季節を感じ、人の心の機微を感じながら、次第に密な時間を共有していく。これって恋愛の原点だな、という気がします。もうとっくにほとんど恋人同士だろう、という後半になって初めて「ツキコさん、デートいたしましょう」というセンセイのせりふも、男としてけじめをつけようとする姿勢が感じられて清々しいし、「ワタクシと、恋愛を前提としたおつきあいをして、いただけますでしょうか」というせりふも、センセイの逡巡や勇気を奮い起こす気持ちが伺え、とてもいい。これから恋をしようとする人には、是非読んでほしいと思われました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

センセイの鞄・評 fromキノコ視点

2012/01/12 22:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪以下引用≫

「ツキコさん、その魚は生きがよさそうだ」
「ちょっと蠅がたかってますよ」
「蠅はたかるものです」
「センセイ、そこの鶏、買わないんですか」
「一羽まるごとありますね。羽根をむしるのが難儀だ」
 
 勝手なことを言いあいながら、店をひやかした。露店はどんどん密になってくる。軒をぎっしりとつらね、呼び込みの口上を競いあっている。
 おかあちゃん、このにんじん、おいしそうだよ。子供が買い物籠を提げた母親に向かって言っている。おまえ、にんじん嫌いなんじゃなかったの。母親が驚いたように聞く。だって、このにんじん、なんかおいしそうなんだもん。子供は利発そうな口調で答える。ぼうやよくわかるね、うまいんだよっ、この店の野菜は。店の主人が声をはりあげる。

「うまいんでしょうかね、あのにんじん」センセイは真剣ににんじんを観察している。
「普通のにんじんに見えますけど」
「ふうむ」
 
 センセイのパナマ帽が少しはすになっている。人波に押されるようにして歩いた。ときおりセンセイの姿が人に隠れて見えなくなった。そこだけはいつも見えているパナマ帽のてっぺんを頼りに、センセイを捜した。センセイのほうはわたしがいるかいないかにはぜんぜん頓着しない。犬が電柱ごとに止まってしまうように、気になる露店の前に来ると、すぐさまセンセイも立ち止まってしまう。
さきほどの母子連れが茸の露店の前に佇んでいた。センセイも母子のうしろに佇む。
 かあちゃん、このキヌガサタケ、おいしそうだよ。おまえ、キヌガサタケ嫌いなんじゃなかったの。だってこのキヌガサタケ、なんかおいしそうなんだもん。母子は同じことを言い合っていた。

「サクラだったんですね」センセイは嬉しそうに言った。
「母子連れっていうのが、ちょっとした工夫でしょうかね」
「キヌガサタケってのは、やりすぎです」
「はあ」
「マイタケくらいにしておいたほうがいい」

≪引用終了≫


……とらえどころのないほんわりとした中に、時おり妖しさ、怖さが見え隠れしたりする独特の文体を持つ川上弘美のベストセラー。四十路手前の「ツキコ」さんと、その高校時代の教師で、どっからどう見ても正真正銘おじいさんの「センセイ」。師弟のような酒飲み友達のような恋人のような…という奇妙な間柄のふたりが、ほぼ四六時中酔っぱらいつつ、すっとぼけた掛け合いをしながら時を重ねていく。

ここに「キノコ狩」の話が入っていて、けっこう密度が濃いのでそれもおもしろいのだけど、それとは別に露店の市を二人で歩く話「ひよこ」の一節にインパクトがあるので引用してみた。……キヌガサタケ(激マイナー食材)売ってるってすごいな、というか、茸の露店ってこういう場所に普通あるか?これ日本?

もっとも、この作者の場合、本人が酔っぱらったまま文章書いてんじゃないかと思われるフシがあるばかりか、ラリってんじゃないかと疑いたくなるような幻覚の描写もしばしば出てくるので、冷静なツッコミはなんら意味をなさない。本書の「キノコ狩」の話では、まさしく毒キノコを食べる話題になって、キノコ汁食べて酒飲んで干しベニテングタケ?噛んで、あげくに最後わけわからなくなっている。

この本の良さは、老いらくの恋がどうとか、年の差なんてとか、そういう世間知からかけ離れたところに存在すると思う。で、その場所ってのは、酔っぱらって毒盛られて、あーもうわけわかんないってとこに、ぷくりと生まれてくる、なんだかデキモノみたいな、無垢の心なんだと思う。それはもう危なっかしいし、どうにもばかばかしい、そんでもって無視できない、そんなものだ。

酒の力を借りて意識と無意識のあいだをさまよう。妙に視点がおぼつかない気がするのも、妙に地に足がつかない感じがするのも、きっとそのため。そこで見つけた自分の気持ちは、本物なのか、それともまぼろし?うん。酔っぱらっているのでそれすらもどうでもいい。

以上、つまらぬゴタクを並べた上で、川上弘美をキノコ作家と認定シマス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵すぎる

2016/12/27 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人の恋愛。
読み終えた後のなんとも言えない感覚

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/15 19:44

投稿元:ブクログ

 37歳、独身でひとりの楽しみかたを知っているツキコさんは、いつものように居酒屋で飲んでいた。そこでセンセイと再会する。
 30歳ちょっと差のセンセイとツキコさんはゆるやかな関係のなかで飲みにいったり、ときにはきのこ狩りにいったりと、仲を深めていく。

 数ある恋愛小説のなかでも、こんなにあたたかく、ゆるやかで、やさしい恋愛があるだろうか。
 センセイは年齢を感じさせないほどおちゃめでかわいくて、ツキコさんも40歳を目前にした女性とは思えないほど子供っぽくて、そこに現実感は少ないかもしれないけど、その現実感を少し離れたふわふわ感が川上さんの作品の魅力なのかなと思う。
 女性と男性で感じることは大きく違う気がするので、男性の感想も聞いてみたい。

 読むたびに新しい発見がある、大好きな大好きな恋愛小説。

2009/10/06 00:34

投稿元:ブクログ

普段、恋愛小説はまず読まない私ですが
(メインが別にあって恋愛も含むものなら読む。恋愛だけだとどうしても
頭悪そげになるから苦手です。)
今回はなんとなく気が向いて読んでみました。
すごく静かで透き通った世界。
こんな恋愛も素敵だなぁと思います。

2011/02/01 17:58

投稿元:ブクログ

もうご老人のセンセイと、三十代のツキコさんのお話。

ゆっくりゆっくり関係を深めていく様子がすてき。
ごはんとお酒がおいしそうなのもいい。

少し馴染みのない表現や、作家の名前は勉強にもなった。

それから、新潮文庫のこの装丁は清潔感や哀愁を感じさせ、この本にぴったり!気にいった。

一時期流行ったというのも、わかる。

けれど、また読みたいかと言われるとそうでもない。
辛口で☆2つ。

2010/07/12 22:02

投稿元:ブクログ

「センセイの乾いてあたたかな腕に包まれて、わたしは、笑いたいような泣きたいような気持ちだった。けれど笑いもせず泣きもしなかった。わたしはただひっそりと、センセイの腕の中におさまっていた。」

あぁ、この世界が分かる年になってしまったのか。
凄く、凄く、凄く好きだった。

過去に、もう読んだことあるのに、再読してこんなにも惹かれた本は初めてだ。
凄く、きゅんとしてしまい、気持ちがぽーんと飛んでいってしまいそうだった。
とても、大好きだ。
言葉がないな。

【6/26読了・再読・個人蔵書】

2008/01/27 14:18

投稿元:ブクログ

一人で居酒屋でもどこでも行けてしまういかにも最近の独身女性、なツキコさんと、その高校時代の国語の先生なセンセイ。30以上年の離れた二人の恋物語は、とても現実では想像できないことだけど、でもなんだかリアルなのです。まあリアルと言っても、自分が30年上の人と付き合うのはありえないけども。でもセンセイみたいな、まじめで、物知りで、でもちょっとお茶目なご老体がいたら、恋人とはいなかくてもお知り合いにはなりたいなと思う。昔から時代劇でも殿様より、孫と長屋で暮らしてるおじいちゃんのほうが好きだしな。(関係ない)

2009/03/10 13:34

投稿元:ブクログ

購入者:山田(2009.01.21)小泉今日子主演の映画が割と良かったので原作を買いました。映画以上に良かったです。映画では、細かな設定も有ったのでしょうが、映像全体としてとらえるため、その映像に映ったモノに対して意味など考えず見ていました。けれども 小説は、書かれていないことは「すべて無」であり、書かれていることすべては作者が何かしら読み手に伝えたいことで有ることを感じました。自身の小説の読み方(捉え方)が変わりました。内容は、年齢の離れた男女が惹かれ合う小説ですが、女性の気持ちがとてもリアルでした。「恋愛」と括れない、読んでいると、とても癒される物語でした。気に入って3回も読んでしまいました。(返却:2009.03.10)

貸出:吉田愛(2010.01.08) 返却(2010.1.8)
年の離れた男女の恋愛って、恋愛という言葉では表せないような複雑な形をしていて、とらえどころがあんまりないんだなあ、とぼんやりおもいました。静かに進む物語で、落ち着く感じです。

貸出:佐藤(2010.8/16) 返却(2010.9/3)
本しか読んでないのですが、映画の主人公がキョンキョンってなんかイメージ合わない気が・・・。
歳をとってからの恋愛は、お互いに抱えてるものが多かったりと若い時より難しいものだとは思いますが、本当にフィーリングの合う人とは、価値観の差や歳とか関係ないということですかね。
川上弘美の作品の中ではテンポは相変わらずだけど、話は地味な方かな、と思いました。
貸出:清水(2010.9.15)返却(2010.10.1)
あとがきには、賛否両論されていましたが、情景が目に浮かんで入りやすい本だと感じました。しっとりとした本です。
貸出:Shin(2011.11.25) 返却(2011.12.12)
読み終わって、何かとっても変な感じです。老人と年の離れた女性。
あまり例のない設定です。

2007/12/18 00:32

投稿元:ブクログ

年が離れた男女の恋愛を描いていますが、単なる恋愛小説としては、読みたくない作品。

淡々とした文体が、少しずつ、ゆっくりと思いを募らせていく二人の心情(恋情)を、うまく表現しています。
穏やかなのに、強い思いが秘められていて、それでいて優しい。
最後は、悲しい結末なのですが、何故か幸せな気分にさせられました。

2010/08/06 00:32

投稿元:ブクログ

世の中の書評やら感想やらのおかげで読まずにいた本でした。年老いた男性(もしくはそれにさしかかる中年男性)に人気だなんて。気持ち悪い。普段、週刊誌読んでる人向け?…そんな感じで手に取らずにいました。
読んでみればなんのことはないいつもの川上流の実験。数人の登場人物を設定し、リリースしてみたら…という感じではないですか。とはいえ、これを読んでもてない自分に幻をくっつけてしまったおじいさん(おじさん)はけこういるのかもしれません。
しかし物語は女性の方に主体があり、そこからの視線で書かれているもの。そこを間違えないでね、と確かに感じる物語でした。勘違いおじさん多いもの。

2011/09/22 23:01

投稿元:ブクログ

こんな設定ありえるのだろうか?と思いながらも引き込まれました。読後感がとっても良かった。ほんわかするけどせつない物語でした。何度も読みたいです。