サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/283p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-472905-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 冲方 丁 (著)

「初めて仕事で人を殺したときのこと、覚えてるか?」。国際都市ミリオポリスの治安を守る、警察組織MPBの機械化された3人の少女、涼月・陽炎・夕霧。ある日、涼月は、初出撃時の...

もっと見る

オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder (角川文庫 角川スニーカー文庫)

596(税込)

オイレンシュピーゲル 参 Blue Murder

583 (税込)

オイレンシュピーゲル 参 Blue Murder

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「オイレンシュピーゲル 3 Blue Murder」が含まれるセット商品

オイレンシュピーゲル (角川文庫) 全4巻完結セット(角川文庫)

オイレンシュピーゲル (角川文庫) 全4巻完結セット

商品説明

「初めて仕事で人を殺したときのこと、覚えてるか?」。国際都市ミリオポリスの治安を守る、警察組織MPBの機械化された3人の少女、涼月・陽炎・夕霧。ある日、涼月は、初出撃時の記憶がないことに、あらためて疑問を抱く。彼女たちは、人殺しでトラウマを背負わぬよう、“人格改変プログラム”を適用されていた。あのとき、本当は何が起こったのか?クールでキュートでグロテスクな“死に至る悪ふざけ”(オイレンシュピーゲル)、核心に迫る第3幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

個人的には『スプライト』担当の、はいむらきよたかのイラストより、こっちの白亜の絵のほうが好きですね。CGらしいお色気がいいんです

2008/03/11 21:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

矢継ぎ早に出版されるので、見落としてしまいそうになった冲方の新シリーズ。いやはや見つけといてよかった・・・。で、前回は『スプライトシュピーゲル』と同じ事件を別の角度から描くという構成でしたが、今回は元に戻った感があります。ちなみに、今までの巻の構成をザックリまとめておけば

第一巻 『オイレンシュピーゲル』(連作集)に対し『スプライトシュピーゲル』(連作集):舞台のみ共通。
第二巻 『オイレンシュピーゲル』(長編) に対し『スプライトシュピーゲル』(長編) :事件も共通。
第三巻 『オイレンシュピーゲル』(連作集)に対し『スプライトシュピーゲル』(長編) :過去を共にしながら事件は別。

となります。前回はっきりした繋がりは前提条件になりましたが、前回ほど二つのシリーズが融合している感はありません。多分、この流れでいけば、四巻あたりで再び二つの話が合流する気がするのですが。ま、いつかはそうなることがはっきりしているので、あえて強調しても意味はないか・・・

カバー後ろの案内ですが

「初めて仕事で人を殺したときのこと、覚え
てるか?」。国際都市ミリオポリスの治安を
守る、警察組織MPBの機械化された3人の
少女、涼月・陽炎・夕霧。ある日、涼月は、
初出撃時の記憶がないことに、あらためて疑
問を抱く。彼女たちは、人殺しでトラウマを
背負わぬよう、“人格改変プログラム”を適
用されていた。あのとき、本当は何が起こっ
たのか?クールでキュートでグロテスクな
“死に至る悪ふざけ(オイレンシュピーゲル)”、核心に迫る第3幕!

です。カバーイラストは白亜右月、個人的には『スプライト』担当の、はいむらきよたかのイラストより白亜の絵のほうが好きです。コスチュームの色や光の入り方が秀逸で、CGなんでしょうが、ぬめっとした感じが出ていて、単にお色気で終っていません。カバーデザインの朝倉哲也は共通ですが、『オイレン』では朝倉哲也+design CREST、『スプライト』では朝倉哲也(designCREST)と書かれています。他にも微妙な表記の違いが・・・

各話の内容と初出を書いておきます。

第壱話 Like Blue Murder (「ザ・スニーカー」2007年4月号):機械化された少女・涼月・ディートリッヒ・シュルツ。彼女の幼なじみで機械化された少年・吹雪が、突如、昏睡状態に陥る。彼の脳は“犠脳体兵器”として利用されようとしていた・・・

第弐話 Scarlet Ob-La-Da (「ザ・スニーカー」2007年10月号):人生は最高だ、と心の中で叫ぶ陽炎・サビーネ・クルツリンガー。彼女が不快に思うのは憧れのミハエル中隊長の恋人・モリィ捜査官・・・

第参話 Holy Week Rainbow (「ザ・スニーカー」2007年2月号):夕霧・クニデング・モレンツが惹かれているのは公園で毎日のようにヴァイオリン演奏を聞かせる16歳の美少年白露・ルドルフ・ハース・・・

政治家が下衆で厭らしい存在であることは、海外はともかく日本では明治以来の歴史があります。それは利益誘導を第一とする彼らにとっては当たり前なのでいいのですが、官僚、警察や軍が本来彼らが仕えるべき市民を顧みず、自分たちの覇権争いに現を抜かすとどういうことになるか、そこにテロがつけこむとどうなるかがこのシリーズのテーマともいえます。

これにしたって省庁の駆け引きという言葉があるように、現在の日本では当たり前のことなんでしょうが、読んでいて怒りで胃がキリキリしてきます。そんなことに、如何に武装しているとはいえ、少女たちを巻き込んでいいのか!と思いながら読むべきシリーズ。感動よりは怒りを!

おまけ 幸せなら手を叩いて伝説のフルスイング (書き下ろし)
あとがき

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三人の日常的馬鹿騒ぎ

2007/12/14 21:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケルベロスの三人それぞれにスポットを当てた三つのストーリー
キャラクターの内面を描き、外見のイメージと違う姿を見せています
失われた記憶を共通テーマとしてじわじわと物語の核心に迫りつつ、それぞれの日常が面白い
様々な要素が複雑に絡み合っていますが、一つ一つの話は綺麗に纏まっていて読みやすかったです






このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/18 11:28

投稿元:ブクログ

MPBの特甲少女の過去にまつわる話×3+はじけたおまけ。人格改変プログラムによって記憶の一部が抜け落ちてしまっている彼女らの記憶を巡ってそれぞれの想いが交錯します。ミハエル中隊長が相変わらず格好良いですね。あと吹雪が非常に可愛いらしい。

2007/12/19 00:21

投稿元:ブクログ

今日(2007.12.18)、この参巻を読み始めました。

面白いです。

二巻のラストで涙ぐみかけたのは内緒です。
強くあろうとする女の子に弱いです。

2011/04/30 20:12

投稿元:ブクログ

遊撃小隊の休日に起こった出来事の話。なんだかんだ言いながらも涼月と吹雪は仲がいいなあなんて思ってたら、吹雪が涼月に放った言葉が何よりも衝撃的でした。一体なにがどうなってそうなったんですか。それと陽炎がぬいぐるみの贈り主を探していくうちに、戦闘に巻き込まれて孤軍奮闘する姿がかっこ良かったのです。でもいくらなんでもその部屋は片付けましょう。夕霧に関しては、いつか本当の幸せを取り戻せる日が来てほしいと願うしかありません。物語もレベル3、人格改変プログラムと一層不穏な影が見えだし、先が気になります。

2010/12/02 17:24

投稿元:ブクログ

2010 10/2読了。たぶん有隣堂で購入。
涼月メイン、陽炎メイン、3人とも主役級だけどやや夕霧メインの短編計3本+掌編。
今までオイレンよりもスプライトの方が好きだなあ、と思っていたのだけれど、この巻は両方を通じてここまでで一番好き。
特に3話目。
停電デーの夜の、三者三様の過ごし方は、それぞれいい感じだった。
特に夕霧はマジドキドキするっしょ。
それだけにその先が悲しいけど。

次は・・・このままオイレンの4巻に手をつけたい気もしつつ、スプライトの3巻に行くことにする。オイレンはお預けで。涼月と吹雪の件とか気になるけどお預けで。

2012/09/19 11:50

投稿元:ブクログ

3巻は短編
 2巻の様な密接なリンクはなし
 4巻の為の下準備。
  レベル3の謎解き もう一つの話には無い話

2009/05/15 19:05

投稿元:ブクログ

特甲児童の秘密が、少しずつ明らかになる巻。
そしてなんと恋愛もあり。

この巻でも、各3章がそれぞれ3人の視点から描かれたものになっています。
いつもは、別行動でもどこかで連携できている印象があったんですが、今回は心もバラバラな感じで、どこかでボロが出るんじゃないかとハラハラしました。

「生きる」ために選んだ道で、運命に翻弄される様が切ない回だったなと思いました。
これからの3人が、それにどう立ち向かっていくのか気になります・・・が、最後のおまけで笑わされて、そんな感傷も吹っ飛んじゃった!

2012/09/06 00:08

投稿元:ブクログ

聖書が風刺としてわずかながら例えに出てきます。
最初はそれが作品の深みになるかと思っていたのに
どうやらただの小ネタのようだ。

過去の記憶すら奪われ、苦悩する少女たち。

試みはおもしろいと思う。
でも駄目だ、好きになれない。

何か決定的に相容れないものがあるのは、
彼女たちに感情移入が出来ないからだろうか。

これでシュピーゲルシリーズはいったん休憩。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む