サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中原中也全詩集(角川ソフィア文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 角川学芸出版
  • レーベル: 角川ソフィア文庫
  • サイズ:15cm/797p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-117104-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫)

著者 中原 中也 (著)

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫)

1,469(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

中原中也全詩集

1,069(税込)

中原中也全詩集

ポイント :9pt / 紙の本より400おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

山羊の歌 17−133
在りし日の歌 135−265
末黒野 267−271

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

中原中也全詩集

2016/06/05 15:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kiyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

心に沁みる。
ひどく沁みる。

自分のことのように
彼の生きざまがツラい。

もがいてもどうしようもない
人生を彼が描ききってくれた気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/20 22:38

投稿元:ブクログ

こんなものも読んだりします。
散文はよくわかりませんが、口に出してみるのは好きです。
理解するのでなく感じるものだということにしています。

短歌や俳句なども好きです。知識が無いので何を読んでよいのかわからないのが欠点です。

2008/07/18 00:55

投稿元:ブクログ

初めて好きになった詩人が中原中也でした。
教科書に載っているようなのよりも、初期の詩の方が個人的には好き

2017/02/09 23:11

投稿元:ブクログ

トタンの屋根がセンベイみたいに夕陽を食ってしまったとして
それになんの不都合があろう
空と山とに笑われながら、思いの丈を現在に叩きつけても
それはまったく自由であろう
だが自由とは
他者の自由を禁ずる自由でもあったというわけなんですよ
それに気づいた友人たちが
去っていくのを見送ったあと
テンポ正しく真面目にやろうと
思ったときには遅すぎた
中也も息子も早くに死んで
あとには自分のポエムのみ
汚れっちまった悲しみのように
誰も乗らないブランコのように
打ち捨てられていた
のだった

2011/07/07 13:33

投稿元:ブクログ

詩集なので、読後の感想も詩で語りたい。


詩人の言葉には
「骨」がある
「肉」がある

詩人の言葉は
鋭い刃物で
皮膚を切り裂かれて
暗い色の血を流す

詩人の言葉は
夏空の高みに向かって
奔馬のように
駆け上がる

詩人の言葉は
サーカスのピエロのように
滑稽で
哀しくて

詩人の言葉は
底知れぬ絶望から紡がれ
それを読む者への
希望に置き換えられる

詩人の言葉は
100年の時空を超えて
その瑞々しさは
いささかも失われはしない
(了)

中原中也の詩に出会ったことは、紛れもなく私の人生を通じて最良の経験のひとつである。

2012/02/12 15:32

投稿元:ブクログ

2012/02/10読了

若くして亡くなった中原中也の全詩集。797ページのこの本に、中也の喜びや苦悩の全てが詰まっているとも言えるだろう。大学の講義にて、彼のバックグラウンドを知識として得ることができたので、それを踏まえた上で詩を読むと、より一層中也の思いに近づけるように思う。
彼の詩には様々なものがある。一様に詩の形式を固定せず、多方面にチャレンジしたとも言えるだろう。だが歌うようなリズミカルな作品が多い。音楽性を感じ取ることができる。
とはいえ、もともと楽曲の作詞をしていたことから、そこから彼の歌うような世界観があるのかもしれない。
親に最後までべったりだったし、愛する存在を次々に失って、狂ってしまったことすらあった。それでも友人には恵まれた、詩に対する情熱は人一倍だった。それこそ狂うほどだったと彼は詩に記している。
数々の作品を残し、亡くなった中也。
その生き方を再度味わうには、やはり彼の作品を鑑賞するのが一番いい。


以下、お気に入りの詩を挙げる(数字は本書でのページ数)

朝の歌p28 少年時p64 汚れつちまつた悲しみにp88
雪の宵p110 いのちの声p130 夏の夜p160
この小児p164 冬の日の記憶p166 湖上p176
骨p183 残暑p212 一つのメルヘンp230
春日狂想p256 春の日p277 暗い天候p284
夏と私p292 寒い!p297 詩人は辛いp306
タバコとマントの恋p357 初夏p374
(名詞の扱ひに)p387 雪が降つてゐるp467
湖上p483 (七銭でバットを買って)p525
別離p641 十二月の幻想p683 桑名の駅p689
道修山夜曲p717 雨が降るぞえp724

2011/02/08 02:44

投稿元:ブクログ

好きな作家の好きな詩人なので読んだらはまった。
雪みたいにしみてくる。
オノマトペがすき。
サーカスも大好きだけど、湖上って詩がもーっと好きです。

2015/08/01 17:33

投稿元:ブクログ

大正から昭和にかけて活躍した詩人、中原中也の全詩集です。文庫版ですが、読みやすくて良いです。中原中也と聞くとイメージされるのは、「汚れつちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる…」と始まる「汚れつちまつた悲しみに……」が一番でしょうか?他にも美しい自然を描いたものや人生の苦悩を絞り出したものなど、たくさんの詩を残しています。作品から想像できませんが、だいぶ破天荒な人生を送っていたらしく、大岡昇平や太宰治とのエピソードは有名です。全詩集なので、気になる詩やグッとくる詩を探しながら読むのは楽しいですよ。

2010/04/29 01:17

投稿元:ブクログ

・・・・・書きかけ・・・・・


103年前の1907年(明治40年)4月29日に山口市に生まれた詩人。1937年(昭和12年)10月22日に30歳で没していますから、絵に描いたような夭折である訳ですが、

2011/11/05 19:45

投稿元:ブクログ

「春日狂想」の「愛するものが死んだ時には、自殺しなけあなりません。愛するものが死んだ時には、それより他に、方法がない」という冒頭は、かなりショッキングだった。
息子を亡くして書いた詩だとどこかで読んだが、似たような経験をした私は、それでも結局自殺という道を選ばずに最期まで精神不安と結核とたたかった中原中也に勇気づけられた。

角川文庫ソフィア ランキング

角川文庫ソフィアのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む