サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 「三十歳までなんか生きるな」と思っていた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「三十歳までなんか生きるな」と思っていた
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-1642-7
  • 国内送料無料

紙の本

「三十歳までなんか生きるな」と思っていた

著者 保坂 和志 (著)

結論に逃げ込まずに、「考える」行為にとどまりつづけろ!自分の人生をつかむための粘り強い思考の方法。【「BOOK」データベースの商品解説】結論に逃げ込まず、「考える」行為に...

もっと見る

「三十歳までなんか生きるな」と思っていた

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結論に逃げ込まずに、「考える」行為にとどまりつづけろ!自分の人生をつかむための粘り強い思考の方法。【「BOOK」データベースの商品解説】

結論に逃げ込まず、「考える」行為にとどまりつづけろ! 若き日の自分と対話しつづけることこそ、社会のどうでもいい価値観から自由でいるための唯一の方法だ。自分の人生をつかむための粘り強い思考の作法。〔「いつまでも考える、ひたすら考える」(草思社文庫 2013年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保坂 和志

略歴
〈保坂和志〉1956年山梨県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。「草の上の朝食」で野間文芸新人賞、「この人の閾」で芥川賞、「季節の記憶」で谷崎潤一郎賞、平林たい子文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

考えるホサカさんとともに考える

2008/04/05 17:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホサカさんは、職業としては小説家といって間違いないのだろうし、かくいう私とて、彼が小説家だから(名前と少しの写真の上で)知っているのだから、やはり社会的認知としてみても小説家というのが、他の呼び方があるにせよさしあたりのベストとはいえる。



しかしそれはあくまで「さしあたり」のことなのかもしれない、と思わせるものが、『「」三十歳までなんか生きるな」と思っていた』にはあって、それは1つにはこれが本業(だと思われる)の小説としての仕事ではなく、にもかかわらず、ともすると小説よりも知見に満ちているような気すらするからで、それはタイトルにも顕著に表れている。



もちろん、エッセイストとしてのホサカさんもまた、多くの、魅力的な文章を書いてきたのだが、この長いタイトルは、単に長いことで目立つばかりでなく、なんというか、そう思ったその当時のその感触を、なるべくそのまま──「感じたまま、考えたまま」書いたという痕跡が色濃く残っているから重要なもののようにみえるのであり、端的にいえばそれはエッセイとか小説といったへだてをこえた「思考の軌跡」なのではないか。



そういえばカタいのだとすれば、これは、ホサカさんが考えながら、それを頭の中で処理することなく(とはいえ、実際せずには書けないだろうから、その処理のウェイトをあたう限り低めにして)、文字として書き付けたもの、つまりは考えながら書いているというか、書きながら考えているというか、そういう臨場感というか生々しさがここにはあって、それは書かれたエッセイのテイストを決めるだけでなく、実は小説にも共通するところが多いように思われる。そう考えてくると、最近のホサカさんが、老齢にいたってなお現役作家として考えながら書いていた先輩作家・故小島信夫さんにいたく影響を受けていたことも、実にするすると納得がいくのだ。納得納得。一見、いわゆる携帯やブログで「崩れた」文章の一例にみえてしまうかもしれないこうした文章は、しかし書こうと思って書ける者では決してないし、ブログに垂れ流されているそれらとも、はっきりと説明するのは難しいのだけれど、違うもののように思われる。なぜなら、それはだらだらした文章のようでいて、文章でありながら思考でもあるからで、ということの説明は、やはりとても難しいので、考えたことを文章に「そのまま」することにチャレンジするかたわらホサカさんのの小説=エッセイをビールを飲みながら読む、そんな贅沢な時間をつくるのが一番かもしれません。なにしろ、この本にだって「肝心なことは言葉では説明できないのだ。」と書かれているのですからね☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長い時間

2007/12/26 23:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

保坂さんは、忘れられていた人が歳月を経て復活する話が問答無用に好きらしい。それも、その歳月が長ければ長いほど。

問答無用なのでもうこれ以上ああだこうだ言う術はないのだが、時間の長さというものは、長い時間をかけなければきっとわからないもので、「長い歳月をかけて復活」するとはどんなことなのかも、長い時間を経てみないとそれがどんなことなのか、よくわからない。

保坂さんは、長いブランクを超えて訪れる汗や涙という「美談」がすきなわけではなく、長さそのものが好きらしい。そう、たまらないのは、長さなのだ。長くないとわからないことがある、ということに気づいて、自分はなぜか、感動した。

長い、は今を積み重ねることでしか得られない。そして何かを真摯に考える今の痕跡が、この本にはある。その痕跡に必死に付き合うことも、自分にとっては心地よい今だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/15 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/11 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/05 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/24 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/17 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/06 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/02 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/16 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/16 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/07 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/27 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/22 05:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/08 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る