サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

100万回生きたねこ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 571件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1977.10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:25×27cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-06-127274-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
絵本

紙の本

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本)

著者 佐野 洋子 (作・絵)

100万回生まれかわっては、飼い主のもとで死んでゆく猫。飼い主たちは猫の死をひどく悲しんだが、猫自身は死ぬのなんか平気だった。ある時、猫は誰の猫でもない野良猫となり、一匹...

もっと見る

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本)

1,512(税込)

100万回生きたねこ

1,296 (税込)

100万回生きたねこ

ポイント :12pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店三宮店

紙の本
セット商品

教科書にのっている本〈絵本〉2013 10巻セット

  • 税込価格:14,796137pt
  • 発送可能日:購入できません

佐野洋子の本 8巻セット

  • 税込価格:11,124103pt
  • 発送可能日:7~21日

講談社ベスト絵本 16巻セット

  • 税込価格:26,438244pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

100万回生まれかわっては、飼い主のもとで死んでゆく猫。飼い主たちは猫の死をひどく悲しんだが、猫自身は死ぬのなんか平気だった。ある時、猫は誰の猫でもない野良猫となり、一匹の白猫に恋をする…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー571件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

100万回生きたねこ

2012/07/25 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

命の尊さを白い美人ねことの出会いからシマねこは気付いたこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有名すぎる本

2015/08/17 20:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名ですが、私は詳しく知りませんでした。名作はおさえないとね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かな感動

2015/10/12 02:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本の中でこれより素晴らしく、生きること、愛すること、死ぬこと、について、柔らかくやさしくまた切なくそしてあくまで淡々と語った本はないと思う。人生の中で何度でも何度でも手にとり読むたびにまた、新しく感動できる。それは静かさに満ち、愛しいものを喪失するということの、必然性をまっすぐ見つめる。多くの人に出会ってもらいたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人の心に響く絵本

2015/10/27 13:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ことりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初にこの本を読んだのは大学生の時でした。
その時に大変感動したので、母となった時に子供にも読んでもらいたいと思い購入しました。

結果として、子供たちにはそれ程感動してもらえませんでした。
良い絵本なのに、、なぜかな?と考えたところ、理由がわかりました。

あらすじとしては、ある猫が生きて死んでを繰り返します。
その時の飼い主は様々。
王様に贅沢させてもらったり、泥棒の相棒したり、優しいおばあさんと普通に暮らしたり、サーカス団で芸を披露したり、色々経験します。
そして、それぞれの飼い主に深く愛されています。
しかし、誰にどの様に飼われても猫は退屈そうです。
猫が死ぬと飼い主たちは深い悲しみで大泣きしますが、猫は死ぬのなんてへっちゃら。涙一粒でません。

そんな猫がある時、誰にも飼われない野良猫になって、恋をします。
恋した猫と結ばれて家族を持ちます。
そして、こんな日々が続けばと幸せな日々のうちに年老いて妻の猫が先立ちます。
猫は初めて泣きます。
初めて愛するものを得て失うという経験をするのです。
愛を知った猫は二度と生まれ変わることはありませんでした。

こんな深いテーマは、人生を歩み始めた子供にはまだまだ理解できませんよね。
子供には難しい絵本がずっとベストセラーとして受け継がれているのは、
きっと大人の心に響くからだろうなと思います。

昔の詩人か哲学者が、
「愛する人を得るのは一番幸せなことだ。
そして、愛する人を失うのはその次に幸せなことだ。」
と言っていたことを
思い起こさせるストーリーです。
シンプルですが、愛は深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深いです

2015/11/13 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラム子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても有名な絵本ですが、子供の読み聞かせで初めて読みました。
「〜はきらいでした」という始まりとその内容に驚き、子供向けにどうなのかなと思いながら読み進めましたが最後に思いがけず涙が…

絵本はまず図書館で借りて、子供の反応をみてから購入しますが、こちらは私が気に入り購入した絵本です。
2匹の猫と一緒に暮らしているのもあり、一度だけで無く読み聞かせ最中に涙が出てしまう時があります。
子供(4歳)の反応は今のところ?なので★4つですが、私の中ではベスト3に入る絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

身が削がれるよう。

2016/01/04 21:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

泣く!泣くよね、コレ。
自分の身が削がれるような悲しみが迫って来た。
そして、二度と生まれ変わらない猫に「良かったね」って思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度読んでも泣いてしまう。

2016/01/27 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだ時も泣いたし、中学生になって読み直しても泣いたし、大人になって読んでも泣いてしまう。でも泣いても不思議と心は温かい。
愛をしって死ぬ、これが一番大切なことなんだろうなと思う。
それを絵本という媒体でしっかりと伝えている所がすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねこ

2016/01/31 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛すると言うことについて書かれた深いストーリーだと思いました。
ただただ愛おしく物悲しい余韻を残してくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長い

2016/02/11 16:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あしもと - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さい子に読むには、言葉も難しく、長いので、あまり選びませんでした。子どもが成長してからも、内容を暗く感じるかあまり読みません。大人向きの絵本なのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「100万年も

2016/02/14 17:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鉄紺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

100万年も しなない ねこが いました。」

佐野洋子さんが好きである。が、代表作であろうこの作品、実はあんまり好きじゃない。
佐野洋子さんへの信頼から、そのうち好きになるだろうと手元に置いたまま、気付けばニ十年。その間に結婚し母にもなったが、やっぱり、どうも好きじゃない。声に出して読んでも、何だか楽しくない。
絵は好きなんだけどな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み継がれるべき力強い良作です

2016/02/19 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛を注がれるだけの器であった「ねこ」が初めて愛を
美しい白いねこに注いだ時、「ねこ」は漸く自分自身
の主人公になれたのでしょう。

愛には大した理由も意義もないのかも知れません。
それでも愛することには、きっと価値がある。そんな
力強いメッセージのある作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最も有名な絵本の一つ

2016/03/01 18:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本を読んだことがなくてもタイトルぐらいは聞いたことがあるかと思います。
私も昔読んで、ラジオの朗読でも聞いた気がします。
ストーリーは猫が転生を繰り返し、様々なものに触れるというものです。
最後にああなっても、「良かった」と思える深い絵本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣けます

2016/03/18 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ローズピンク - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは、大人の為の絵本だ!この絵本の絵が嫌いで、食わず嫌いでした。絵本は、可愛い絵でないと!という思いでして、、、だけど、この絵本には、やられました。何べん読み返したことか。私も、最後のネコのように、いつか、終われるのだろか・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動

2016/03/25 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:狂人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名すぎるこの絵本ですが、いろんな人生が巡って辛いことも楽しいことも大切にしたいなあってつくづく感じた絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しあわせと愛と生の本質

2016/03/28 17:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メロリーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

しあわせと愛と生の本質を描いた絵本だと思います。その時の自分の状況によって感じ方が違うので、人生の節目節目に何度も読み返したい絵本。はじめて読んだのは十代の頃でした。なぜこの絵本がこんなに愛されているのかあまりわかりませんでした。不思議に人生の経験を重ねている方ほど強い感銘を受けられている気がします。100万回ねこはしあわせだったと思います、でもしろねこと出会った1回のしあわせの重みは他とは違った。愛を知った、生きる意味を知った、色々考えてしまいます。はじめて読んだ時は人間に飼われている時のねこは自分の人生を生きるのではなく、ただ生きているだけのようで人間のエゴを感じました。それも十代だった私のまたひとつの見方で、子供だって子供の見方があるはずですから、おばあちゃんになった時また自分がどう感じるのか楽しみでもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む