サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 空の境界 the Garden of sinners 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空の境界 the Garden of sinners 上(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 106件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/337p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-275892-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

空の境界 the Garden of sinners 上 (講談社文庫)

著者 奈須 きのこ (著)

二年間の昏睡から目覚めた両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。式のナイフに映る日常の世界は、非日常の世界と溶け合って存...

もっと見る

空の境界 the Garden of sinners 上 (講談社文庫)

691(税込)

空の境界(上)

540 (税込)

空の境界(上)

ポイント :5pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店新宿店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二年間の昏睡から目覚めた両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れた、あらゆるモノの死を視ることのできる“直死の魔眼”。式のナイフに映る日常の世界は、非日常の世界と溶け合って存在している…!もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー106件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

とても引き込まれた!

2016/04/14 01:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怠惰の女神 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伝奇ノベルは初めて読んだのですが、空の境界の世界観にはとても引き込まれました。
設定が少し難しいので最初読みにくかったのですが、ストーリーが章ごとにわかれているので、何章か読み進めると意外とサクサク進みます。
fateなどで有名な型月さんの作品なのでアニメ化などもされています。
上中下巻と巻数は多いですが、読み終わったあとの達成感?が良いのでおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アニメを見なくても楽しめる

2017/06/08 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サラーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原作なので当然ですが、それにしてもアニメと違った雰囲気が出ていて面白い作品です。各話の時系列がばらばらになっているので少し戸惑いますが、そこは焦らず読み進めれば理解できていきますし、時系列が理解できないとさっぱり面白くないわけでもありません。元を辿れば同人作品なので実験的なところは楽しむくらいの気持ちで読めればハマること間違いナシ、です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コレ、おすすめなんです。

2007/12/09 10:30

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

奈須きのこさんをご存じの方はモチロン知っている「空の境界」!
これが文庫サイズ3巻(上・中・下)になって新たに登場しました!!
カバーイラストも新装され、さらにカッコイイ感じに仕上がってます!!
文庫サイズなのでハードカバーとかの本棚と一緒に分けて保管する必要もなく、にょきっと飛び出したりもしません(笑)
2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れたのは、この世のあらゆるモノの死を視ることのできる「直死の魔眼」。死を体現した結界で、彼女は何を思うのか…。伝説の同人小説、待望のノベルズ化。・・・というアオリのこの小説ですが、そうですね、「月姫」などをお読みになった方はご存じでしょうが、「直視の磨眼」ってどんな感じで視えるんだろって思いませんか?私はそれが気になったのもあって、手に取りました。
「モノの死」は「線」で見えるんですね。歪な「線」。「モノ」であれば生まれたときから内包している崩壊・・・つまり、生まれたモノには必ず死が訪れる決まり。それが、両儀式には「線」で現われて見えているんです。そして、その眼を利用して、殺人など生死に関わる事件的なものに関わっていく。
奈須きのこさんにお決まりの変わった名前の登場人物はもちろん登場します。変わった友達?に、式を利用しつつもかなり気にかけている変わった、怖いけど面白い、とある事務所経営者の女の人。
全体的に、かな~りオカルティックな話です。でも現実感もちゃんとあるし、ストーリー性がよくて、意外性もある。没頭すること間違いナシです!!
奈須きのこさんの本まだ読んでない、「DDD」しかまだ読んだことがない、そんな方々!!ぜひ読んで下さい。。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/05 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/27 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/03 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/24 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/08 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/07 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/06 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/03 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/15 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/07 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る