サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

“文学少女”と月花を孕く水妖(ファミ通文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.1
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-3918-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)

著者 野村 美月 (著)

『悪い人にさらわれました。着替えと宿題を持って、今すぐ助けに来てください』—そんな遠子からのSOSで、夏休みを姫倉の別荘で“おやつ”を書いて過ごす羽目になった心葉。だが、...

もっと見る

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)

648(税込)

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

432 (税込)

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

ポイント :4pt / 紙の本より216おトク

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

648 (税込)

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫) 全8巻完結セット

  • 税込価格:5,18448pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『悪い人にさらわれました。着替えと宿題を持って、今すぐ助けに来てください』—そんな遠子からのSOSで、夏休みを姫倉の別荘で“おやつ”を書いて過ごす羽目になった心葉。だが、そんな彼らに、八十年前起こった惨劇の影が忍び寄る。“令嬢”“学生”そして“妖怪”。役者は揃い舞台は整い、すべては再び崩壊に向かう。事態を仕組んだ麻貴の望みとは?自らの“想像”に心を揺らす、“文学少女”の“秘密”とは—。夢のようなひと夏を描く、“文学少女”特別編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

希望の種から芽吹いた巨木

2008/12/25 22:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 雨宮蛍の事件以後、姫倉麻貴の出番が少なかったのも意図的だったのではないかと思えてきた。朝倉美羽の件が落ち着くまでは、表面上の人間関係を少しでも簡潔にしようという配慮で。この作品を読んだあとでは、人間関係の線が何本か追加された気がする。
 冒頭で張った伏線を終盤で綺麗に回収しており、美しい構成だなあと思うのですが、若干美しすぎる気もする。姫倉光圀の立場で考えると、これまで描かれている情報で判断するならば、敵になるかもしれない人物に弱みを握られる可能性を与えないと思う。
 エピローグで後年の心葉の述懐がありますが、色々と思わせ振りでもあり、次の作品との関連性を匂わせるところもあります。果たしてどうなるのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夏の思い出

2007/12/27 19:35

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏の番外編
あいかわらず強引な展開で分かりにくい部分も多い
「文学少女が想像の翼で謎を解く」というのはパターン化したようですね
姫倉先輩がゲストキャラクターですが、むしろ遠子先輩がメインで進むのが楽しかった
番外編とはいえ単発でなく次の展開に深く繋がっているようで、これを引っくり返してさらに引っくり返すのかな~と言う感じでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/27 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/19 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/14 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/11 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/20 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/15 04:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/20 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/15 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/04 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/11 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/23 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む