サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.1
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/251p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-4153-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章 (電撃文庫)

著者 小河 正岳 (著)

弱小国家ウェスタディア王国。今、この国に未曾有の危機が迫っていた。隣国のラミアム大公国の大艦隊が侵攻を始めたのだ。迎え撃つはずの自国艦隊は総指揮官もろとも戦わずして逃亡し...

もっと見る

ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章 (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弱小国家ウェスタディア王国。今、この国に未曾有の危機が迫っていた。隣国のラミアム大公国の大艦隊が侵攻を始めたのだ。迎え撃つはずの自国艦隊は総指揮官もろとも戦わずして逃亡してしまう。まだ少年のあどけなさを残す書記官アルファーニは憤っていた。自らの保身に走り国を見捨てた貴族たちを。故郷を捨てることができない彼は決意をする。逃げられないなら戦うしかない!そんな時同じく取り残された境遇の兵士と出会う。かつては指揮官だったが一兵卒に降格されたという不良軍人のバドエルと。その出会いが、信じられない奇跡の始まりだった。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

2009/01/30 21:14

投稿元:ブクログ

銀河を2分する大国にはさまれた緩衝地帯の小国を舞台にしたSF戦記。いままでこうした物語はまったく読んだことが無かったのですが、どうやら私はこういうものが結構好きみたいです。歴史でも政治史や制度史が好きなのだから、後から考えれば当然かも。
本書は1巻目であるためか、国情や社会制度などの物語の設定にかんする説明が多いので、多少気になる人はいるかもしれません。しかし私はその部分も含めて楽しく読むことができました。戦艦が登場する大海戦ではしっかりとはらはらさせられ、中世〜近世ヨーロッパの社会制度を思わせる背景描写にはにやりとし、思いのほか物語に没入してしまいました。
お気に入りキャラはアルファーニ。冷静な参謀役って好きだなあ。・・・あれ? そういえば「双星」の2文字が本編のどこにも出てこなかったような・・・? 2巻以降に言及があるでしょうか。

(2009年1月入手・読了)

2008/12/22 09:29

投稿元:ブクログ

三巻まで発刊中。ちょっと読んでみたい。
電撃文庫

まー挿絵がifのあの人だからってだけなんだけど、レビューでの叩かれようを見て、あまりに悲惨なのでどんな出来栄えなのか気になってしまう。

古本市場 350円
ネット注文する機会があったので値段あわせの為購入。
レビューで言われていたほど詰まらない作品ではなかった。
人、というかモブが沢山名前つきででてくるから、イマイチ誰を推したいのか分からないで、ダラダラっとしちゃうところはあったけど、序章の巻としては十分満足できるデキだったと思う。
イラストも”白黒だとこういうテイストになるのか!”と思っていた以上のデキで◎、トーンは使わずベタだけなんだけど、ディテールが綺麗で見飽きない。他ではあまり無いタイプだったのでそれもよかったのかも。

2008/10/23 00:36

投稿元:ブクログ

設定、世界観、キャラ、ストーリ、あらゆる点で中途半端、底の浅さが感じられた。特に、展開が雑で強引過ぎるため、常に疑問、違和感が付きまとう。それらを吹き飛ばす「何か」面白さがあれば良いのだが、それも全くない。SF大河モノは好みなので、読んでいて残念な気持ちになった。

2011/08/10 20:59

投稿元:ブクログ

ラノベでは初めて読んだスペースオペラ。キャラも分かりやすくて読みやすかったです。艦隊戦中心になるのかもしれないけど、外交面の主役な女王や外務卿の真の活躍はこれからですかね。こっちの方も期待。

2009/01/15 20:43

投稿元:ブクログ

うーん…神無き世界の英雄伝とどうしても比較してしまう。結果見劣りする点が多く目立ってしまう。残念な作品。

2010/02/14 20:13

投稿元:ブクログ

ん~ヒロイックサーガは嫌いじゃないが、やはりゆらゆらや風の国に比べるとパッとしない気がする。


SF要素が入ってる分少し苦手ってのもあるけれど、あくまで宇宙戦艦に乗っての戦いなんで迫力に欠けるんですよね。


この手の英雄譚で重要なのはそれこそヒーローが活躍する戦闘シーンだと思うんですが、その戦闘に動きが感じられない。
登場人物があーしろ、こーしろと言ってそれに対して淡々と相手の数が減っていく…みたいな戦闘シーン。


やはり見てて(描写を読んで)1番面白いのは三国や戦国時代みたいな肉弾戦だと思うんだ。


戦略的にどうこう、と言われても正直「ふーん。」としか。
というか主人公達のやってる戦略ってのがイマイチ凄いように見えないorz


とはいえ基本はしっかり押さえられているのでつまらないということは決してない。でも…レビュー的にはDかなぁ。

2012/02/07 23:39

投稿元:ブクログ

一巻は、尺のことを考えてこんなものでしょう。
しかし、二巻以降はゴミです。突然始まる逆転劇・・・複線がほぼ無い。
また、軍人ではないもう一人の主人公は内政、外交の達人らしいですが、全く外交をしない。いや出来ない(笑)
最後に一巻ごとに軍がほぼ壊滅しますが、次の巻ではなかったことになっています(笑)
一巻単位だと、まだ読めますが続き物として読むと論外な作品です。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む