サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生徒会の一存(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 碧陽学園生徒会議事録)

著者 葵 せきな (著)

私立碧陽学園生徒会室—そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。生徒会メンバー中、唯一の男性である副会長・杉崎鍵は、今日も生徒会室の中心で愛を叫ぶ。「俺は美少...

もっと見る

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 碧陽学園生徒会議事録)

605(税込)

【ライト版】生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1

0 (税込)

【ライト版】生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1

ポイント :0pt / 紙の本より605おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1

463 (税込)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1

ポイント :4pt / 紙の本より142おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「生徒会の一存」が含まれるセット商品

商品説明

私立碧陽学園生徒会室—そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。生徒会メンバー中、唯一の男性である副会長・杉崎鍵は、今日も生徒会室の中心で愛を叫ぶ。「俺は美少女ハーレムを作る!」と(ただし、扱いは空気以下)。そして、お子サマ生徒会長・桜野くりむは、今日も生徒会室の中心で身勝手を叫ぶ。「ただの人間には興味あ(自主規制)」日々くり広げられる、ゆるすぎる会話。日々費やされる、青すぎる青春。いざ行かん少年少女よ、妄想という名の大海原を!これは、ユカイツーカイついでにちょっぴり秘密アリな碧陽学園生徒会メンバーたちの、愛すべき日常をつづった記録の一端である。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

丸々一冊しゃべっています

2009/02/26 09:16

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読者が物語に求めるものは千差万別だと思う。じっくりと腰を据えて展開していく壮大なファンタジーを求める人もいるだろうし、不可思議な謎を解き明かしていくミステリーを求める人もいるだろう。何を求めるかは、その人の性格によるかもしれないし、気分によるかもしれない。あるいは、季節によって変わることもあるだろう。
 この物語は、ほとんど生徒会室の中で話が完結する。冒頭と末尾で本編の裏側に伏線らしきものを張っているが、今のところそれは一切関係ない。人気投票で選ばれたという、様々な記号を持った女子生徒会役員4人と、ハーレムを築こうという壮大な理想を持って生徒会に入った男子高校生を主人公とする、一話完結のしゃべくり漫才といっても良いだろう。
 各話の始まりは、生徒会長である桜野くりむが言う、どこかで聞いた事があるような使い古された名言。ほぼ思いつきで始まるなにやらの企画に対して、副会長である杉崎鍵が突っ込みを入れ、書記の紅葉知弦が狙ったところに軌道修正しながら、椎名深夏&真冬姉妹がかき回すというのが定番パターン。あまり難しく考えず、テンポよく進む会話文を楽しめるかどうかが、この作品を受け入れる鍵の気がする。
 少しパロディやメタフィクション的な展開も含んだこの作品。あなたの気分に合う様ならば、とりあえず1冊手にとって見ても良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/17 22:39

投稿元:ブクログ

弟に「何か面白いラノベはないか」と尋ねられ、弟の好きな学園+ラブコメ+人が死なない系のアニメ化しているというだけで勧めた本。ちなみに私はその時この本の内容を全く知らなかったし、アニメも見ていなかった。
で、勧めてみたら逆に勧め返されて「読め」と言われ読んだ。まあ、確かにこういうノリも面白いわなあ。
今までラノベというとこの話で言われているようなハーレムで女の子が何となく男のことを気にしていて、時々ファンが喜ぶサービスシーンが入るって感じの話が多いんだけど、この作品はその既成概念の裏をかいたような書き方をしていていろんな意味で「心得て」いらっしゃったw
個人的には会話を連ねてツッコミで笑わせるこの作品のギャグよりも素直に突飛な発想で笑わせるアキカンの文体の方が好きだけれども、その辺は本当に趣味の問題だから別にいいか。大体伏せ字のオンパレードにもついていけるし。
一番笑ったのは「ファーストシングルの『弟は白骨化した』」だった。会話の落差が楽しすぎるw

しかし大体生徒会室から出ないでだべっているっていうのは、ライトノベルだからいいものの、アニメではあんまり動きがないから魅力が失われるんじゃないかと思ったのは私だけなんだろうか。今度暇があったらアニメを何話か見てみるか……

2010/08/15 19:37

投稿元:ブクログ

4人の個性的な美少女と1人の男が生徒会室で毎回だらだら駄弁る話。

ライトノベルの中でも評判が高かったから手にとってみました。
読んでみるととってもベタな内容が続くため本を閉じようかとも思ったけど、
疲れた時とか活字は読みたいけど重いのはヤダとかそういった時になら、
のんびり出来て良いかなぁと思いますね。
また、色んな小説やらゲームのパロディがふんだんに使われてるから元ネタがある程度分かる人の方が読んでてt楽しいですね。

2009/05/04 04:56

投稿元:ブクログ

ただ生徒会室で生徒会役員が話しているだけという小説です。
うわ、なんぞそれと思うでしょうが、普通に楽しく読める本です。
なにが面白いかと問われると辛い所なんですよね。
読んでいただくのが一番早かったり。
感覚的には「らきすた」や「みなみけ」みたいな
日常生活の話題って感じですが、それらとは微妙に違うといいますか・・・。
あと主人公がちょっとかっこよくていい奴なんです。ほんとです。
生徒会は俺のハーレムとか言ってますが、違うんです。いい奴なんです。ほんとです。
詳細は実際に読んでみてください。
オススメですよ?


「生徒会は俺のハーレム」という
主人公のふざけた考え方が完全に損をしているんですが、
その考え方に至るまでの出来事に好感がもてるという
アンバランスさが素敵なストーリー。

主人公のことが気になるけど、ハーレムとか言ってる
主人公にちょっと冷たくなってしまう素直になれない女の子たちがいい感じです。

2008/11/28 23:41

投稿元:ブクログ

11/10読了。
そうそう、こういうライトノベルを求めていたの!
笑えます。テンション高いなぁ! 色々な方面からツッコまれること間違いなし。
4月頃からずっと中古で探していた作品。見つからなくて諦めていたところ、友人が購入していた!

というわけで借りて読了。

2008/07/25 22:10

投稿元:ブクログ

ギャグと萌えを合わせた作品

短編構成なので気軽に読みやすいと思います

まずこの作品は笑えることを保障します!!!

内容は生徒会でず〜としゃべっているだけなんですが、その会話が面白すぎる!

短編は「駄弁る生徒会」「怪談する生徒会」「放送する生徒会」「更正する生徒会」「恋する生徒会」「遊ぶ生徒会」「振り返る生徒会」「創作する生徒会」と構成されていますが、特に面白いのが、「放送する生徒会」と「遊ぶ生徒会」ですね。

主人公の杉崎鍵は「俺はハーレムを目指す!」
こんな主人公ですがやる時はやるかっこいい主人公です。

とりあえずキャラクターに個性は溢れていて、笑うこと間違えなしの作品なのでかなりオススメします!

2012/12/30 17:25

投稿元:ブクログ

美少女四人に、男子一人の生徒会、といういわゆるハーレムモノ。
日常系ギャグ。萌え系。
こういうジャンルの話は初めて読んだ気がする。

ギャグとノリと勢いでグイグイ押していくのかと思っていたけど、意外に主人公くんのキャラ造形がしっかりしていて驚いた。
ハーレムを作りたい!と思った理由なんかもアホだが前向きで好印象でした。

ただ、メインになるのはギャグだと思うんだけど、それが全て滑っている。
クスリとも笑わなかったのは、ちょっとどうなんでしょうね。

頭使わないでさらっと読めるようでいて、深い内容を論議しているようなそうでないような、このバランスが中高生には楽しいのかもしんない。

2010/12/16 23:59

投稿元:ブクログ

これを小説でやる意義があるのか?
に尽きる。アニメとかにしたほうがよほど映えるような。

こういうのって共感的に読まないときついよね。しらけたテンションで読むとすごい萎える。

2010/01/07 20:37

投稿元:ブクログ

駄弁らせるだけでよくここまで話が持つなと感心するけど、駄目だわ。
主人公がぎこちない。
生徒会がメンバーの関係がギクシャクして素直に楽しめない。
暗い雰囲気が漂ってる。
そういう中でギャグやられると逆に苦痛。

2011/05/03 00:37

投稿元:ブクログ

笑うことを目的として買ったので満足。千弦さんの性格はある意味素晴しい。まったり頑張れ生徒会、この笑いを絶やさずに!

2009/07/08 20:07

投稿元:ブクログ

生徒会室を中心というか、生徒会室から動かない?
ギャグ満載、葵さんの小説です、ぜひ機会があれば読んでみて下さい。アニメ化決定しました。

2010/08/05 12:44

投稿元:ブクログ

「こういうモラトリアムっていいなー」とか、「ああ会長は杉崎のこと好きなんだなニヤニヤ」みたいな読者自身が思うべきところをペラペラとキャラクターに言わせてしまうのは、ラノベ的な分かりやすさとして意図的にやってるんだろうか。それにしたって、最後の会長のあとがきの「ちょっとだけ、抱きしめてもらいたい気も…」は無いわーと。ここ本来ニヤニヤするべきところ?これだけストレートに書かれるととても萎えてしまう。ここに限らず、どこかキャラクターの感情表現が全体的に雑というか、思考するキャラクターとして存在していないというか。
ハーレムを希求する杉崎というキャラクターは、諸星あたるを現代的に理屈付けて再構築したらこうなるって感じで、割と好き。それだけに周囲からの受け入れられ方が生ぬるくて面白くないなーと思ってしまう。
それととても面白い議論があったので紹介。後半がこの作品論です。http://togetter.com/li/3142

2008/10/30 18:58

投稿元:ブクログ

<内容>
私立碧陽学園生徒会ーーそこは選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。
そこで主人公・鍵は「俺は美少女ハーレムを作る!」と今日も愛を叫ぶ……

<感想>
イラストが枕のっぽいなと思ったら(特に塗りとか塗りとかフリルとか)やっぱり枕の人なのね。。。
まぁ所属してるかは分からないけど…”しゅぷれ〜むきゃんでぃ〜”で原画描いてる人の一人でしたね。

まぁそれは置いといて。

内容だけど……別にそこまで面白くないだろ。
むしろつまんないだろ。

主人公の鍵とかどう考えてもKeyからとってるし、くりむ→クリムゾン→ポリフォニカとか想像しちゃうけどさ…所詮ネタだけ。
作品中でアニメ版ハルヒのことを神だと言及していることからも察することができるように、ただ単にそっからできたネタ作品にすぎない。

京アニのハルヒのすごいところは、あくまネタがいいんじゃなくて、あまりにも何気なく、さりげなく、堂々と使うあたりにすごさがあると僕は思ってる訳。

それに比べてこれは堂々とセリフを使ってたりするだけ。
俺に言わせれば単なる劣化版ハルヒ。

あと特筆すべきなのは書き方が”ゲーム調”なこと。(=会話文がほとんどで地の文が主人公視点)
これは正直本でやられると非常に対応に困る。
(これなんかは原作ハルヒから来てるんだったら乙なんだがwwwwww)

さらに言うと、キャラがあんまり確立できていないのでは…?というのが……
あれかな。俺だけかな?wwwww

あんまりに申し訳ないほどの酷評を友達から薦められたられたラノベにするのはいたたまれないけどorz

2008/02/04 21:01

投稿元:ブクログ

筆者、葵せきな氏の前作「マテリアル・ゴースト」から路線が180度どころか、別の線路に乗り換えたと言った方がしっくりくるぐらい、内容がぶっ飛んでます。
ホメ言葉ですよ。間違いなく。

私立碧陽学園生徒会室での、生徒会メンバーによる、たわいもない日常会話が収められただけ。そんなお話です。
でも何気に込められているネタが色々とやばいです。あと何気に18禁?(←誇張です)
よく許可を出せたな、富士見書房(−−;

生徒会メンバーは5人。美少女コンテストのような投票で選ばれた4人と優良枠で生徒会に入った主人公(?)
会長:桜野くりむ、副会長:椎名深夏、書記:紅葉知弦、会計:椎名真冬、そしてメンバー唯一の男子 副会長:杉崎鍵

生徒会長・桜野くりむ(表紙絵)の「(小さな胸を張って)なにかの本の受け売りを偉そうに語る」ところから、生徒会室の日常は始まります。
短編集なだけに、何処から読んでも違和感はありません。
ただ、笑えるお話が多いので、電車やバスの中で読まれる方はご注意を。

ひさしぶりに初版を探しに書店を駆け巡った一品。
記憶にある限りでは、「まぶらほ」と「ハヤテのごとく」の各1巻以来、久方ぶりです。

しかし学園の裏では、なにやら秘め事が進行しているようでして・・・

2009/03/27 22:40

投稿元:ブクログ

女の子だらけの生徒会で一人ハーレム生活を夢見る主人公杉崎の物語。
短編集です。1話完結型なので読みやすい。
読みながらニヤニヤしてしまいますね。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む