サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/365,16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-21169-4
  • 国内送料無料

紙の本

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ

著者 ジョン・パーキンス (著),古草 秀子 (訳)

表の顔は一流コンサルティング会社のチーフエコノミスト。裏の顔は工作員。途上国を負債の罠にはめた著者が命がけで告発する。【「BOOK」データベースの商品解説】表の顔は一流コ...

もっと見る

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

表の顔は一流コンサルティング会社のチーフエコノミスト。裏の顔は工作員。途上国を負債の罠にはめた著者が命がけで告発する。【「BOOK」データベースの商品解説】

表の顔は一流コンサルティング会社のチーフエコノミスト。裏の顔は工作員。アメリカだけが繁栄するために、世界中でエコノミック・ヒットマンが暗躍している…。途上国を負債の罠にはめた著者が、開発援助の裏側を告発する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョン・パーキンス

略歴
〈ジョン・パーキンス〉1971年から81年まで、国際的コンサルティング会社チャールズ・T・メイン社でチーフエコノミスト、経済・地域計画担当マネージャー。実際にはエコノミック・ヒットマンとして働いていた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

2008/10/12 14:20

投稿元:ブクログ

 アメリカ資本主義を支える陰のエコノミスト、いや工作員。その存在を明らかにしている。ただし、具体的な事例について描ききれないのはやむを得ないか。

2008/11/15 10:24

投稿元:ブクログ

企業のエコノミストとして、途上国開発に食い込み、搾取する手伝いをしていた人の話。
個人的には、こういう007みたいな生き方はあこがれる。

2008/04/14 00:59

投稿元:ブクログ

久々に5つ星の本。
米国の開発コンサルタントの筆者が、米国経済がどのように経済発展しているかを裏側から書いた本(だと、私は思っている)。
似たような仕事をしている関係もあって、思うところがたくさんありました。経済だろうと、工学だろうと予測はやはり意思があってのものなのですね。
そういや、近くの席の人のデスクトップが The most easy way to predict future is to create it. なんてこと言ってましたね。まさに、これです。
この本の内容がフィクションかノンフィクションはさておき、こういった物の見方、考え方があるのだなぁ、ということを知るべきだと思います。
特に、うちの業界に興味がある人ならば。。。「経済繁栄させて自分が稼いだお金で、環境を変えるんだ!」なんて言ってる人多いですけど、
何も考えずに言ってる人は、何も言えなくなるかも知れませんね。

2008/01/07 00:36

投稿元:ブクログ

ノンフィクションだというが、実は単なる陰謀史観、妄想を書きなぐっただけの本。著者は元コンサルタントで、途上国の将来に対する楽観的な見通しを出すことが仕事であった。このレポートにより、インフラ整備のための国際融資が行われ、米国の企業は土木や建築でうるおうことになる。メインはここから。。。著者の仕事の背景には途上国を債務でがんじがらめにして、将来的にも米国の言いなりにさせようという国をあげての陰謀がある。時々、賢明な指導者によってこうした企みが見破られそうになるが、その場合は暗殺(パナマなど)や戦争によって為政者の交代が行われるのだという。客観的な事実としては、著者が視察に行く先々で楽観的な見通しを出すように圧力をかけられる(こんな国に未来はない、という結論だと誰にとっても商売にならないので、こういうプレッシャーは当然あるでしょうけど)ということのみで、ここから先は著者の妄想(ああ、こんな立派な人はきっと暗殺されるに違いない、と思っていたら、案の定20年後に殺された、とか全く根拠のない推測)が延々語られる。

2008/06/03 15:21

投稿元:ブクログ

全米ベストセラー
表の顔は一流コンサルティング会社のチーフエコノミスト・・・・・
途上国を罠にはめた元工作員が命がけで告発する衝撃のノンフィクション

2008/11/15 23:56

投稿元:ブクログ

これが現実だ。
ちょっと世界を見てみよう。
読んだら少し変わってみよう。

衝撃。
朝日新聞の広告欄を見て本屋へすぐに足を運んだ。

搾取は恐ろしいけれど、
これが現実で、
日本もそれらのひとつであることを、
私たちは絶対に忘れてはいけないと思う。

2010/05/08 14:25

投稿元:ブクログ

 戦争の形は軍事に限らない。経済的に、学術的に、文化的に、心理的に行われているのだ。戦争の本質は「システマティックな侵略」にある。

http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100508/p5

2012/06/17 23:29

投稿元:ブクログ

世銀などの援助機関の下で働くエコノミストの告白(自慢話のようにも感じられるが)の本。

アメリカの諜報機関との繋がりなど、突っ込んだことは臭わせるだけで書かれておらず(書けなかったとみるべきかもしれないが)、いまひとつ期待はずれだった。

むしろ、真面目な援助関係者が書いた本よりも、こういうスキャンダラスな本の方が売れるっていうことに考えさせられる。

2011/01/23 22:57

投稿元:ブクログ

南米やイランなどで米国のエコノミストだとかコンサルタントが現地政権をごまかして自分に都合のいい経済政策をとらせ暴利をむさぼっていたという1960年ごろからの米国の新しい植民地主義のお話。

2016/03/01 21:44

投稿元:ブクログ

此れもシリーズでのY先生からの推薦書でした。紹介してもらったのに読まないでいたら、わざわざ購入して送ってくださいました。読まないわけにはいきません。

アメリカの中にエコノミックヒットマンと言う国益のための極秘任務を帯びた人がいる。開発途上国に最終的なデフォルトを見越した巨額の融資を実行し、借金漬けとした上で、その国の天然資源(低賃金労働者を含む)への優先的な使用権、果ては国連での議決権までをコントロールする事を目的とする。この計画実行のため、ターゲットとなる為政者は、シナリオを認識しながら、個人的な利益、特権の維持と引き換えに国を売る。表面上のこの計画は大規模なアメリカのからの経済支援の形をとり、途上国の交通、通信、衛生のための社会インフラを飛躍的に発展させる。その実は大規模公共事業開発を米系企業が独占し、巨額資金は全て米国に還流し、言わば自らは何ら痛まず、只で他国家の隷属と資源への優先開発権を手に入れる。しかもその結果として対象となった国の大半の国民はさらにひどい貧困に苦しむだけとなる。このシナリオ、国民のために否定する為政者は、エコノミックの付かない本物のヒットマン(ジャッカル)に消され、それさえも免れる場合には、戦争という方法で、それでも強引にこの意思に従わされる。と言う告白。

Confession であるとして、細部の信憑性については100%納得できませんでした。

①過去の罪に対する贖罪としての告白とは言え、今は南米の原住民の権利保護のための活動に身を投じてるとは言え、本人はすっかり甘い汁を吸った後である事。

②そこまで統制された超越した意思が存在しえない。その意思があるとして、その目標は誰のいかなる利益なのか理解しえない。少なくともアメリカ自体の国益でない事も明白。国内の格差も拡大の一途。そもそも国益とは?(現日本政府の要人もよく使う未定義用語)

③告白でなく、犯罪として告発するとししたら。(アメリカを、または特別な権力を適正に裁ける国際法と司法が存在するとして)。犯罪指示のシステムの解明が明らかに困難。直接の対価なし。クローディンによる犯罪教唆。

④贖罪としての告白後の、『ならばいかに世界を変えることができるのか』についての、石油を使わないなど、防止、対抗策の脆弱さ。

などによります。引き込まれて読む事が出来なかった。

もっと社会総体としての、物質至上の意識、資本主義の中での際限のない競争、個人レベルでの欲望、上昇志向、エゴ

2014/01/14 13:06

投稿元:ブクログ

良くぞ勇気を持って筆を執ってくれたなというのが第一印象。著者は、世界的に暗躍するコンサルタントで、このコンサルタントという職業、実にえげつない。

世界銀行などの国際機関が、途上国に融資する際に、どれだけのインパクトがあるのか、評価を下す指標に基づいて融資を決定するのだが、その指標を作り、プロジェクトの恩恵をアメリカ企業に独占させ、さらにその国を絶対に返済できないほどの融資を受けさせ、言いなりにさせるようにするのが彼らの仕事だ。そう、彼らの目的はアメリカ帝国の建国、拡大にあったのだ。

2012/02/25 14:41

投稿元:ブクログ

このノンフィクションを読まずに、イルミナティとか言ってしまうなら「薄いヤツ」なので、是非その話題を振ってきたヤツには「読んだ?」と踏ませるべき「地雷源」。著者は南米やアフリカを訪れた体験からこの本を書く決意を固めた(らしい)。(でも)執筆までは10年以上も「逡巡」しているし、報酬と権力を与えられ魂を売った経験、そしてコンドルとワシの予言に言い及ぶ、んで俺はかなり「本物」だと思ってる。amazon.comでキンドル用を購入しちゃった($8だった)。ジェームズ・ボンドもイーサン・ハントも「なんだ、全部結構本当の事かよ」!著名エコノミストの正体や情報に鼻が効き始める一冊で、(つまり)このレビューを読んだ人には「必読なんだよ」というコメンテーターの心づもりを含めてあるのがこのレビューなのである。

2014/07/28 08:44

投稿元:ブクログ

国の指導者に近づき、公約を思いのままに変えさせる…エコノミックヒットマンとは。口説き文句は我々のやり方に従えば君も家族も大金持ちに、言うことを聞かないなら…。これにより企業は競争から淘汰へ向かい貧富の差は拡がる。日本では話題にならないノンフィクション。

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む