サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

君のための物語(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-4166-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

君のための物語 (電撃文庫)

著者 水鏡 希人 (著)

華やかさとも成功とも無縁で、幸福や繁栄は手に入らない対岸のもののように感じられる、そんなひとりぼっちの冬の寒い夜。ひょんなことから死にそうな目に遭った私を救ったのは、奇妙...

もっと見る

君のための物語 (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

華やかさとも成功とも無縁で、幸福や繁栄は手に入らない対岸のもののように感じられる、そんなひとりぼっちの冬の寒い夜。ひょんなことから死にそうな目に遭った私を救ったのは、奇妙で不思議で美しい「彼」…レーイだった。出会いと喪失をいちどきに運んだ不思議な力、老婦人の昔日の想いが込められた手鏡と櫛、天使をも魅了する声を持つ女帝とも称された歌姫、そして「彼」を追う魔術師—私は彼にまつわる不思議な事件に巻き込まれ、そして—?第14回電撃小説大賞“金賞”受賞。「彼」と「私」をめぐる数奇な運命を綴った物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞金賞(第14回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

出会いと喪失

2008/03/01 22:46

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:久我忍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙買いした一冊ではあるけれど、いい買い物だったと思える本。文体も読みやすくさらりと読めるが内容は決して軽くはない。悲劇もあれば本文では語られない戦いの過去もある。それでも本作の読後感が温かく感じられるのは、「救い」があったからだろう。
 

 主人公の「私」はある冬の日に、身投げしようとしているセリアという少女を助け、何故か結果的にレーイと名乗る不思議な青年に命を助けられることになる。
 レーイは徹底的な秘密主義を貫いていた。だが新聞に掲載された美術的価値の高い手鏡と櫛を自分のものだと言い張る老婆や、歌姫パレオロッタとの係わりによって主人公はレーイが老いることなく、見かけよりもとても長く生きていること、そして人ならざる不思議な力を持っていることを察する。
 だがそれでも、二人の関係に変化はなく、やはりレーイは気まぐれに主人公の家を訪れてはお茶を要求した挙句、お茶の淹れ方を学んだ方がいいなどと憎まれ口を叩く。この関係の維持が、お互いを信頼した結果のものならばそれはレーイにとっても主人公にとっても幸運だっただろう。だがこの時点では、二人の間にあったのは信頼ではなく壁のようなものだった。関係が変わらないのは必要以上に互いのことを詮索せず、上辺だけのつきあいだったが故だ。
 だがトゥリスという少女の登場によりこの関係に変化が生じる。


「彼は私の友人だ」


 上辺だけの付き合いを続けていたと思うことはあれど、けれど見捨てることが出来る筈もない知り合いという立ち居地から明らかな友情へと。
 主人公はレーイとの出会いによって一つの喪失を経験すると同時に、一つの失い難いものを得た。けれどそれはレーイにとっても同じだろう。友人だと、断言できる関係というのは容易く得られるものではないし、老いることがないために人々を遠ざけ、一箇所に定住することを避けていたレーイには普通の人々よりも手に入れることが難しいものだ。
 二人が失ったものはとても大きい。
 だがレーイを助けた温かい光は、その主はきっと、この結末を心より喜んでいるのだろうと思う。そしてその救いの存在こそが、私がこの作品を好きな理由なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/22 19:02

投稿元:ブクログ

性格の悪い物書きの私と尊大な変わり者の彼の物語。
流れるように優しくて少し不思議なお話。

私の心情描写は細かいが、少し読んでいて分かりにくくもある。
また最終章が唐突な感じは否めない。

第一章の私と彼女の心が近づいていく描写や私と彼とのたわいもないやりとりはそこにある空気が伝わってくるようだった。

2008/03/31 07:07

投稿元:ブクログ

2008.03.20.読了。
図書館で偶然見つけて、大して期待せずに読んだものの、読まなくてもよかった・・・とは思わなかった作品。
絵が綺麗なんです。特に色使い。

2008/11/12 23:09

投稿元:ブクログ

最初はあまり興味を誘わないけど、
読むにつれて、しっとりした世界観に引き込まれます。
主人公の「私」がいい味を出してます。

2015/06/04 17:06

投稿元:ブクログ

作家志望の主人公「私」と、とある事件で出会った謎の青年「レーイ」の、少し不思議系ファンタジー。
良い話だった()
いえ、めちゃくちゃ新しかったり心臓に悪かったりする点がないので…雰囲気を楽しむタイプの作品ですね。

2008/05/09 23:13

投稿元:ブクログ

筆の止まった小説家の前に現れるひとりの青年。
皮肉っぽいことを言いつつ、勝手に、
いつの間にか人の部屋に上がり込んでくる青年。
そんな青年と小説家の周りで起こる
ちょっとした出来事を綴った作品。

文章の書き方がちょっと固めでしっかりしている。
個人的には好きな部類に入ります。
安心して読める文章というのは子言うものなのでしょうか。
人それぞれ好みはさまざまですが、おすすめの一冊です。

2009/10/31 20:15

投稿元:ブクログ

切ないけれど綺麗な雰囲気の話。
読んでいくうちにどんどん世界に引き込まれていきます。
何回読み返してもいいなー…と思う本です。
文章も丁寧で読みやすかったです。
レーイの不思議な感じがとてもいいです。
主人公とのやりとりもかわいい…!

2008/02/18 19:03

投稿元:ブクログ

壁井さんの言葉が帯に載っていた上に本の表紙の雰囲気が私好みだったので読んでみたら、大当たりでした。「彼」と「私」の織り成す奇妙にして不思議で、時にユーモアなお話が素敵でした。切なさの中にもある人の優しさが本当に温かく、登場人物一人一人に魅力を感じます。シリーズ化するなら是非続きが読んでみたいです。

2008/05/17 00:06

投稿元:ブクログ

翻訳小説のような文体が好みです。キャラクターの描写よりも物語としての全体像を重視した雰囲気ですね。最近の電撃文庫新人作品は落ち着いた作品が多くて嬉しいです。悲劇的なラストを想像しつつ読んでいたので、ちょっと予想外の結末でしたが、これはこれで良い作品でした。(2008.04.16読了)

2008/08/01 20:32

投稿元:ブクログ

 これはいい新人が出てきたと素直に思えた一冊。
 物語としては盛り上がりに欠けるのかも知れないが、全体の雰囲気作りが素晴らしい。

2008/03/24 18:12

投稿元:ブクログ

私と、彼…人ならざる存在、レーイを巡る、不思議な物語。   第一章から…キた…!久々に自分の好みの作品に出会った気分。

2008/03/15 21:30

投稿元:ブクログ

なんとなく好きな感じではある。でも、どうもトゥリスのエピソードがしっくりこなかった…。突然ぼーんと出てきて、けっこうあっさり終わったしね…。うーん…。

2008/03/10 19:45

投稿元:ブクログ

大賞結果発表の頃から気になっていた作品。そして壁井先生に後押しされて。最初の予想を裏切られ、見事最後まで(いい意味で)読めない作品でした。暖かいような、切ないような、後からジワっときます。

2008/02/23 22:31

投稿元:ブクログ

これはちょっと最初がとっつきにくいかも。
帯では第一章が素敵、と言われてますが、それがまた結構抽象的で…半分くらい読むまでそもそも人物が特定できず、ページを戻ったりしながら読んで、あるときふと全部見えて、読み終わってからやっと素敵な物語だ、と思えるような。
いやこれマジで最初「私」が男か女かもイマイチ掴めなかったんだもの…。
終始その「私」の視点で見た「彼」の物語ですね。
読み終えてみるとまさに「冷たくて優しい世界」を具現化したような気分です。当たり前でリアルな「私」の日常に、いつの間にか入っていて馴染んだ異質な「彼」とのやり取りは、軽妙だったり、暗かったり、優しかったりします。ファンタジーと一言で括るにはちょっと違う感じのお話でした。

2008/06/22 15:41

投稿元:ブクログ

“「今夜は新月だ。月の光さえも隠れた闇の濃い夜はそれだけ邪なことを考える奴が多いから、気をつけないとね」”

「私」=
「彼」の友人にして、“物語”の始まる前に登場する、この“物語”にとても、ある意味重要な者。
と、
「彼」=
レーイと名乗る青年だけど人間じゃない者。
との、数奇な運命を綴ったお話。
良かったです。
第一章ですでに涙腺崩壊。
もろすぎます。
でも、さすが金賞。
最後の最後に全てつながりましたね。はい。

良かったです。
「私」と「彼」の“物語”が読めて。

Thanks to K.H.

“「やあ」
「ぬはぁ!」
窓の外からのいきなりの声に私は危うくカップの中身を原稿にぶちまけそうになった。
「お邪魔するよ」
悪びれもせず彼は空中に浮かんだまま窓から入ってきた。”

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む