サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. さよならピアノソナタ 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さよならピアノソナタ 2(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/305p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-4195-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

さよならピアノソナタ 2 (電撃文庫)

著者 杉井 光 (著)

天才ピアニストにしてピアノを弾かず、人を寄せ付けない蛯沢真冬をギタリストとして迎えた民俗音楽研究部は、自称革命家の部長・神楽坂響子の独断と独走により海へ合宿にいくことにな...

もっと見る

さよならピアノソナタ 2 (電撃文庫)

637(税込)

さよならピアノソナタ2

637 (税込)

さよならピアノソナタ2

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「さよならピアノソナタ 2」が含まれるセット商品

さよならピアノソナタ (電撃文庫) 全4巻完結セット(電撃文庫)

さよならピアノソナタ (電撃文庫) 全4巻完結セット

商品説明

天才ピアニストにしてピアノを弾かず、人を寄せ付けない蛯沢真冬をギタリストとして迎えた民俗音楽研究部は、自称革命家の部長・神楽坂響子の独断と独走により海へ合宿にいくことになる。海といえば海水浴!と妙にはりきる幼なじみ・千晶、珍しく思い悩んでいる様子の神楽坂、そしてやっぱり部活に馴染みきれない真冬。そんな三人との合宿で波乱がないわけはなく、ナオはすっかり翻弄されるが—。おかしくて少しせつない、恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー、第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/06/24 21:51

投稿元:ブクログ

真冬を含め4人となった民音部がライブに向けて夏合宿をする話。

相変わらず鈍感な主人公に、夏合宿で見せた革命家の新たな一面、波乱な合宿にいろんな意味で緊張の走る初ライブと話が進むにつれてテンポアップし、ぐいぐい引き込まれる。

続きも楽しみ。

2010/11/19 01:45

投稿元:ブクログ

内容 → 結成、合宿(海)、ごたごた、対バン。

前巻と比べて、メインが音からキャラに移動。
この巻では真冬を取り立てたが、暗い。
どうせなら口絵に書かれた「至高のわがまま」をもっと出して欲しい。

それにしても主人公の異常なまでの鈍感さにくさくさする。

2009/04/22 18:51

投稿元:ブクログ

2009年4月21日読了。

熱を冷ます為のつもりが一気に読んでしまいました。
バンドで海に行く、なのに練習ばっかってよほど真冬は音が好きなんだとつい思ってしまった一冊。
順番にそれぞれの事情が明かされていく分、長く続くんだろうなと思います。

2010/08/13 09:56

投稿元:ブクログ

2010 8/13読了。WonderGooで購入。
ついに真冬も加えた4人でのバンド開始・・・早々にトラブルに陥る話。
ライトノベルの主人公はハーレムが基本、かつ異様に鈍いのが基本とは言え、直巳はいくらなんでも鈍すぎないだろうか。
読者でもちょっといらっと来るのに、当事者だったらさぞかし・・・。

2011/06/09 18:50

投稿元:ブクログ

私だけかと思った。二巻がいまいちだったのは。
というか音楽的には相変わらず聞いてみたいと思うんだけど真冬の性格がただのわがままにしか思えなくて。
いい加減、周りのことも考えなさい!って言ってやりたくて仕方ない。
これが個人の問題ならいいけどバンドは仲間がいるんだからね。

いや~、お手伝いさんのほうが・・・と言うよりサブキャラ全てのほうが好感持てるなんて。
でもだからこそギャップがたまらない~って展開に期待!ナオの天然さはちょっと苦手かも(苦笑)

2010/09/07 15:56

投稿元:ブクログ

キャラクターを掘り下げながら、バンドとしての形を作っていくオーソドックスな展開。

全体的に文体が落ち着いているので、比較的俯瞰してストーリーを追うことができました。また、今後のストーリーの主軸も捉えることのできる大事な巻だったのではないでしょうか。

2010/11/24 21:51

投稿元:ブクログ

先日どハマりしてからそのまま2冊め.真冬のツンがなくなってキャラ変わったようにしかーとか,なんか急にモテはじめたねナオくん?とか色々あるっちゃあるが,やっぱり読んでて気持ちいいとさえ感じる文章や音楽の描写がたまらなく好き.
言葉で表現できないものを,言葉で表現するってなんてすさまじい事をしているんだろう,とそう思った.

2011/01/22 23:29

投稿元:ブクログ

音楽を使ったギミックは相変わらず面白い。瑞々しさを感じさせる文体と緩急のついた展開が良い相乗効果を出してる。
しかし登場人物みんな、キャラが立ちすぎていてやや薄っぺらく感じてしまうんだよね。

2010/12/08 16:14

投稿元:ブクログ

音楽と青春の物語、第二弾。
今回は端的に言うと、『囚われの少女を助け出す少年』という王道の変形バージョン。
いや、違うか?(笑)
でも、まあ、消えた少女を少年が捜し出す話……だな?
 
バンドに加わった元天才ピアニスト少女・真冬。
仲間たちと熱いセッションを奏でながらも、彼女が心を開いているのは、たぶん、ナオだけなのだ。
そして彼女がバンドにいる理由も、また。
表面わがまま三昧な彼女は、でも本当はただ人付き合いが苦手で、自分がバンドにいる理由の身勝手さに後ろめたさを感じているのだ。
 
そんな彼女がバンドから逃げ出した時、彼女がその場にいる理由を肯定し、強引にでも引っ張ってこられるのもまた、ナオだけなのだ。
なんだろう? この特別な感じ。人が恋に落ちるには十分な理由。
ああ、やっぱり青春だなあ。
 
だから、ナオが真冬を探し回って、見つけ出す場面にはドキドキと胸が高鳴った。
溢れそうになる想いが胸を震わせた。
こういう場面、すごく好き。
 
そして、お約束だけど、ナオは鈍感だ。
でも、それに過度のわざとらしさは感じなくて、真冬に対するその感情を彼はまだ自覚していないだけなんだ。
それにいつ気づくのか?
それは今後の楽しみではある。
 
物語的にはこの巻は「起承転結」の「承」だろう。
次回、物語の「転」が訪れるのか?
期待したい。

2011/11/06 07:38

投稿元:ブクログ

革命度低め。ゼロではないけど。でもリアルって、きっとこう。
合宿で海だからって、楽しいことばかりじゃない。理想を含めた、等身大の青春モノだよな。

2011/02/04 22:22

投稿元:ブクログ

ラノベでお約束のシチュエーション、海で夏合宿。
水着出したいのかもしれないけど、筋を考えると、この作品にはちょっとミスマッチな感じがする、、せめて高原とかの方が良かったのでは。

2015/09/01 20:57

投稿元:ブクログ

相変わらず主人公の鈍感さがひどい。
生じた出来事が、ほぼ全て主人公の鈍感さによるものなのでいらいらしてしまうのかな。
まだまだ二人の仲は進展しそうになさそう。

2011/04/24 00:37

投稿元:ブクログ

ハーレム状態で夏合宿というラノベでよくあるような感じのお話。とはいえ、神楽坂の過去や、真冬との関係が掘り下げられ、割と重要な巻じゃないでしょうか。
それにしても直巳が鈍すぎる。

2013/06/03 11:01

投稿元:ブクログ

 天才ピアニストにしてピアノを弾かず、人を寄せ付けない蛯沢真冬をギタリストとして迎えた民族音楽研究部は、自称革命家の部長・神楽坂響子の独断と独走により海へ合宿にいくことになる。
 海といえば海水浴! と妙にはりきる幼なじみ・千晶、珍しく思い悩んでいる様子の神楽坂、そしてやっぱり部活に馴染みきれない真冬。そんな三人との合宿で波乱がないわけはなく、ナオはすっかり翻弄されるが――。
 おかしくて少しせつない、恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー、第2弾。

2013/07/31 22:31

投稿元:ブクログ

活動し始めた民族音楽研究部。
今回は夏合宿と初ライブ。

音楽をほっぱらかして海水浴をしないでちょっとほっとしました。
合宿のパターンって着替えを除いちゃっただとか、溺れて人工呼吸とかがテンプレでそんな展開はもう飽きていたので、真面目に音楽に打ち込むのは好感をもてましたね。
この巻で若干ヒロインの性格がちょっと好きではなくなってきた感じがありますが、雰囲気がすごく好きな作品です。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む