サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/293p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601136-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (コバルト文庫)

著者 須賀 しのぶ (著)

東京から千キロ北東に浮かぶ神流島。中二の天海陽菜は毎日が息苦しくてならなかった。誰にも嫌われたくない、目立ってはならない、という不安と、圧迫的な軍事訓練の重圧などで疲れ果...

もっと見る

アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (コバルト文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京から千キロ北東に浮かぶ神流島。中二の天海陽菜は毎日が息苦しくてならなかった。誰にも嫌われたくない、目立ってはならない、という不安と、圧迫的な軍事訓練の重圧などで疲れ果てていた陽菜は、安らぎを求めて、森の奥にいる「マリア」に会いに行くのだが、そこに見知らぬ少年がやってきて…。目も眩むような奇跡が陽菜の生活を塗りかえる…!?衝撃のミステリアス・ファンタジー始動。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わたし(19歳)にとっての「少女小説バイブル」

2009/07/01 19:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラフェープリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

(1)生物学上の異形のモノ(社会性昆虫、寄生と孵化、精神体ウィルス、神学の天使論)
(2)青春の「甘酸っぱい+切ない+イタイ」な感性ワールド
(3)イラスト(特に表紙)が作品にとって最上の礼讃

(以上が「アンゲルゼ」シリーズ全4作について「個人の濃縮した印象深きポイント」でした)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/02 00:39

投稿元:ブクログ

続き気になるなぁ。
KZからずっと読んでるけど、媒体がコバルトでいいんだろうか?と、何読んでも思う(笑)
(私が実際のコバルト世代だったときのコバルトが、幽霊探偵局とか漫画家マリナとかジャパネスクの時代だったから尚更そう思うだけかも知れないけど)

2008/03/09 21:25

投稿元:ブクログ

幼馴染みに思い切り馬鹿にされている主人公と、明るいほうへ思考を展開させない主人公が読んでいてとてもすっきりする。現実はそんなに桃色でもないし、光にあふれてもない。言葉の世界もこれぐらいの明るさがちょうどいい。

2009/05/30 22:00

投稿元:ブクログ

少女小説で、ミリタリで、ファンタジー。
全4巻。自分的には須賀しのぶ最高傑作(異論は認める)。
かつ初須賀作品としてもオススメしやすいという素晴らしい作品。

軍服のオジサン達が当然に登場し、うら若い女の子が容赦なくしごかれ、過酷な運命を平然に背負わされるところは須賀作品らしいとしか言いようがない。
しかしこの作品、それと同時に、これまでに須賀作品に縁遠かった少女小説成分が最多です!(笑)
可愛らしい若人達(特にうち1名)に悶えること必至。

文章、設定、展開、キャラクター、すべての点においてソツがなく、安定度が高い。
現在の少女小説界で、須賀しのぶに匹敵する筆力を持った作家は数えられるほどしかいないと思います。
全4巻というシリーズものとしては少ない冊数ですが、その纏まりによって寧ろ、物語としての完成度が上がっていると思います。
須賀作品既読の方も、未読の方も是非。お薦めです。

2013/06/02 17:44

投稿元:ブクログ

近未来SF少女小説。須賀さんに珍しく気弱な女子中学生が主人公。
目立つことに怯え弾かれることを極端に恐れる、そんな子供の世界は今の現実世界も変わらなくて、学校生活、友人関係の鬱屈さの描写は辛い。
が、天使病からの展開がエグワク(表現はえぐくて怖めだけど先が読めないワクワク感という複雑な心境)。

次巻へ

2012/02/28 17:18

投稿元:ブクログ

全四巻。

14歳の女の子が主人公。
徴兵制が残っているという設定の日本が舞台。

軍隊は話に寄り添うように存在していますが、どちらかといえば、襲ってくる謎のウイルスと、その謎についてというほうが話の中心といえます。

2008/04/26 20:21

投稿元:ブクログ

軍事教練のある近未来の日本の話。学園な恋かと思いきや、そうそう上手く事は運ばない、と。期待を予想外な形で裏切ってくれるので、面白いです。設定的に「なるほど、そういうことが起こるかも」と思わせられるあたり、更にハマっていく感じ。主人公の精神的変化とともに、続きが楽しみです。

2011/09/29 13:17

投稿元:ブクログ

 実は現代ものの中の天使ってあまり好きなモチーフではないのですが、物語は面白かった……すごい面白かった。さすが須賀さんだ。でも、物語の体は少女小説な筈なのに、なんか痛くて重くてかさぶたべりべりやられてる感じがする。さすが須賀さんだ(だいじなことなので)昭和の後の戦争が行われている架空の時代という設定ですが、天使とか兵器とか、穏やかならぬ内容に。湊くんうさんくせーなと思ってたら……こういうビター感が強い恋愛もの大好きですわ。いいねぇ。懊悩してしまえ。主人公は初めのうちはちょっと殻にこもってる感じでしたが、最後のほうは成長(良い意味ではか不明)できてて、これからも面白くなっていきそうな気がした。もーちゃんのツンデレがひどい。だがそこがいい。続き絶対に読む。

2011/12/20 00:24

投稿元:ブクログ

うわあああい面白かったよー! 早く続刊よみたい。須賀しのぶ本当にはずれないな……。
痛いわ重いわのSFサバイバル少女小説。これが青春なんて苦すぎる……これがコバルトなんて素敵……。
少女小説らしい甘い期待もありますがしれっとした顔でひっくり返されます。
主人公は始めは鬱陶しいけど、その弱さがリアルで生々しくて、だから目が逸らせなくなる。というか、登場キャラ全て、それぞれの駄目なところが秀逸に描かれているのでそれが話に重みを加えている。
キャラの作りも話の展開もほんとそつがなくて一気に読めました。

2009/02/15 20:37

投稿元:ブクログ

ヒロインの娘さんが羽化前なのか、なんとももじもじされとってそれはそれであれだったのですが、シリーズものですから羽化後の姿が楽しみ。

2009/03/04 00:02

投稿元:ブクログ

ただの学園モノかと思いきや、そこは須賀しのぶ、みるみるうちに主人公がヘビーな世界へと放り込まれていきました。
今回のお話もソーゼツだわ。

初めて須賀さんの小説を読んだのは確か「キル・ゾーン」の時で、それからずっと読み続けているんですが、私的に外れのない作家さんの一人です。

今回もね〜、陽菜がハバにされる件とか、すごくこう…酸っぱい気持ちになりました。
よくわかるんだわ、こういう状況の各々の気持ちがさぁ。

にしても今シリーズの主役である陽菜、好きになりかけていた自分に好意的な男の子が実は彼女の能力目当てに近付いてきただけだったり、継母と知っていつつも育ての母として心を開きかけていた人が実は彼女の能力を軍に報告する役目を背負っていたことを知ってしまったりと、前作流血女神伝の主人公カリエに負けず劣らずの不幸っぷり!
それでもやっぱり須賀さんの書く主人公なので、腹を決めてからは強いでしょう。

どんな風に転がっていくお話なのか、かなり続きが楽しみです。

…どうでも良いけど、おそらく今作での青春担当なもーちゃん。
私勝手にスポーツ刈りのがっしり体型君を思い浮かべて読んでいました。
今改めて挿絵を見てびっくりです。美少年じゃーん!(笑)

2014/09/28 13:33

投稿元:ブクログ

 再読。再読強化月間。
 記憶にある以上に中学生女子がドロドロしていたので驚いた。エンディングから逆な意味でえってなる。
 陽菜ちゃんって女子に嫌われるタイプだよね。だからと言ってイジメ良くないではあるんだけれど、なぜああなったんだろう。この先読めば分かるのか。

2010/04/12 23:37

投稿元:ブクログ

http://plstcblog.blog59.fc2.com/blog-entry-170.html

2014/06/04 09:17

投稿元:ブクログ

新シリーズ1巻


暗いトーンの始まりなのに
ぐんぐんお話の世界にひきこまれちゃうのはなんでだろう?

戦争のある世界、天使病…

圧巻のラストをよんで、
すぐに続きを読みたくなりました


すげぇ

2009/11/20 09:05

投稿元:ブクログ

初読:25 
入手先:図書館 
読了感:須賀さんの作品は久しぶりに読んだ。KZとかBBしか読んでないもんだから、ローティーンの主人公でちょっと新鮮だった。主人公が友人とのかかわり方や学校での自分の身の置きどころで悩んでいるところなんか、自分の中学時代を思い出してちょっとほろ苦い。
ま~あ、冒頭から気になる感じのモノローグ(?)で、やっぱり気になる男(敷島)も出てきて、うん、いいわ。このままもーちゃんがどういう位置取りになるのか気になるなぁ。

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む