サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

SH@PPLE 1(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

SH@PPLE 1 (富士見ファンタジア文庫)

著者 竹岡 葉月 (著)

憧れの一駿河蜜さん!僕、淡谷雪国は四カ月前、図書館で出会ったときから彼女の夢中。あんな綺麗な子、生まれて初めて見たんだ。彼女は双子の姉、舞姫と同じ青美女学院に通っていて、...

もっと見る

SH@PPLE 1 (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

SH@PPLE-しゃっぷる-(1)

463 (税込)

SH@PPLE-しゃっぷる-(1)

ポイント :4pt / 紙の本より163おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

憧れの一駿河蜜さん!僕、淡谷雪国は四カ月前、図書館で出会ったときから彼女の夢中。あんな綺麗な子、生まれて初めて見たんだ。彼女は双子の姉、舞姫と同じ青美女学院に通っていて、お近づきになれたらいいな、でも無理だ僕受験生だしー…と思ってたら!チャンスが巡ってきた!?舞ちゃんが突然「ユキグニ、学校交換しない?」って。僕と違って、クールでモテて生徒会長の舞ちゃん。彼女の方にも、入れ替わりたい深ーい理由があるみたい。で、でもね舞ちゃん、それって僕に女装して青美に行けってこと!?女の園で着替えとか…ち、ち、ち、ちょっと待ってよお!?やるなら目指せ一発逆転、禁断のシャッフルラブコメ堂々スタート。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/02/24 13:05

投稿元:ブクログ

双子の姉弟が入替わって学園生活を・・・と言うのは、パターンと言えばパターンですが、大抵男性視点で女学園潜入が描かれるだけですが、しっかり姉の男子校潜入も描かれているのが面白いですね。

姉の休養と、弟の気になる女生徒に会いたいと言う利害の一致で、入替わりを実行するも、姉の変わりに生徒会長役を演じる弟・雪国と、弟の変わりに優等生にならなければならない姉・舞姫。
どんなに外見が似ていても、内面を似せようと努力しても、やっぱり苦労はするもので、
加えて、お互い生来の気質だけは変わらないようでして、お互いがそれぞれの学校で起こしたことが、姉弟協力の下、綺麗に合わさって一つの行事となったのは、読み応えがありました。

晴れて、入替わりは終わりを告げて、お互いもとの生活に・・・
ならずに、続きが読めそうです。

2011/02/19 00:14

投稿元:ブクログ

すみません、自分的に挿絵が受け付けなくて
(作品には凄い合ってます)、気になってたんだけど
中々読めずでしたが、やっとこさ。

うん、中々面白い!竹岡先生はファンタジーより
ラヴコメのほうがいいなぁ、ファンタジア文庫なのに、
ファンタジー要素がゼロで、ノリノリの「少女小説」です。

一番男前なのが双子の姉で、一番可愛いのが双子の弟なのは、
まぁ、お約束ということで…
双子の姉弟の入れ替わりといえば、「ざ・ちぇんじ!」
(大元は「とりかえばや物語」)を思い出しますが、
女が主人公か男が主人公かの違いは大きいな。

全9巻にものぼるので、続きはどうしよっかなぁ、です。

2010/06/02 17:39

投稿元:ブクログ

性別が異なる双子の中学生による男女入れ替わり学園ラブコメ。性別入れ替わりに抵抗がある人にはすすめられないがそうでないなら、文章は読みやすく、息抜き感覚で楽しめる。

2012/08/15 22:26

投稿元:ブクログ

BOOK☆WALKERで購入。イラストは可愛いけど女装少年ものだった。設定年齢よりも大きすぎるのが残念。

2010/05/25 07:19

投稿元:ブクログ

えー,数年前からよく見るパターンの

男が女装してお嬢様学校へ潜入する話.

で,男女の双子の入れ替わりなので

女の方は男装して共学へ行くわけですが….

あれ?

これ,男装して男子校だったら「まりあ†ほりっく」であったパターンだのぅ….

まぁ,主人公ではないけども.


何故かばれない.

いや,完全にばれないわけではなくて

潜入先でも正体を知ってる共犯者は居るんだけども.


まぁ,そんな話.


きっと回を増すごとに新キャラが増えていって

みんなお姉さま(女装主人公)とか

お姉さまの弟(男装・主人公の姉)に惚れるんだろう.

で,最後の方で収拾が付かなくなって

急な転校とかが発生して終わらせるんじゃね?

まぁ,妄想だけども.

2011/02/19 00:22

投稿元:ブクログ

双子の男女入れ替え物語。女装男子の女子校でのきゃっきゃうふふむにゅむにゅ話に終始しないのがいい。協力者がいたり、入れ替わりの準備期間を設けたりと、行き当たりばったりでないのもいい。
舞姫(姉)の通う青美女学院と、雪国(弟)の通う空舟五中の友人もそれぞれいい味を出している。
庶民味の舌の持ち主である一駿河蜜。蜜の姉分でソロリティ・ローズロワイヤルの代表である蝶間林典子。
彼女らの華やか可愛さが、よう太さんのイラストで可憐に表されている。
空舟エンジョイ委員会ことSECの会長芝目や豆坂、大道寺もいい。変にオタクっぽくなく、縁の下の力持ち的なところが好感を持てる。
雪国と舞姫の学校交換生活は、空舟五中の文化祭であるそらご祭でクライマックスを迎える。

筆者名に聞き覚えがあると思ったら、文学少女シリーズの挿絵師の姉妹なんだ!
面白いなぁ。いいなぁ、姉妹でクリエイター。楽しそう。

2011/05/13 00:00

投稿元:ブクログ

BookWalkerで購入。テーマ的にまたハーレムなエロいやつかと思って敬遠してたけど、清々しいラブコメ。良かった。

2011/08/31 00:00

投稿元:ブクログ

ハーレムものを期待して購入しましたが一駿河蜜一本槍だった!残念。口絵に登場する海原の会のおねえさんは本編では出てこない。おっぱい成分がないよ。ひからびるよ(海原の会のおねえさんもひからびてたが)。芝目がかわいいよ(描写とイラストがかなり食い違っているようだが)。彼の台詞は関智一さんの声で脳内再生されます。お話は途中まで面白い面白いと読んでいたが…アレ?ラストはいろいろしっくり来ない。原因の一つは終盤は描写が雑になっていたこと。スピード感を重視しすぎたか。あとはSECの正体をばらされたこと。そんなことされたらこの会の存在意義が消滅すると思うのだが。

2012/05/31 08:42

投稿元:ブクログ

主人公、淡谷雪国はある日図書館で出会った一駿河蜜に一目惚れしてしまう。蜜に少しでも近づきたい雪国は、蜜が通っている青美女学院に双子の姉である淡谷舞姫と入れ替わって通学することになる。(wiki参照)

姉弟の入れ替わり物で、よくある話かと思ったら、意外と内容は恋愛小説に近い。恋愛描写が上手く書かれていて、面白かったです。また、女装主人公が一番可愛いです。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む