サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オンディーヌ(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75152-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オンディーヌ (光文社古典新訳文庫)

著者 ジロドゥ (著),二木 麻里 (訳)

オンディーヌ (光文社古典新訳文庫)

637(税込)

オンディーヌ

605 (税込)

オンディーヌ

ポイント :5pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おばかキャラ登場、喜劇「オンディーヌ」?

2008/07/14 16:16

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 フーケーの「水妖記(ウンディーネ)」を題材にした、ジロドゥの戯曲「オンディーヌ」。フーケーの描いたお話は「水の妖精の悲しい恋物語」。人間と結婚した水の妖精が、相手の男が他の女性と結婚したためにその男を殺してしまうお話で、どちらかというと「人魚姫」のようなお話と記憶していた。
 ところがジロドゥの作品は幕開けから喜劇的である。そして、1939年の作品とは思えないほど、登場人物の性格・行動が驚くほど現代人にもあてはまるので、心の情景が安々と伝わってくる。
 他人の言葉を聞かず、奔放・無邪気に振舞う主人公の水の妖精は、訳者いわくのジロドゥらしいヒロインの典型、「世間から見ると変な娘」である。第一幕でも、ハンスとずっと傍にいるために体をつないじゃおう、といいだしたりするなど、随所に彼女の「奇抜な」考えや行動が笑いを誘い、時にはどきりとさせる。
 お相手のハンスもとても「フツー」の男性であるようで、魅力的な女性にはつい心が動く。出会った途端にオンディーヌに魅かれてしまうと思えば、美しい女性姿の妖精たちが誘惑すると鼻の下が伸びる。ちょっと高慢なベルタにさえも、オンディーヌの仲間たちの不気味さも手伝って、心が戻っていく。こういうあたりは、「恋の喜劇」そのものである。

 舞台としても、妖精たちの見せる不思議がたくさんあり、楽しめる。特に第二幕の宮廷の場では、叔父である水妖の王がいきなりトロイの木馬やヴィーナスを出現させたり、時間を三ヶ月飛ばしてしまうと見ている人の髯が伸びるなど、初演の時(1939)ではどうやってやっていたの?と驚きの内容である。この前後の場面は侍従との掛け合いなどなかなかドタバタ喜劇風である。この幕でもオンディーヌは、宮廷のしきたりを教えられている場面ですぐに傍らの詩人と話を始めてしまうなど、大いに笑える無邪気な奔放さをみせてくれる。

 喜劇の奥には悲劇が透けてみえる。笑いっぱなしで場面は進んでも、なぜか幸せなカップルでは終わらない。三幕最後になりベルタと結婚式を済ませたハンスが死んだ瞬間、オンディーヌの記憶がなくなって無邪気な言葉を話す時、人間の性(さが)や愚かさの悲劇の姿が見えてくる。笑ってしまうほど悲しい、とびきりの劇である。

 解説には「異種婚姻」の話としての民話解析や、人間の精神への価値観についての分析がかなりページ数を割いて論じられている。しかし、これらを考えなくても充分楽しめ、「人の心」を考えさせる作品である。こういうのがきっと名作なのだ。
 最近人気がある奔放で陽気な「おばかキャラ」。オンディーヌやハンスを彼ら、彼女等に是非演じて欲しい。きっと面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/22 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/22 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/20 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/13 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/16 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/07 03:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/29 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む