サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

零崎曲識の人間人間(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 111件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182582-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)

著者 西尾 維新 (著)

『零崎一賊』—それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。“...

もっと見る

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)

1,123(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「零崎曲識の人間人間」が含まれるセット商品

人間シリーズ (講談社ノベルス) 全7巻完結セット(講談社ノベルス)

人間シリーズ (講談社ノベルス) 全7巻完結セット

商品説明

『零崎一賊』—それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!新青春エンタの最前線がここにある。【「BOOK」データベースの商品解説】

「零崎一賊」-それは「殺し名」の第3位に列せられる殺人鬼の一賊。「少女趣味」こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。零崎曲識を主役に据えた4つの物語を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ランドセルランドの戦い 8−77
ロイヤルロイヤリティーホテルの音階 78−125
クラッシュクラシックの面会 126−185

著者紹介

西尾 維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。2002年「クビキリサイクル」にてメフィスト賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー111件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

個人的には『傷物語』のほうが好きですが、人識と無桐伊織との間で交されるブラックな会話に関しては、そのユーモアも含めて感心します。いつまでも幸せでいてね・・・

2008/07/02 20:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

次女が維新を盛んに褒めるのですが、私にはそれが少しも理解できませんでした。年の差を感じていたのですが、そうした私の維新観を一掃してくれたのが『化物語』であったわけで、結局、『刀語』全12冊を買い揃える羽目になったわけです。その私が、我が家の可愛い高三次女に、今年の誕生日本として贈ったのが『零崎曲識の人間人間』です。カードつき、というのもプレゼントにピッタリ。

しかも take さんのイラストが実にいい、とも次女は言います。ま、本のサイズもあるんでしょうが『刀語』よりは絶対に締まりがある。「やっぱり take さんはいいわ」だそうです。ま、趣味の問題ですが私は『化物語』のそれのほうが上かと。やはり次女と私とでは維新と出会った時期が違うので、それがそのまま出た感じ。

それと登場人物の死です。以前も書いた気がしますが、「維新は登場人物、平気で殺しちゃうんだよね」と次女はあっさり決め付けます。主人公は決して死なない、というのが私の考えるいい小説の基本ですが、今時の若い人にとってその常識は通用しません。ま、そうは言っても『刀語』でペンギン忍者の死に最も衝撃を受けていたのは、当の次女ではあるのですが。

各話の紹介に入る前に、まず装幀を楽しみましょう。ま、カバー折返しの文章の文字レイアウトを考えたのは維新なのか、Cover Designの Veia なのか、Book Design の Hiroto Kumagai/Noriyuki Kamatsu なのかは分りませんが、タイポグラフィックな試みというのは遊び心が合って好きです。本の雰囲気が伝わるように写してみました。そのカバー折返しですが、  

音はすべてを支配する。  
 世界を、時間を、空白を。
  絶望を、思想を、感覚を。
   機会を、景色を、星々を。
    了解を、殺戮を、指先を。
     過去を、契機を、順番を。
      知識を、蒙昧を、恋愛を。
       人間を、人間を、人間を。
        曲がることなく、支配する。

てな具合になっています。いいですね、ただ三文字を読点で切り、ずらしながら並べただけなんですが、それだけで心がウキウキしてきます。ついでに宣伝文句を書いてしまえば
   
「零崎を始めるのも、悪くない」
最強の“音使い”現る――。
「零崎一賊の人間コロシアム」第2弾、6枚付き!

カバー後の案内は

「零崎一賊」――それは“殺し名”の第3位に列せられる殺人鬼の一賊。
“少女趣味(ボトルキープ)”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。
一賊の結束はどうなるのか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!
新青春エンタの最前線がここにある!

です。ついでに登場人物紹介もそっけなくて、どこかユーモラスなので写しましょう。

零崎曲識(ぜろさき・まがしき)―――――殺人鬼。
零崎双識(ぜろさき・そうしき)―――――殺人鬼。
零崎軋識(ぜろさき・きししき)―――――殺人鬼。
零崎人識(ぜろさき・ひとしき)―――――殺人鬼。
無桐伊織(ぜろさき・いおり )―――――殺人鬼。
匂宮出夢(いおうのみや・いずむ)――――殺人鬼。
総角ぱれす(あげまき・ぱれす)―――――殺人鬼。
総角ろうど(あげまき・ろうど)―――――殺人鬼。
総角さらえ(あげまき・さらえ)―――――殺人鬼。
哀川潤(あいかわ・じゅん)――――――――最強。
想影真心(おもかげ・まごころ)――――――最終。
西東天(さいとう・たかし)――――――――最悪。
架城明楽(かじょう・あきら)―――――――邪悪。
由比ヶ浜ぷに子(ゆいがはま・ぷにこ)――メイド。
罪口積雪(つみくち・つみゆき)――――武器職人。
右下るれろ(みぎした・るれろ)―――――人形士。
萩原子荻(はぎわら・しおき)―――――――策士。

結構笑えますよね。殆ど記号に等しい短い説明。読み終わって、もう一度見ると、納得できる、そういう読書の手助けに全くならない人物紹介って、妙です、はい。各話について簡単な内容紹介と初出を書いておきます。

◆ランドセルランドの戦い(「メフィスト」2007年5月号):アミューズメント型テーマパーク・ランドセルランドで争う萩原子荻軍団(総角ぱれす、総角ろうど、総角さらえ)と零崎一賊(零崎曲識、零崎双識、零崎軋識、零崎人識、零崎伊織)、そして人識の腕を固める匂宮出夢・・・

◆ロイヤルロイヤリティーホテルの音階(「メフィスト」2007年9月号):零崎双識が逃げることを諦め、、零崎軋識とともに迎撃に移る。15歳の零崎曲識は逃げる。彼の音楽に聞く耳をもたないメイド服姿のアンドロイド・由比ヶ浜ぷに子から。そしてぷに子に挑む赤毛の少女。ぷに子の生みの親・西東天、架城明楽は・・・

◆クラッシュクラシックの面会(「メフィスト」2008年1月号):両腕を無くしながら明るく人識と語らう無桐伊織。彼女に腕をあげたい、そう思った少年が曲識から紹介してもらったのが武器職人の罪口積雪。天才的な職人が代償として人識に求めたのは、そして二人の幸福な未来を望む曲識は・・・

◆ラストフルラストの本懐(書き下ろし):曲識の前にいるのは包帯だらけの少女・右下るれろと、どこか哀川潤を思わせるオレンジ色の少女・想影真心。積雪特製の武器を持った曲識の意外な運命・・・

個人的には人識と無桐伊織のコンビがいいです。人識と匂宮出夢の組み合わせは、どこかペットと遊ぶ人間の姿を連想させますが、腕のない伊織の明るさには、ただただ微笑んでしまう。この二人にだけは生き延びて幸せになって欲しいと思います。そんなことを次女に言ったら、どうもそうなるらしい。このシリーズ、次に出る第三部で終了とあるので、次女の発言の真意はそこで確かめられそうです。

一族の滅びは見たくありませんが、せめて若い二人が生き延びてくれるなら、読んでみたい・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/14 12:15

投稿元:ブクログ

▼最近の西尾先生の、いわゆる「ラブオチ」があーまりにも、嗚呼あーまりにもストライクゾーンでですね、胸キュンが止まらないのでですね、正直冷静に評価できないです。乗せられてるなあとは思いながらも、毎回咽び泣いているという(笑)。良かったね、曲識良かったね……。(08/3/8読了)

2010/05/04 15:08

投稿元:ブクログ

殺人鬼集団の零崎一族。
その一人の音を操る曲識の話。
独特な雰囲気に引き込まれたが、
痛い系は苦手だ、やっぱり。

2008/09/24 17:20

投稿元:ブクログ

人間シリーズもだいぶ飽きてきたかなあ…
でも変り種の零崎で、なかなか面白かったかな。
しかし、いつも自虐的な終わり方なのが気になるといえば気になる。
それは私が勧善懲悪が好きだからさ。

2008/12/23 22:30

投稿元:ブクログ

今まで語られなかった裏舞台。ずっと主役ではなく共演者だったある男。全てに無関心な風で、万能に平等に知っていた。なんて、しったかぶって言ってみたくなるくらいの流された芸術。音楽。音。
これも一つのハッピーエンドでいいんじゃないかな。曲識の視点じゃない内面じゃない部分にばかり目が行ってしまうけど、他の作品で謎だった部分を知ることが出来る虎の巻でもあるところがまた魅力でした。

2008/04/20 10:29

投稿元:ブクログ

維新キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
まぁ、即効買って読みましたとも!!
零崎好き過ぎますね!!

2008/03/19 01:49

投稿元:ブクログ

本編は終わっているのに外伝が続いている作品て違和感を感じたりします。
相変わらず変な名前と変な性格のキャラクターがわんさかです。
殺人鬼なのになんでこんなに個性的でいいキャラばっかりなんだろう。
オチが切なくて好きでした。

2008/07/17 21:20

投稿元:ブクログ

曲識よりも正直、出夢くんと人識に夢中でした。はぁ、もう、人出万歳!^^早く人識の心がゲットできるとイイと思います!出夢くん頑張れー

2008/04/16 16:10

投稿元:ブクログ

またまたまた戯言番外編。というより、これは零崎シリーズと呼ぶべきでしょう。
これまで、曲識さんの容姿の描写がなかったので、勝手にフランケンシュタインみたいなのを思い浮かべていました。
ごめんなさい。人識君との掛け合いはコントのようで笑えます。
零崎家殲滅の危機である小戦争と大戦争についての描写がなされていて、謎が少しだけ解けた気分。
終わり方が個人的には一番好きです。

2008/03/27 18:54

投稿元:ブクログ

西尾維新の最新作。

この人の作品は好きで今のところほぼ全て読んでいる、かな?

ストーリーというよりは、この人の文字をばらして組み立て
またばらして組み立て、寄木細工ののように言葉で遊ぶ感覚が好きです。

2009/07/30 23:44

投稿元:ブクログ

曲識兄さま、かっこいいにもほどが…!
赤と曲識兄さまの関係が好きすぎてどうしようもないです。
人出の方が多いのもわからなくもないです。
あとうっかり、人舞に萌えそうになったのも内緒です。
でもやっぱり1と0は二人でひとつなので、
人識はいーちゃんのものなのです。

「俺はそういう下品な冗談が一番嫌いだ」←最萌
そして区切り方を忘れたとかいう…

2008/03/17 22:30

投稿元:ブクログ

意外と苦労人人識くん好きだ。いや、めちゃくちゃ苦労人だな。曲識さんは純情すぎると思いますが、どうやって零崎に入ったのかが気になる。・・・本編忘れてきてるから橙がなんで殲滅しようとしてるのかが分からなかった。人識好きだ。それより双識大好きだ。

2008/03/17 00:58

投稿元:ブクログ

「零崎一族」−−−それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味(ボルトキープ)”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!
新青春エンタの最前線がここにある!
「零崎を始めるのも、悪くない」

2008/08/24 14:47

投稿元:ブクログ

2008/8/24
いろいろ忘れててわからない。
この人の掛け合い漫才みたいなところが好きなので伊織ちゃんが出てくる話は「…悪くない」
曲識の最期は「いい!」よかったね。
オレンジの人が出てくるとテンション下がる。
圧倒的すぎてつまらない。

2011/07/25 10:36

投稿元:ブクログ

≪内容覚書≫
零崎一賊の音楽家、零崎曲職。二つ名は『少女趣味』(ボルトキープ)。
逃げの曲職とも呼ばれるほど、
異質な殺人鬼集団内においても異質な男。

そんな曲職の闘いと恋の一幕を楽しめる一冊。

≪感想≫
曲名の後に、いちいち「作曲 零崎曲職」とつけるのが、
なんだかツボに入った。

しかし、好きな物に打ち込む男という視点になると、
零崎なんて関係なく、ほんとにただの男だなー、と思った。
問題は、それが人を殺せる、という点にあるんだが。

しっかりしているし、自分のことは自分でやれる男だけど、
なんとなく見守ってあげたくなる男、それが曲職さん。
例え、他に好きな女がいても構わない。
あなたを見つめていたいだけ。

そんな切ない恋心を感じさせてくれた曲職さん感謝。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む