サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. オイレンシュピーゲル 4 Wag The Dog

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オイレンシュピーゲル 4 Wag The Dog(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/429p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-472908-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オイレンシュピーゲル 4 Wag The Dog (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 冲方 丁 (著)

空港で旅客機が占拠された。首謀者の男—パトリックを捕らえ空港内留置所に拘束するも、中国服の武装集団に襲撃される。いきがかり上、パトリックと共闘することになる涼月。一方、テ...

もっと見る

オイレンシュピーゲル 4 Wag The Dog (角川文庫 角川スニーカー文庫)

700(税込)

オイレンシュピーゲル 肆 Wag The Dog

691 (税込)

オイレンシュピーゲル 肆 Wag The Dog

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「オイレンシュピーゲル 4 Wag The Dog」が含まれるセット商品

オイレンシュピーゲル (角川文庫) 全4巻完結セット(角川文庫)

オイレンシュピーゲル (角川文庫) 全4巻完結セット

商品説明

空港で旅客機が占拠された。首謀者の男—パトリックを捕らえ空港内留置所に拘束するも、中国服の武装集団に襲撃される。いきがかり上、パトリックと共闘することになる涼月。一方、テロリストが市民200名を人質に、空港の一角を占拠。陽炎も人質となり、両手に爆弾のスイッチを握らされる。テロリストの中には、“レベル3”の特甲児童、双子の兄弟の姿もあった…。クールでキュートでグロテスクな“死に至る悪ふざけ”、第4幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なんていうか一番卑劣なのは女子供を人質にして、ついでに己の欲望を満たそうとする輩で、今で言えばテロリスト、一昔前は帝国軍人、憲兵、特高、そういった連中なんです。少女、危うし!

2008/08/21 18:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

眼を見張るような分厚さで、429頁というのは今までの本のほぼ倍。いやはや、予想外に速い出版ペースもですが、このヴォリュームにも驚きです。それについて、冲方はあとがきで

いよいよ悪ふざけも、さらなる展開点たる四巻目に突入――新キャラ登場、アドレナリン全開でまさかの四百ページ越え。もはや悔いなし書き損じなし叱られてもお構いなし。
懇意の脚本家さんから“弾丸文章”と評されたバラバラ文体もさらに加速し遠慮会釈なし。
富士見書房から刊行されるもう一つのシュピーゲルとのリンクもますます複雑に見境なし。

とあります。実は、もう一つのほうも、これまた大冊。お値段が安いのは歓迎ですが、こんなに出されると、私はついて行けない、マニアでない読者も思いに配慮なし。とまあ、書いたんですが実は、今回のこの本、イマイチこの小説世界の組織関係を理解できなかった私にはありがたいサービスがありました。それが巻頭についているオーストリア国防軍とミリオポリス治安機構の組織図です。

ちなみに、これは『スプライト』にはついてません、ザマーミロ!って。それにカバーイラストに関しては、ダントツ『オイレン』の白亜右月のほうがいいし、カバーデザインだって design CRES のほうが、ってまあ、これは同じか。いやいや、よく考えりゃ私、『スプライト』も読むんそっちにも組織図欲しいんですけど・・・

で、早速それを利用してこの巻のMPBミリオポリス治安機構の面々のご紹介。

夕霧・クニグンデ・モレンツ:MPB遊撃小隊ケルベロス隊員、白犬

陽炎・ザビーネ・クルツリンガー:MPB遊撃小隊ケルベロス隊員、紅犬

涼月・ディートリッヒ・シュルツ:MPB遊撃小隊ケルベロス隊長、黒犬

吹雪・ペーター・シュライヒャー:MPB接続官、ケルベロス隊担当

ミハエル・宮仕・カリウス:MPB中隊〈怒涛〉隊長

オーギュスト・天龍・コール:MPB大隊長

フランツ・利根・エアハルト:MPB副長

マリア・鬼濡・ローゼンバーグ:MPB専属医

パウロ神父:元”特甲児童”製造管理顧問

リヒャルト・トラクル:支援型テロ組織プリンチップ社エージェント

以上でほぼ網羅。で、今回のお話、個人的には陽炎とミハエル中隊長との恋愛を軸に読むのが正しいかと。でも、それはカバー折り返しの案内

空港で旅客機が占拠された。首謀者の男――
パトリックを捕らえ空港内留置所に拘束する
も、中国服の武装集団に襲撃される。いきが
かり上、パトリックと共闘することになる涼
月。一方、テロリストが市民200名を人質に、
空港の一角を占拠。陽炎も人質となり、両手
に爆弾のスイッチを握らされる。テロリスト
の中には、〈レベル3〉の特甲児童、双子の
兄弟の姿もあった・・・・・・。クールでキュートで
グロテスクな“死に至る悪ふざけ”、第4幕。

からは分かりません。これこそ読んだものだけが分かる特権。最後に章のタイトル列記します。

第壱章 Dog Days
炎天下

第弐章 Dog Eat Dog
とも食いの群

第参章 Wag the Dog
尾が犬を振る

EPILOGUE 00:07:04

あとがき

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気持ちが吹っ切れていく

2008/05/23 20:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

三人それぞれに見せ場があり、スプライトとの繋がりもうまい
バトルシーンよりも少女たちの心理描写が深く濃い
おちゃらけた感じは減り少し地味な印象だが、一人一人吹っ切れていくのが力強く気持ちいい
一皮向けた三人の次の戦いは楽しくなりそう




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/18 11:23

投稿元:ブクログ

2008/08/17読了。
シャングリ・ラ読んだら、冲方が読みたくなった。
読みにくいなんていってごめんなさい、冲方。やっぱり戦闘の描写は、最強でした。

正直なところ、私のシュピーゲルシリーズの評価は冲方作品としてはそんなに高くないんだけど、この巻は出色のでき。
冲方読んで感動させられるところは、勉強して書いてるな〜って心の底から思え得るところだ。

この巻で興味深かったのは、彼なりのナショナリズム、ナショナルアイデンティティが明確に問題として描かれているところである。
冲方は、少年時代をネパールとかとにかく日本国外で過ごしたいわゆる帰国子女である。
父親が朝鮮系だともいう。
生まれも育ちも日本で、日本人というアイデンティティに疑問を持たない(持てない)ものたちが、ちょっと描けない観点を持ち出してきてくれる。

作中CIAエージェントが自分が「アメリカ国民になったとき」を語るシーンは説教くさくもあるのだが、はずせないシーンであったのだろう。
「アメリカ国民」になったCIAエージェントと、対比的に語られる、未熟な自分を何者かにするためにすがる方法としての、激しいナショナリズム。
「国民になる」という感覚を持てるということは、冲方らしいところである。

しかし。
こっからは本の評価と関係なく、個人的なことなのだが、最近アメリカの暗部を描く新書ばかり読んだせいもあって、アメリカやはり良いというような描写を見ると何となく反論したくなるところがあった。
アメリカってなんか偽善的な国なんだよな。
逆に中国は、きれい事とか抜きで、政治に悪は必要って本気で思っているような印象がある。
夢見がちな国家って別の意味で怖い。敗戦までの日本とかも。本気で大東亜共栄圏が作られたら、アジア人が幸せになると思ってたひといっぱいいたのだろう。

2011/05/02 03:12

投稿元:ブクログ

特甲猟兵の登場によって、戦闘が半端無く過激になり特甲児童の内面に更に迫る巻。小隊メンバーそれぞれが現状を受け入れて精神面での成長を果たす姿も素晴らしく、それを支えるミハエルとパトリックがまたかっこいいです。あと陽炎の行動と内面のギャップも見ていて面白いです。そしてスプライトとの結びつき、特に涼月と鳳の電話による会話とその姿の対比の仕方が見事。これだけ多面的に物語を破綻なく書ける作家はそういないでしょう。物語が統合されるというテスタメントにも期待です。

2011/04/23 23:00

投稿元:ブクログ

実は、『なーんか世界とか救いてえ』というセリフで読むのを避けていたが、オレインの参・肆を読み終えたときそのセリフが理にかなったもので、理解できる感情になったと思えたときは思わず感動してしまった。食わずぎらいしないでもっとはやく読めばよかった。

2011/02/25 01:47

投稿元:ブクログ

のめり込みました。
途中かなりエゲツない事になりますが、ちゃんと克服して、前に進みます。
只々頑張れと読み進むのみです。

2009/07/31 22:41

投稿元:ブクログ

禁断の力<レベル3>を手に入れた涼月たち。同時多発ストーリー第4弾!!
空港でハイジャックが勃発。領空内に正体不明の戦闘機が侵入。蠢き出す、中国暗殺部隊〈蟲〉。空港内で大量の人質を取るテロリスト集団。発動する〈レベル3〉――! 涼月たちの闘いは新たな局面へ――!!

うおお…!
と読んでいて素直に、率直に、ストレートに驚かされました。

スプライトシュピーゲルとの物語のリンクが今回は(いや、毎回ですが)特に重要なキーです。
涼月と鳳、事件と事件を結ぶ携帯が物凄く重要な役割を果たします。
二つの事件に見えて、最終的には1つの事件として収束していく…。
沖方さんにのその手法に唸らされました。

そして、"特甲猟兵"という強大な敵に対するため、遂に猋のメンバーも"特甲レベル3"の使用へ。
精神汚染をきたすレベル3…猋のメンバーはどうなってしまうのか…!

涼月達の"強さ"と"弱さ"が見えた今回。
都市の"暗部"に立ち向かう少女たちの運命やいかに…。

2010/12/06 02:44

投稿元:ブクログ

2010 12/5読了。たぶん有隣堂で購入・・・たぶん。
オイレン最終巻。って言う感じはあまりしない巻(テスタメントへ続いているなら当然であるが)。
てっきり前巻で提示された吹雪と涼月の話が掘り下げられるのかと思ったら、前巻で多少あった日常テイスト全部吹っ飛ばして全編アクション+サスペンスで、かなりのめりこみながら読んだ。

2014/09/27 22:10

投稿元:ブクログ

こちらも初読の際にレビューしなかったので再読でレビュー。二つの物語が相互に連携しながら同時進行するストーリーで、電話という手段で言い合う主人公たちの語りが相互の謎に大きく関与し、二つで一つの事件という構図となっているが、これが発展的に次作のテスタメントですべての物語が一つの話という途方もない挑戦に繋がったのがよくわかる。ライトノベルの様な体裁でありながら途方のない話であり、是非、早めの次作の刊行をお願いしたい。

2013/01/11 11:58

投稿元:ブクログ

4巻
 もう一つの物語の4巻とリンク

 こちらにも猟兵2人、偽脳兵器1、中国の蟲さんも参戦
  切れた子供たち、それに過去の女
 黒犬君がメイン?己の劣等感と対峙
 謎解きの部分は少な目、すでにスプライト読んでいるのでわかっているし。
 話は収束せずにまだまだ発散中。

 メインの筋は同じでもサブの物語が違うとだいぶ趣が変わるかな。

2013/11/19 18:04

投稿元:ブクログ

オイレンシュピーゲル4巻を再読。涼月が機械化された体や自らの境遇に対して持つコンプレックスに、潰されそうになりながらも立ち向かう姿が印象的。テスタメントで、受験によって自らの道を「選択する」ことが涼月にとっていかに重要だったか、4巻を再読してより理解できた。

涼月と共に行動することになるパトリックは、普段身近にいない「大人」として涼月に影響を与える。パトリックが自らを米国民であることを意識したアーカンソーでの出来事と、アメリカの善が試行錯誤中の「最前線の善」であるとの考えは、涼月とは立場が違うけれども、示唆に富んだ言葉だった。

涼月の言う「あたしの都市」という言葉が、テロリストの言う「我が国」「我が民族」等と同様の、劣等感にまみれた欺瞞の言葉にならないためにはどうすればよいか。涼月の葛藤と、拷問嫌いの涼月が「あたしの都市」でそれを許すまじと突撃するシーンは、痺れる!

あと、脳内チップと機械義肢との関係や、レベル3のフロー状態の関係などは、結構忘れていたんで読み直せてよかったw

2014/11/05 21:24

投稿元:ブクログ

古本屋でたまたま見つけた。

参まで読んだところでどうしても好みじゃないので
休止していたけれどオイレンシリーズの最後巻らしいので
『毒を食らわば皿まで』という心意気で読んでみた。

やはりスラッシュ文体は読みにくい。
途中かなり読み飛ばしてしまった。

この文体は心の機微、葛藤が素晴らしく表現されている。
陽炎のミハエルに対する素直になれない恋心とか、
涼月の強がりの裏側にある劣等感とか。
(逆に夕霧のような裏表のないキャラクターにはあまりはまらない)

それでもどこか相容れないのは完全に好みの問題か。

なんとか読み切ったけれど、
物語はスプライトシリーズとリンクして
まだまだとどまる所を知らない。

あ、あれ……? この巻で全然完結しないんだ……(愕然)

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む