サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

身代わり伯爵の決闘(角川ビーンズ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ビーンズ文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-452404-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

身代わり伯爵の決闘 (角川ビーンズ文庫)

著者 清家 未森 (著)

はた迷惑な兄の身代わりに、乙女劇団を立ち上げることになったミレーユ。「惚れ薬」を手にしたヴィルフリートは、恋煩いの末に大暴走!しかもいつもは冷静なリヒャルトも、今日は何だ...

もっと見る

身代わり伯爵の決闘 (角川ビーンズ文庫)

514(税込)

身代わり伯爵の決闘

497(税込)

身代わり伯爵の決闘

ポイント :4pt / 紙の本より17おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「身代わり伯爵の決闘」が含まれるセット商品

商品説明

はた迷惑な兄の身代わりに、乙女劇団を立ち上げることになったミレーユ。「惚れ薬」を手にしたヴィルフリートは、恋煩いの末に大暴走!しかもいつもは冷静なリヒャルトも、今日は何だか積極的で…!?最高の恋愛成就を願ってミレーユが仕掛ける、一世一代の熱演(もちろん男装)の行方とは…!?かくして『身代わり伯爵』の駆け落ちを賭けた熱演がはじまる!?恋の花が咲き乱れる、ハイテンション王道ファンタジー第4弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.4

評価内訳

電子書籍

ついにバレた

2016/06/10 15:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「惚れ薬」を手にしたヴィルフリートは、恋煩いの末に大暴走!ヴィルフリートがついにミレーユとフレッドの入れ替わりに気づいちゃった。恋心には臆病つーか、国宝級の鈍感だけど、それ以外は真っ直ぐなミレーユと、逆に恋心は自覚してるけどそれ以外は及び腰でヘタレなリヒャルト。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/04 11:16

投稿元:ブクログ

1/2 朝っぱらから砂吐きそうな挨拶に始まり、ラストのシリアスなリヒャルトに胸が詰まりました。シアラン編が楽しみ!

2008/03/30 00:34

投稿元:ブクログ

表紙(素顔+眼鏡)な人もなかなか活躍(暗躍?)なシリーズ4作目。ヅカ的な乙女劇団に惚れ薬、他国の神官、駆け落ち計画!?今回もかなりの大騒ぎで、笑いどころも盛りだくさん。
天然主役2人の恋愛…?もやや進展…してるようなしてないような。でも甘々雰囲気から切ない哀しいシーンまで、もどかしいけれど良い!特にイラストも今回すごいですー(笑)コスプレも有り。
なんとなく存在だけは出ていた人物が登場したり、暗躍したり、先がさらに気になる展開になってきてます。

2009/08/10 20:44

投稿元:ブクログ

一気にリヒャルトが積極的になったお話でしたwww
朝の挨拶をちょっと趣向を変えるとああなるんですね(笑
また、この巻でセシリアの印象が変わってきました。セシリアは可愛いなーと思うようになってきたwww
可愛いと言えばヴィルフリートも!!
馬鹿な子ほど可愛いwww

次回は新章突入ですね!楽しみですww

2011/02/17 10:44

投稿元:ブクログ

積極的なリヒャルトが・・・

何かあせってます。

暴走王子、ヴィルフリート。

前作に続きセシリアもかわいい。

台本読んで練習してる時はリヒャルト本気ですよね。

終わり方が意味深で気になります

2010/05/03 23:17

投稿元:ブクログ

リディエンヌに頼まれ、公爵の娘であるシャロンに脅され、乙女のための劇団を立ち上げることになったミレーユ。一方フレッドとミレーユの間で大混乱のヴィルフリートはルーディから惚れ薬を手に入れるが、その効果は・・・。ミレーユへの恋を自覚したリヒャルトは、いつもより積極的。ミレーユは戸惑うが、そんなとき彼女のもとにシャロンの恋人だというイアンが現れる。シャロンの父親についてや、イアンの事情を知ったミレーユは、彼らを結びつけるために最高の舞台を用意しようと奔走することになるが、無事駆け落ちを成功させることができるのか?!

混乱した大人数のキャラにはだいぶ慣れて、話自体も伏線らしきものを拾いながら読むのは楽しかったです。が!何でこのラストなの!あまりに気になって、気も狂いそうです(苦笑)アルテマリス編完結巻ということで、ある程度の区切りを想像していたのですが、前作よりも続きっぽい・・・よ。ここはきっちり線引いて欲しかったので評価は厳しめですが、ストーリーとしては大変良かったです。コミカルな場面も多くて、人がいるところでは読めません(笑)リヒャルトとミレーユの関係もちょっとは進展中?エドゥアルトの親バカっぷりもたまりません。

2008/10/23 21:25

投稿元:ブクログ

そろそろ身代わりも板についてきましたねミレーユ!!
リヒャルトがいじらしい…。
早くくっつけばいいのに…と思っちゃいます。

2009/01/25 18:19

投稿元:ブクログ

序盤からリヒャルトとミレーユはやってくれますね。なんだこのラブラブっぷりは!笑。最初から最後までニヤニヤが止まらない1冊でした。

2010/03/07 16:39

投稿元:ブクログ

 絶対に行きたくない国、サヴィアー。
 ナイスミドルな夜の帝王・ラドフォード男爵が素敵でした。

 あほの子が多そうな青薔薇がちょっぴり愛しい気がします。

2010/11/21 23:05

投稿元:ブクログ

あの気になる最後の続きが! と思いきや
期待を裏切った1冊でした。
最初から爆笑し続けさせていただきましたが。

人様の恋愛状態が色々絡み合って、その部分でも大爆笑。
そして王女の恋愛小説罰にも爆笑。
いやもう…女優魂ってすごいですね。
恋する乙女がすごい、んでしょうか?
それとも、この世界ではこれが普通??

ようやく区別がついてしまった人も出てきてしまいましたし
その後、またしても気になる所で終了してますし。
むしろ、この2人どうなる~というか、どうするんですか!?

2009/11/24 20:14

投稿元:ブクログ

もふもふのキグルミ好きな第二王子はヴォルフラムに似てるよね!ってかミレーユは秀麗に。
ビーンズ文庫のおいしいとこ摘んでる感じが無きにしも非ず……。

2010/02/06 00:07

投稿元:ブクログ

第四巻です。

作者曰く、嵐の前の静けさらしい。
確かに本筋は一旦休憩。
二重人格やかましいお嬢さんが新たに登場し、またもミレーユは巻き込まれというか、飛び込んでいきます。
普通に見れば、リディ含めて、年頃の可愛いお嬢さんのお戯れのはずなのに、普通の子が一人もいない。

まぁこのシリーズの醍醐味はやはりラブですから。
今回もますますパパが心配するような出来事が、初っ端から展開されています。しかしミレーユはすべて華麗にかわしていくので、もうリヒャルトが哀れで哀れで。やっぱりちょっとMっこなのかなぁと思ってしまいます。意識されずにべたべたくっつかれたり、演技の駆け落ちを持ちかけられたり、いろいろ親身になられたりしたらそりゃあ辛いだろう。ちょっと光源氏っぽいとも思っていたのですが、それすらも通り過ぎてただの被虐趣味の領域です。いや、健気ですけど。最後の告白ではさすがに気づいてもよさそうなのに、当然気付かず。
なんだか陰謀の気配で、まだまだ山あり谷ありの様子です。
ゲストキャラは幸せになるのに本人たちはかたつむり並のスピード。哀れです。頑張れリヒャルト。

2010/07/31 12:04

投稿元:ブクログ

シアラン編まで読了ごの振り返り感想。
この頃から徐々に不穏な流れに。。。
でもシャロンという伏線的存在はすてき!
この人の伏線キャラ登場のさせ方は好き。登場人物も全員魅力的だし。

2011/10/23 14:43

投稿元:ブクログ

パン屋の娘ミレーユと双子の兄の親友リヒャルトが巻き起こす西洋風恋愛物語。

偶然下町でシャルロットというリゼランド王国の公爵令嬢と出会い、リディエンヌとともに劇団を立ち上げることになったミレーユ。女だけの劇団とは宝塚みたいなノリなんだろう。そこで劇を通して、シャルロットは宮廷画家と駆け落ちすることになりました、の巻。

シアランの神官ヒースは前巻のランスロットの一人で、イラスト初登場。意外と大人な風貌に驚いたというか。基本逆ハー路線なんだろうか。
セシリアのツンデレっぷりがすごい。鈍感なミレーユもすごいけれど。
ちょっとだけ話が動いてきた。

2016/02/04 22:36

投稿元:ブクログ

リヒャルトに感情移入しすぎて泣ける
リアル悲恋じゃないか、、、
キリルとリヒトか どっちが勝つのかな
泣ける

角川ビーンズ文庫 ランキング

角川ビーンズ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む