サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

θ 11番ホームの妖精(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/324p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867020-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

θ 11番ホームの妖精 (電撃文庫)

著者 籘真 千歳 (著)

東京駅上空2200mに浮かぶホームには、銀の髪と瑠璃色の瞳を持つ少女と白い狼が住んでいる。彼らは忘れ去られた約束を信じて、今日もその場所で待っている。—high Comp...

もっと見る

θ 11番ホームの妖精 (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京駅上空2200mに浮かぶホームには、銀の髪と瑠璃色の瞳を持つ少女と白い狼が住んでいる。彼らは忘れ去られた約束を信じて、今日もその場所で待っている。—high Compress Dimension transport(高密度次元圧縮交通)—通称C.D.「鏡色の門」と鋼鉄の線路により、地球の裏側までわずか数時間で結ばれる時代。春の隠やかな午後、東京駅11番ホームに響き渡る突然のエマージェンシーコールが事件の始まりを告げた…。銀色の髪の少女T・B、野菜嫌いの娘・義経、そしてクールなAI、アリスが繰り広げる、ハードSF&のほほんストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2012/07/23 00:54

投稿元:ブクログ

東京駅の上空2200mに浮かぶ「11番ホーム」、そして世界中を数時間で結ぶ軌道交通 ―なんてヒジョーに魅惑的なあらすじで衝動買いしてしまったわけですが、ちょっと重い舞台設定とテーマに主人公のユルさ(?)がうまく混ざってて楽しめるストーリーでした。 ただ読んでて思った所としては、技術の進歩に比してあまりに政治が21世紀的すぎないか、というところ。

あとはこの「高密度次元圧縮交通」というモノが、「コンコルド程度の速度の大量交通機関」というちょっとニッチな感じで面白いです。なんかそこまで来るとどこでもドアとか、そういう方向に想像が行っちゃう気がするし。ただ、それが故に交通好きの自分としてはこの交通機関の描写がもう少しあったらより面白かったと思うのですけど、ストーリー上「11番ホーム」は列車ダイヤという「日常」からは外れた存在にならざるを得なかったわけで、そういう意味ではこの世界観で今後も様々なストーリーが展開されることに期待せざるを得ない、って感じでしょうか。

2011/06/15 21:58

投稿元:ブクログ

ライトノベルレーベルのSFは趣味じゃないものが多かったので読むまでは心配だったが、面白かった!イラストをもっとふわふわな萌え系のものにした方がいいんじゃないかな。

2011/08/04 23:05

投稿元:ブクログ

萌えとSFの融合。SFにありがちな固い文章ではないので読みやすい。埋もれているのが惜しい作品。明らかにされていない謎も多いので続きが読みたい。

2012/12/20 16:00

投稿元:ブクログ

高密度次元圧縮交通、通称C.D.により交通技術の発達した近未来、東京駅上空2200mに浮かぶ11番ホームには銀髪の少女と白い狼が住んでいる。一人と一匹そしてホームの管理用人工知能たちが、出会いと別れの交錯する場所に訪れる来客たちと織りなす物語とは。
ハードな設定を抱えたキャラ達によるのほほんとしたやり取りや、シリアスなスト―リーが楽しめた。もっとこの世界観、キャラクターたちの話が読んでみたいが続刊が無いのが残念、しかし、電子書籍として刊行された未収録短編があるのでこの作品が気にいったならそちらも是非一読を。(義経が気にしている?佳恵さんの出番もそちらの方に)
同著者のスワロウテイルシリーズと共通の設定?( 三大技術流派「西晒湖」「峨東」「水淵」)もあるので同一世界観のようだが、人工知能が未だ健在のようなのでスワロウテイルよりは前にあたる時代の話になるのだろうか。

2013/07/26 02:34

投稿元:ブクログ

これは同じ作家の違う作品(スワロウテイルシリーズ)と時系列的に繋がっていると解釈できます。
sfが好きな人もラノベが好きな人も楽しめると思います。

2016/04/05 20:51

投稿元:ブクログ

 このような傾向の作品はいまいちピンとは来ない

 なんとなくの感覚であるが、SF小説に置いては超科学要素や未来構造が前面に出ているとどうにも乗りきれない。そう言った要素は物語を際立たせるための調味料として控えめな態度でいて欲しいのだ。
 SFと言えど小説は小説。最も大事な物はやはりストーリーだと思う。本作にはワクワクするような展開や思わず登場人物に肩入れしたくなるような事情が全く見当たらなかった。
 それと一つ一つの台詞が長く、そのせいで話の流れが助長に感じた。

2016/11/20 18:49

投稿元:ブクログ

SFです。

ハヤカワ文庫版と違い挿絵が豊富ですが、
代わりに「蘭とパンダと盲目の妖精」が収録されていません。
そのため、感想はハヤカワ版に書かせて頂きます。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む