サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. スプライトシュピーゲル 4 テンペスト

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スプライトシュピーゲル 4 テンペスト(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スプライトシュピーゲル 4 テンペスト (富士見ファンタジア文庫)

著者 冲方 丁 (著)

近未来都市ウィーン—ミリオポリスと呼ばれるその都に、機械化された身体を持ち、治安を司る組織MSSに所属する三人の少女がいた。「やめて、お願い!」鳳/アゲハ。「絶対に守るっ...

もっと見る

スプライトシュピーゲル 4 テンペスト (富士見ファンタジア文庫)

821(税込)

スプライトシュピーゲルIV テンペスト

463(税込)

スプライトシュピーゲルIV テンペスト

ポイント :4pt / 紙の本より358おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「スプライトシュピーゲル 4 テンペスト」が含まれるセット商品

商品説明

近未来都市ウィーン—ミリオポリスと呼ばれるその都に、機械化された身体を持ち、治安を司る組織MSSに所属する三人の少女がいた。「やめて、お願い!」鳳/アゲハ。「絶対に守るって…」乙/ツバメ。「みんな死んじゃう!!」雛/ヒビナ。とある戦犯法廷に立つ被告と七人の証人を保護する任に就いた三人だが、運命は、少女たちに未曾有の嵐をもたらす。一人ずつ訪れる死。二人目のリヒャルト・トラクル。己を進化させる禁断の果実。それでも、夢を抱いて嵐を飛び越え、蝶は真実の地平に舞い降りる—。天と地の間に生きる妖精たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界統一ゲーム

2008/06/01 10:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラクター達にテーブルトークRPGで世界政治を見せるのは秀逸
並行のオイレンシリーズよりいまだキャラが幼稚で、ひとりひとりの見せ場が少なめな感じ
ストーリーは相似性を持たせながら、政治色を絡めてうまく展開している
バトルは逆にトラップと力押しと暴徒が混ざり合って、ちょっと分かりにくいかも

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

護衛していた相手が次々と殺される、しかもです、昔はともかく現在は立派な人たちが機械化少女たちの目の前であっけなく死んでいく、彼女たちの焦燥が伝わってきます、はい。ま、今は立派でも結構きな臭い人々ではあるんですが・・・

2008/08/25 22:41

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

カバーと巻頭のカラー口絵に関しては、私は圧倒的に『オイレンシュピーゲル』の白亜右月のCGに軍配をあげるのですが、本文中の手描きだろうイラストとなると『スプライトシュピーゲル』の口絵・本文イラストを担当するはいむらきよたかと互角じゃないか、って思います。カラーの印象はそれほどに鮮烈です。ちなみに、『スプライト』のカバーデザインは、designCREST。

そして驚くのがその頁数。『オイレン 四』の429頁にも驚きましたが、こっちは541頁というのですから、この手の文庫としてはかなりのもの。ちなみに、『オイレン』には初出記事がないので書き下しなんでしょうか。ま、お話がこちらの「テンペスト」と対応しているので、書き下しでないと辻褄を合わせにくいし、なんて思ってしまいます。ではその100頁以上の差を生んだものは何でしょう?

早速、目次を見てみましょう。

・フロム・ディスタンス 彼/彼女までの距離(前編) (「ドラゴンマガジン」2007年10月号)

・フロム・ディスタンス 彼/彼女までの距離(後編) (「ドラゴンマガジン」2007年11月号)

・テンペスト(書き下ろし)
   1章 六人の証人――スケルツォ
   2章 第一の死者――夢見ぬ人
   3章 第二の死者――夢魔の精
   4章 第三の死者――夢の音色
   5章 第四の死者――夢想
   6章 第五の死者――夢と祈り
   7章 第六の死者――ドリーム・オブ・バタフライ
   エピローグ
 
・おまけ小劇場 ジェダ○の桃太郎と世界を救えナンセンスで
 
・スプライトシュピーゲルあとがき

となっていて、あとがきが100頁であれば、これは事件ですが、いかに異常文体を駆使する冲方とはいえ、そんなことはしません。一目瞭然、こちらには三つのお話(最初の二つは前後編なので、二つのお話、のほうが良さそうですが)が入っています。量的にも内容的にも圧倒的に「テンペスト」が重いのですが、頁数は「フロム・ディスタンス」の存在が大きい。

その「フロム・ディスタンス」は冬馬・ヨハン・メンデルと鳳・エウリディーチェ・アウグストの恋物語というか初デートの話で、それにちょっかいを出そうとするのが水無月・アドルフ・ルックナーと雛・イングリッド・アデナウアーという構図で、コミカルな、萌え系のお話。ただし「テンペスト」の前振りという気配はまったくなし。読んでいる時も???でしたが、評を書こうとあらためてチェックして、まったく別のお話と捉えたほうがいいと確信しました。

メインの「テンペスト」は機械化少女たちが六人の証人を守る話で、これはオイレンシュピーゲルとリンクしています。で、その関連で言えば「オイレン」での陽炎とミハエル中隊長との恋愛に対応するのが、ハロルドと鳳の交情と受け取れます。同世代のままごとのような恋ではなくて、少女と大人の男性との微妙な付き合いが話の展開につれて重くなる。となると冒頭の冬馬の話が私には邪魔です。

でも、この年齢差を越えた想い、というのはあくまで彩り。この物語の核にあるのはスーダン共和国のハルツーム政権の最高権力者アブドル・アツィム将軍の国際法廷での裁判です。そこで証言することになった七人の証人、そのうち一人は不明なので、残りの六人を敵の手から少女たちが守る、それが今回の話です。

ともかく、登場人物がいいです。証人についてはあとで別に書きますが、スポーツカーで颯爽と登場する二人の女性、アデライード・白堊・ファーレンハイトとクラリッサ・灰叢・ディーゼルがいいです。アニメによくあるキャラですが、頭のよさと明るさのバランスがいい。二人は兵器開発局に勤める特甲の開発設計士で、ニナがタジタジとなるあたりも暗めの話の中では清涼剤です。

で、今回、新しくMSSの解析課の新課長に就任することになったアルことアルフォンスは、クラリッサの弟になり、姉にまったく頭があがりません。ちなみに、今回明かされる事実として、今は亡き開発設計顧問ヴェルナー・フォン・ブラウンは製造管理顧問であるトマス・バロウの愛弟子にして最大のライバルであり、そのブラウン博士の右腕がアデラードとクラリッサで、博士にゾッコンだったのが鳳ということがあります。

証人を紹介しましょう。

・マイトガング・ヴィテルス:欧州鉄工業グループの総帥にして欧州銀行の頭取でもあった老人で、”鉄と貨幣の王”とも呼ばれます。

・アンネリーゼ・アール:世界的な薬品開発グループの元顧問で、今は修道女として救済活動を行う、修道服姿の老女です。

・ブリギッテ・シュタイン:ベルギーの宝石商の末裔で、ハルツーム政権の違法ダイヤ流通について証言をする予定の50代の女性です。

・フランツ・=ヨーゼフ・フェルデイナント・フォン・ハプスブルグ・ミッターマイヤ:ハプスブルグ家の血を引く人物で、文化保全対象たる星十字教団およびエリザベス教団の代表で、精悍な老人です。

・ジャック・パーキンス:アメリカ国籍の通訳官として10数カ国を歴任、ハルツーム政権で通訳業務に従事、政権の内部を知り、公正に語ることのできる40代の男性です。

・ハロルド・レイバース:アメリカFBIの法務官で、紛争現場での証拠品を提出することになっている40代の格好いい男性です。

ついでに敵について書いておきましょう。まずホイテーロという名のリーダー格の人間がいます。そして、ホイテーロに大量の武器を渡したのがお馴染みのリヒャルト・トラクルで、逮捕され牢にいることになっています。ちなみに、重要な存在としてとして「特甲レベル3」という暴走の危険をはらむ装備と、そのレベルの特甲児童があります。少女たちを凌ぐ破壊的な存在です。

『オイレン』と『スプライト』、似ているようで微妙に違うのは前者には登場人物のプロフィールや組織図が巻頭についているのに後者にはない、という以外に、やはり文体です。具体的に言えば、体言止めが少ない『スプライト』のほうが遙に読みやすくて、リズムが取りやすい。体言留めが多い文体というのは、やはり流れるように読むわけにはいかないようです。

最後にカバー折返しの内容紹介。
→こちらをご覧下さい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介(カバー折返しより)

2008/08/26 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビーケーワン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近未来都市ウィーン――ミリオポリスと呼ばれるその都に、機械化された身体を持ち、治安を司る組織MSSに所属する三人の少女がいた。
「やめて、お願い!」鳳/アゲハ。
「絶対に守るって・・・・・・」乙/ツバメ。
「みんな死んじゃう!!」雛/ヒビナ。
 とある戦犯法廷に立つ被告と七人の証人を保護する任に就いた三人だが、運命は、少女たちに未曾有の嵐をもたらす。
 一人ずつ訪れる死。
 二人目のリヒャルト・トラクル。
 己を進化させる禁断の果実。
 それでも、夢を抱いて嵐を飛び越え、蝶は真実の地平に舞い降りる―――。
 天と地の間に生きる妖精たちの物語!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/04 05:09

投稿元:ブクログ

トラクルおじさんとリヒャルトさんですか……。これはスプライトとオイレン全部読みなおさないといかんな。

2011/04/25 18:07

投稿元:ブクログ

小隊メンバーの休日を描いた短編、要人保護の任務を描いた長編の二部構成。短編の方は和やかな雰囲気が出ており、何より冬真を意識し始めたらツンデレ化した鳳が可愛すぎです。だからどれだけハイスペックにすれば気が済むんですか、冲方さん。一方の長編は、小説内で展開される世界統一ゲームが秀逸。そしてその後の襲撃犯の探索、敵方に堕ちた特甲児童の戦闘へと発展していく展開はスピード感と緊張感が抜群です。妖精たちが成長と新たな力による侵食の先に一体どのような結末を迎えるのか、楽しみにしています。

2011/01/14 09:08

投稿元:ブクログ

ちょうど今、中国のステルス戦闘機がニュースになってます。
僕らの世界には、この証人のような大人達はいるんだろうか?


やっぱ、オレもワザモノになりてーっし!

2009/07/31 22:41

投稿元:ブクログ

大いなる敵、リヒャルト・トラクルの正体とは――!? 緊迫の最新刊!!
大量虐殺による戦犯法廷――そこに召喚されたのは「七名の証人」だった。彼らを守るために動き出すMSS。証人たちが次々と殺されていく中、MSSとMPB、六人の特甲児童の運命が今、交差する!!

今回鳳達は、戦犯法廷に召喚された証人を護衛する任務にあたります。
そしてその証人達と触れ合い、本当に心から、彼らを尊敬し、守りたいと思う。

しかし降り注ぐ豪雨の中、最強の敵が現れ…。
次々と殺されていく証人達、積み重なる絶望。"レベル3"。
そして、第2のリヒャルト・トラクル…。

大いなる敵へと立ち向かう少女たちの終焉はどこへ…。

2010/12/08 19:11

投稿元:ブクログ

2010 12/8読了。書泉ブックタワーで購入。
スプライト4冊目。オイレン4巻の裏でどんなことが起こっているのか、携帯電話の会話とラストだけでしか想像できなかったわけだが、こんなことになっていたとは・・・。
色々とオイレンと対応しているところがあってそこら辺も面白かったが、途中の世界統一ゲーム(リヴァイアサン)が@sakstyleと@trickenさんも薦めていたが、なるほどこれは面白い、と納得。
マルドゥックのカジノといい、本題に絡むような絡まないようななゲームの描写が面白いな、冲方さん。

さて、これにて積んでいたシュピーゲルは全部読んだので、今度はテスタメント買って来ねば・・・

2014/09/27 22:06

投稿元:ブクログ

初読の時にレビューはしなかったので、再読でレビュー。久しぶりに新作が出るということで、テスタメントを読み返したら、前を覚えていなかったので、こちらも再読。同時進行する物語も一気に読んでしまったので、両作の関係が非常のよくわかった。

2012/09/06 18:09

投稿元:ブクログ

4巻終了
 面白かった。 濃厚な1日の話。

 いろいろとドンデン返しが用意してあり、ミステリーとジェットコースタがミックスされています。

 しかし、緑目のはげおじさんはどうなるのだろう。

2013/11/19 18:06

投稿元:ブクログ

スプライトシュピーゲルの4巻前半の冬真・鳳のデートは、冲方丁には珍しいくらいにライトノベルしていて、まぁ微笑ましくも面白い。最終的に、鳳まさかのツンデレ化というオチも爆笑ものw

スプライトシュピーゲル4巻を読みつつ、よくもまぁこんな途方もない無茶苦茶な物語を同時並行で進められるもんだと驚き呆れるw キャラバンが複数の集団を、しかも別の場所で指揮しているからとんでもないことにw

2012/07/28 19:44

投稿元:ブクログ

鳳と冬真のデートとMSS隊員の休日風景を描いた短編とオイレンシュピーゲル肆とがっつりリンクした本編。妖精たちが保護する戦犯法廷の証人たちを襲う事件と中国からの亡命者を乗せた戦闘機を狙った国際空港の占領事件、2つの事件の裏にあるものとは。軍を脱走した敵性の特甲児童たち〈特甲猟兵〉(ヤークトコマンドー)が本格参入し戦闘はより厳しく激しいものに。それに対抗する妖精たちに与えられた諸刃の刃でもある力〈レベル3〉がもたらすものは何か。本編、短編ともにアリスと日向のやり取りにはにやにやしてしまった。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む