サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逝年
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 122件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771224-7
  • 国内送料無料

紙の本

逝年 (call boy)

著者 石田 衣良 (著)

リョウ、二十歳の夏。恋愛にも、大学生活にも退屈した日々を送るなか、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に見出され、とまどいながらも「娼夫」の仕事を始める。やがて、リョウは女...

もっと見る

逝年 (call boy)

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リョウ、二十歳の夏。恋愛にも、大学生活にも退屈した日々を送るなか、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に見出され、とまどいながらも「娼夫」の仕事を始める。やがて、リョウは女性たちのなかにひそむ、さまざまな欲望の不思議に魅せられていく…。性愛の深淵を透明感あふれる筆致で描く長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

20歳の夏から1年後。娼夫のリョウは、仲間の咲良、アズマと共にボーイズクラブを再開する−。この指が、肌が、唇が。一瞬を永遠にかえていく。小説「娼年」のその後を描き、性の深淵を清澄に謳いあげる恋愛小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石田 衣良

略歴
〈石田衣良〉1960年東京生まれ。「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞、「4TEEN」で直木賞、「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー122件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

娼年の続き

2008/04/14 23:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一愛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

その後のボーイズクラブを描かれた物語。
本当に続編なので「娼年」を読まれてから「逝年」を読むのがお勧めです。

個人的には「娼年」の主人公の成長具合などが楽しかったので、
成長しきった「逝年」は少し物足りなさが残りましたが、

自分のやりたいことを見つけた主人公の強さ、
初々しいやわらかな恋や、決められた時間での儚い恋愛
人の様々な恋愛と性を絡ませた「逝年」は
恋について、たくさんのことを考えさせてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

娼年とは別の小説として。

2010/10/29 00:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず吉。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

娼年の続編。

逝年。

前作で仕事ができなくなってしまった主要メンバーが
再び集って高級 call boyのクラブを立ち上げるのだけど、
なぜ仕事ができなくなってしまったのか、その原因を作った
主人公の友人が救われたのがよかったかな。

娼年の中に漂っていたけだるさとか、若さ故のひたむきさ
とかそういったものはなくなってしまったけれど、
著者がNHKの「ハートをつなごう」に出演した経験が、
この小説にいかされている。

娼年で主人公を見いだした、高級 call boy clubのオーナー
とオーナーの娘、そして主人公の心のやりとりがとても
切ない。

失われて行くものと、生まれて行くもの。
枯れて行く花と咲き誇る花。

個人的には娼年が大好きな小説なので期待しすぎて読んで
しまったのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/03 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/05 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/04 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/20 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/08 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/01 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/09 03:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/24 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/06 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/03 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る