サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. 使える筋肉・使えない筋肉 新装版 理論編 筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

使える筋肉・使えない筋肉 新装版 理論編 筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: ベースボール・マガジン社
  • サイズ:21cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-583-10097-5
  • 国内送料無料

紙の本

使える筋肉・使えない筋肉 新装版 理論編 筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?

著者 谷本 道哉 (著),石井 直方 (監修)

ウエイトトレーニングにより「使えない筋肉」が作られるメカニズムと、スポーツパフォーマンスに「使える筋肉」にする方法を解説。また、筋肉の「大きさ」の影響という視点から、競技...

もっと見る

使える筋肉・使えない筋肉 新装版 理論編 筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウエイトトレーニングにより「使えない筋肉」が作られるメカニズムと、スポーツパフォーマンスに「使える筋肉」にする方法を解説。また、筋肉の「大きさ」の影響という視点から、競技種目ごとの理想の体型について考える。〔初版:山海堂 2005,2006年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

谷本 道哉

略歴
〈谷本道哉〉1972年生まれ。東京大学大学院生命環境科学系博士課程修了。国立健康・栄養研究所特別研究員。専門は筋生理学・身体運動科学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/03/10 15:14

投稿元:ブクログ

漫然と筋トレするより、まずはこの本を事前に読むべき。Stretch Shortening Cycle。効かせる、とは。他。

2015/06/21 18:08

投稿元:ブクログ

「筋肉のデカさからくる爆発力とは」
筋肉というエンジンのハード面の能力と、それを使いこなすソフト面の神経制御という能力の掛け算で決まる。
ウエイトトレーニングはハード面の能力を上げる効果があるが、同時にソフト面の能力を下げてしまう危険性がある。
その危険性を回避するには、神経制御系の筋トレを意識する必要がある。

見た目をデカくしたい、筋骨隆々にしたいという見た目だけを変える為に必要なウエイトトレーニングは、内部の筋肉にかかる不可の大きさが問題であり、外部に出力する為の力を発揮出来るかは問題ではない。
つまり何kgのバーベルを持ち上げるかが問題ではなく筋肉に肥大の刺激を与えられるかが重要になる。
ボディビルダーは「効かせ」方が上手いので軽い重量でも効かせることが出来る。


ウエイトトレーニングをしている人が引越しの手伝いなどをすると、早々にバテてしまう。
これは、ウエイトトレーニング愛好者が言う「効かせる」筋肉の使い方の癖が付いてるので、荷物を運ぶ時も「効かせ」てしまうから。

スキルトレーニングとウエイトトレーニングを混ぜて考えてはいけない。
野球のボールと砲丸投げの投げ方が違う様に、重さによってフォームが変わってしまうから。


「筋肉量が多くなれば、速度も速くなる」
ベンチプレスでMAXが50kgの時は40kgのバーベルをゆっくりしか挙げれないが、MAXを80kgに伸ばすことができれば40kgのバーベルを速く挙げることが出来る様になることからもわかる。

「背中の筋肉とパンチ力の関係」
結論から言えば、背中を鍛えたからといってパンチが強くなる訳ではない。
背中を鍛えるには主に引く動作で鍛えられるのでパンチを打つ動作にはあまり関係がない。
パンチを打つ際に使われる背中の筋肉とは、パンチを打った際にブレーキをかける時に発達する筋肉。
つまり強くする為に背中を鍛えるのではなくて、パンチが強い人の背中が必然的に鍛えられているだけ。