サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ミスマルカ興国物語 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミスマルカ興国物語 2(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川スニーカー文庫角川文庫
  • サイズ:15cm/297p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-426615-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミスマルカ興国物語 2 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 林 トモアキ (著)

帝国最強部隊の襲来を、命を賭けた知略で退けたミスマルカ王国の王子マヒロ。しかしそれから1ケ月、今ではその勇姿は見る影もなく、ただのぐーたら王子に戻っていた。一方、帝国軍は...

もっと見る

ミスマルカ興国物語 2 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

648(税込)

ミスマルカ興国物語 II

648(税込)

ミスマルカ興国物語 II

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ミスマルカ興国物語 2」が含まれるセット商品

商品説明

帝国最強部隊の襲来を、命を賭けた知略で退けたミスマルカ王国の王子マヒロ。しかしそれから1ケ月、今ではその勇姿は見る影もなく、ただのぐーたら王子に戻っていた。一方、帝国軍は“闇の法王”と名高い第二皇女を総大将にすえ、ミスマルカ王国を再び侵略すべく大軍を調えつつあった。王はこの危機を打開するために、「世界を統べる力」を持つ伝説の神器『聖魔杯』の探索をマヒロに命じるのだが…!?王道“系”ファンタジー第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2008/05/02 10:18

投稿元:ブクログ

2008/05/01
うーん、さすがに一巻目ほどの面白さはないものの、わりと楽しめた?のかな??どうにもともぞさんが”おりがみ”のイラストを編に意識しているような、変な感じがするんだよねぇ、エスクードと較べると”うーん”と首を捻るばかり…まぁ、個人的意見なだけだけど。

2008/10/28 16:42

投稿元:ブクログ

一巻が面白かっただけに二巻もどきどきしながら読みました。
おお。
中々。
トーンダウンもあんまりしてなかったし、いけました。
三巻も購入済みなので、明日電車の中で読むとしますか。

2010/09/28 19:30

投稿元:ブクログ

ゼンラーマンに噴いた(笑)武装もしてないからある意味非暴力という彼の象徴でもあるっていう隠喩が含まれているに違いない。んなわけねーか(笑)同作者の他シリーズでおなじみ長谷部姓の人とか「うに」な第二皇女とかぶっ飛びシスターとか今回も濃い面々が集りましたね。勇者ご一行のインパクトが薄くなるくらい。

2014/02/27 21:02

投稿元:ブクログ

やっと戦争回避したと思ったら、今度は別の大将を立てて
侵略にやってくる帝国。
それを防ぐべく『会議』を行っていたのだが
またしても王子は1人走っていく。

すごい逃げっぷりです。
本人が宣言した通り、称賛してしまうほどの逃げっぷり。
その手段のとらなさ具合に、有事に動きまくる人達が
ぽか~んと見送ったぐらいですし。
追手と化した彼らから逃げのびるために選んだ場所は
思いついてもいかないような場所ですし…。

新キャラの中でも確実におおざっぱに纏めると同種には
動向がばれてますけど…やはり類は友を呼ぶ状態?
ものすごい思考回路の方向を見せられた感じですが
楽しく世の中生きてるように見える王子と比べると
面倒そうな人生の歩み方、です。

今回の相手は、前回の姉。
そして最後に出てきたのも、姉。
一体帝国は何人姉妹なのでしょう?
兄とか弟とかいないのでしょうか?
むしろほぼ女の子しか出てこない…。
いや、見た目(?)楽しいですけど。

2011/07/23 09:18

投稿元:ブクログ

ゼンラーマン登場。
かつてどんなライトノベルでもこんなにくだらないネタをみたことない。

むしろ畏敬すら感じる。

いや、おもしろかった
童心にかえって爆笑しましたよ。

2011/03/22 14:26

投稿元:ブクログ

Iと同じパターンかな。
 このままではジリ貧。
  キャラは増やしているので、この先の展開を期待。

2011/12/24 13:18

投稿元:ブクログ

1巻の大風呂敷っぷりに比べればやや小さめに感じる。広げた風呂敷が広すぎただけで、期待を裏切ったという訳ではない。
マヒロが何を考えているか分からなくて気になった。恋だ愛だ友情だと変に小綺麗な感情が出てこないのもいい。全部で何巻になるか分からないけど、ミスマルカ王国が大陸を統一するんだよね。まだ影も形も出てこない魔王、謎がありそうなパリエルの生い立ちと楽しみは沢山。次巻も読もう。

2015/05/08 20:52

投稿元:ブクログ

帝国の舞台を退けたマヒロ王子だが、再びグータラに戻っていた。
帝国は再び侵略を整えつつあった。
王は打開すべく聖魔杯の探索をマヒロに命じるのだが…。

1巻のインパクトがありすぎたせいかここでは物足りなさを感じてしまった。
マヒロ視点になったり、勇者視点になったり落ち着かないし、この視点切り替えでの物語のノリの落差が激しくて…。
マヒロは軽すぎてファンタジー感が薄れ、勇者は固すぎて疲れる。
次読むかは微妙なラインだな。

2012/07/13 18:12

投稿元:ブクログ

勇者が出てきたり、マヒロが逃亡したりとあわただしい展開の二巻目。
帝国の思惑は果たして信用できるのか、マヒロの非暴力主義はどこまで通用するのか。局面は、ますます難しくなる。

2012/12/09 20:57

投稿元:ブクログ

 徹底的に非暴力主義なミヒロだけれども、今回はあまりいい方向へとは向かなかった模様。つけあがらないように、ここらで身の程を思い知らされたといった感じ。

 自国と帝国がどういった関係であるのかや、帝国に対する連合という存在の危うさ、それに対する妥協としての聖魔杯の紋章集めが今後のキーマンかな。
 
 

2013/09/20 00:21

投稿元:ブクログ

 今回も面白かった。
 一巻ほどのインパクトはさすがになかったが、相変わらずの裏、裏、裏。どこまでが真実かはっきりと読み解けないが、そここそがこの作品の魅力なのだろう。
 勇者という新たな要素を加え、魔王の存在を勢力図に投入。物語は加速の一途をたどっているようで、これは先々が本当に楽しみである。

 一つ感心しているのだけど、後の世界という設定は非常に潔いところである。
 ファンタジー作品の難しいところは、こちらの文化が通じないため、ほとんどのパロディが使えなくなるところにあるが、この設定により回避している。
 力業ではあるが、この潔さは素晴らしいところだろう。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む